ログイン / 会員登録するアカウントを選択

カラフルなクラフトビールが楽しめる。大阪・心斎橋「スタンドうみねこ」|by NEO OSAKA

139
カラフルなクラフトビールが楽しめる。大阪・心斎橋「スタンドうみねこ」|by NEO OSAKA
大阪で暮らす・旅するWEBマガジン『NEO OSAKA』から、ミナミエリア・心斎橋にある「スタンドうみねこ」をご紹介します。

一人でも入りやすいように、ガラス張りで中が見えるデザイン

一人でも入りやすいように、ガラス張りで中が見えるデザイン
“街とつながるお店”がコンセプトの大阪・心斎橋にある「スタンドうみねこ」。店内は木のカウンターを中心にシンプルで、立ち飲み屋というよりはコーヒースタンドのよう。大阪のデザイン事務所で働く人などがふらりと立ち寄ります。

「スタンドうみねこ」でしか飲めない独創的なクラフトビール

「スタンドうみねこ」でしか飲めない独創的なクラフトビール おすすめのビールを振舞ってくれた店主の藤井さん
「スタンドうみねこ」では、訪れるたびに異なる国産クラフトビールを最大9種楽しむことができます。9種類のビールのうち、2種類はDerailleur Brew Worksのクラフトビール。残り7種は全国の小さな醸造所が作るクラフトビールです。
「ヒチをかける少女」
「ヒチをかける少女」はハイビスカスで色味を、ルバーブで丸みのある酸味を出したセゾンビールです。セゾンビールはベルギー発祥で、酸味とフルーティーな味わいが特徴。「ヒチをカケる少女」は東京・上野のビアパブ・ヒチカケの5周年記念で作られました。インターナショナルビアカップ2019で『スペシャリティセゾン部門』で銅賞を受賞しています。

爽やかな酸味が口の中に広がります。今まで飲んでいたビールとは全く別物。ビールが苦手な方にこそ、飲んでみてほしいビールです。
「Line of Scrimmage」
2種類目は「Line of Scrimmage」。こちらもセゾンビールです。フレンチセゾンというスタイルで、フランスの酵母を使っています。酵母の持つスパイシーさと、ホップのフルーティーなアロマを組み合わせた飲みやすいビール。ほどよい苦味とスッキリした味わいが特徴です。夏らしくあっさりしていて、何杯でも飲んでしまいそう。

また訪れたくなる暖かな接客スタイル

また訪れたくなる暖かな接客スタイル
『NEO OSAKA』では、「スタンドうみねこ」店主の藤井さんにお店の接客についてインタビュー。

「スタンドうみねこ」は気取らずに、美味しいクラフトビールを楽しめるお店。ビール好きな人にはもちろん、ビールが苦手な人にもおすすめしたくなるお店です。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真