ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ひがし茶屋街に昨年オープンした話題の古民家カフェ「and Kanazawa」へ

130
ひがし茶屋街に昨年オープンした話題の古民家カフェ「and Kanazawa」へ
昨年8月20日、ひがし茶屋街に新たな古民家カフェ「and KANAZAWA (アンドカナザワ)」がオープンしました。メイン通りから少し入ったところにある、明治時代の古民家をリノベーションしたお店で、店内ではおはぎやソフトクリーム、本格エスプレッソなどが楽しめます。

古民家をリノベーションした趣のあるお店です

古民家をリノベーションした趣のあるお店です やさしいピンク色の文字が書かれたのれんが入口の目印
「and Kanazawa」は、石川県七尾市で人気の焼き鳥店「鶏とまつば」を営む松林功さんがオープンさせたカフェです。開放感のある吹き抜けや立派な梁が当時を思わせながら、ピンク色をテーマカラーにした現代的な店内と溶け合っています。そんなモダンな雰囲気の店内では、コーヒーやアイスなどの軽食を楽しめます。
広々とした店内にはテーブル席が14席。散策中のひと休みにもおすすめです
町家の雰囲気を残した店内は、ゆったりとしていて開放感がありゆったりとくつろげます。本格的なコーヒーやソフトクリームなど、県内の有名店とコラボレーションしたオリジナルメニューが豊富です。
キュートで写真映えする空間です
そして入口を入ってすぐ左手にあるのが、ユニークなピンク色の茶室。気軽にかわいらしい写真を撮れる撮影スポットとしても人気です。お店のロゴが入ったピンク色の蛇の目傘とピンク色の茶釜とピンク色だらけの空間。金沢らしく着物や浴衣を着た姿で中に入って、写真を撮るのもおすすめ。靴を脱いで上がればお座敷として使うこともできるそうなので、空いていたら茶室でのんびりお茶をするのもいいですね。

金沢や県内のお店とコラボしたメニューがたくさん

金沢や県内のお店とコラボしたメニューがたくさん おはぎの味は1つ250円。左から時計回りに「あんこ」「ごま」「きなこ」の3種類
こちらは、金沢の主計町にある和菓子の老舗「和菓子処はやし」がand kanazawa のためだけに特別に作っている無添加金澤おはぎを使った看板メニュー「金澤おはぎ3個セット」680円。特製餡は甘さ控えめで、一口食べた瞬間にふわっとやさしい風味が口の中に広がります。素材の味を活かしたやさしい味わいなのでパクパクと何個でも食べてしまいそう。味はごま・きなこ・あんこの3種類です。
「きなこソフトクリーム」550円
七尾市和倉の乳業メーカー「能登ミルク」とコラボレーションした「きなこソフトクリーム」もおすすめ。きな粉を使ったand kanazawa でしか味わえない限定フレーバーです。ソフトクリームは口に入れた瞬間とろけてしまうほど軽い舌触り。テイクアウトも可能などで、散策のお供にしてもいいですね。
「きなことあんこの白玉入り食パン」550円
また、金沢市浅野本町の新出製パン所とコラボレーションした「きなことあんこの白玉入り食パン」も絶品。香ばしく焼かれた厚切りの食パンの中にあんこがずっしり入っており、上に乗ったバターとの相性抜群。夏には大正12年創業の金沢の老舗「クラモト氷業」の氷を使った「黒蜜キナコ」1000円を味わうこともできます。また、能登 塩サイダー500円などのスペシャルドリンクやアルコールも充実しているので、さまざまな金沢の老舗の味を堪能してみてくださいね。これからも市内のお店とのコラボ商品を増やしていくそうなので何度訪れても新しい出会いがありそうです。
テイクアウトカップはand kanazawaのテーマカラーのピンク色
こちらのエスプレッソマシーンは創業100年以上の歴史を持つイタリアの老舗ビクトリアアーデュイノ社製のもの。本格的なマシンで作るドリンクには、コーヒー500円のほか、黒蜜カフェラテ600円などがあります。中でも1番のおすすめは「加賀棒茶ラテ(わらび餅入り)」700円。加賀棒茶ラテの中にタピオカサイズのわらび餅が入っています。もちもちの弾力ある食感がラテにとてもよく合って、病みつきになる美味しさ。他にも自家製レモネード600円やハートランド瓶600円などが味わえます。

九谷焼の展示・販売もしています

九谷焼の展示・販売もしています 色鮮やかな九谷焼がずらり。豆皿は1000円、蕎麦ちょこは1200円。おみやげにもぴったり
お店の奥には九谷焼を使った器やアクセサリーが展示・販売されています。九谷焼のほか、ガラス食器などが並ぶことも。金沢の思い出に購入できるのも魅力の一つです。美味しいスイーツが食べられて、お土産も購入できるand kanazawaにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真