ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ニューヨークの焼き菓子を再現して評判の京都「松之助」

505
ニューヨークの焼き菓子を再現して評判の京都「松之助」
※こちらの記事は2015年4月14日に公開されたものです。

おいしいアメリカンケーキで知られている「松之助」には、一日を楽しく過ごすためのエネルギーになるモーニングが用意されています。今日の予定をのんびり考えながらおいしい朝食をほおばれば、たちまち幸せな気分につつまれます。

少し早起きして、気になる「松之助」のモーニングへ

少し早起きして、気になる「松之助」のモーニングへ
地下鉄烏丸御池駅の3-1出口から御池通を東に進み、4筋目の高倉通を右に折れると、ほどなく左手に見えてくるのが「松之助」です。駅から3分ほど歩いただけで、街の様相はオフィスのビル群から静かな住宅地へと変わり、白と黒が基調の洗練された雰囲気が漂う外観は、しっくりとなじんでいます。ドアを開ければふわっと漂うビスケットの香り。テーブル席奥のショーケースにはケーキなどが並んでいます。朝のおだやかな明るさの中で、ゆっくり朝食のとれる贅沢な時間が流れてゆきます。

さくさくしっとり、食感も楽しいビスケット

さくさくしっとり、食感も楽しいビスケット
モーニングメニューは「ホームメイドビスケット」、「ホームメイドスコーン」、「ホームメイドグラノーラ」、「プレーンパンケーキ」にそれぞれ飲み物がついて各680円。

この日に選んだビスケットは想像していたより少し大きめのサイズが2個。添えられたメープルシロップをたっぷりかけていただきます。ほわっと温かいビスケットはさっくりとして中はしっとり、ほのかな甘みが印象的で繊細な味わいです。いいぐあいにしみこんだメープルシロップとの相性もぴったり。食べ応えも十分です。さらにソーセージエッグ(250円)やベーコンエッグ(150円)をつけることもできます。
「松之助」は料理研究家の平野顕子さんが開いたお店です。平野さんは47歳の時にアメリカに留学し、そこで出会ったアップルパイやチーズケーキといったニューヨークスタイルのアメリカンケーキにひらめきを得て、日本でお店をオープンしました。「松之助」というケーキのお店らしからぬ名は、能装束の匠であった平野さんのおじいさまのお名前だとか。

アメリカ仕込みのケーキたちが秀逸です

アメリカ仕込みのケーキたちが秀逸です
無添加で高品質な食材を使い、人を笑顔にしてくれる「松之助」のスイーツはテイクアウトも可能です。「アップルパイ」(520円~)はしっかりした食感と酸味が特徴的な紅玉を主に使用し、サワークリーム・メープル・キャラメル・カスタードの4種がそろいます。「ニューヨークチーズケーキ」(510円~)は、濃厚なのになめらか、それでいて軽い口当たりです。

モーニングにも出されるビスケットは持ち帰りもできます。ジャムなどの販売もあり、めずらしい「仏手柑(ぶっしゅかん)と橙のジャム」(590円)はさわやかな酸味が紅茶にも合います。

アメリカ仕込みのメニューが楽しめる「松之助」で、朝から特別な時間を過ごしてみませんか。

Cafe&Pantry 松之助 京都本店(カフェアンドパントリー まつのすけ きょうとほんてん)

京都府 京都市中京区高倉御池下ル亀甲屋町605 MAP

075-253-1058

8:00~17:30(モーニングは~10:00)

火曜(祝日の場合は営業)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真