ログイン / 会員登録するアカウントを選択

札幌発のドーナツ店が東京・用賀に!『珈琲とドーナツ ふわもち邸』|by PARISmag

65
札幌発のドーナツ店が東京・用賀に!『珈琲とドーナツ ふわもち邸』|by PARISmag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は東京・用賀にある『珈琲とドーナツ ふわもち邸』をご紹介します。
ふんわり、そしてもっちり。ドーナツの魅力を語るときにかかせないのが“おいしい食感”。さまざまな趣向を凝らしたドーナツ専門店が続々と登場するなか、北海道発のお店が東京・用賀にオープンしました!
東急田園都市線用賀駅から商店街を歩くこと数分。左手に見えてきたこちらのお店が今回の目的地。『珈琲とドーナツ ふわもち邸』です。
お話を伺ったのは、店長の土門岳さん。札幌の『ふわもち邸』で経験を積み、2019年12月に、東京・用賀に『珈琲とドーナツ ふわもち邸』をオープン。お店のコンセプト、そしてドーナツのこだわりなどをお聞きしました!

大好きな珈琲とドーナツを一緒に

大好きな珈琲とドーナツを一緒に
『ふわもち邸』は、札幌初のドーナツ・ベーグルの専門店。店舗での販売のほか、全国通販も行っています。土門さんは、札幌のお店で5年間経験を積み、のれんわけという形でご自身のお店を持つことになりました。

「もともと世田谷の雰囲気が好きで、東京でお店を開く場所を探していたところ、この場所と出会いました。また、今回お店を出すにあたって、僕の大好きな珈琲と『ふわもち邸』のドーナツを組み合わせたいと思ったんです」。
エスプレッソマシンを入れたスタイルは、『ふわもち邸』でも初めてのこと。ドーナツに合うようにと、ほろ苦いコーヒーをセレクト。札幌の老舗喫茶『寿珈琲』の豆を仕入れています。
1つずつ手作りで、毎朝揚げたてのドーナツ。特徴は北海道産小麦を使った、ふわふわもちもちの食感。この食感には秘密がありました。

「生地にじゃがいもを練り込むことで、もちもちの食感を出していて、北海道産の牛乳をたっぷり使用することで、ふわふわの食感を出しています」。

甘さは控えめで、油っぽさもおさえた軽い食感にこだわり、老若男女のお客さんから親しまれているそう。

用賀店限定メニューも!ふわふわ、もちもちのドーナツ

用賀店限定メニューも!ふわふわ、もちもちのドーナツ
店頭に並ぶドーナツは、定番21種類+期間限定1種類の、合わせて22種類!その豊富さに驚いていたところ、「実は、札幌の本店ではドーナツとベーグル合わせて120種類以上のメニューがあります。そのなかから人気のある商品を18種類厳選しています」と教えてくれました。

ドーナツ生地は、みるく生地、ごま生地、ココア生地、コーヒー生地の4種類。それぞれのドーナツに合う生地を使い、オリジナリティ溢れる商品が並んでいます。
用賀店限定メニューは、「オレンジフロマージュラテ」「木苺フロマージュラテ」「りんごとクリームチーズのタルト風」の3種類。お店をオープンするにあたり、土門さんが開発されました。“ラテ”と付いたドーナツは、コーヒー生地を使用したものだそう。

見た目もかわいいドーナツですが、食べてみて驚く仕掛けも!中にいろいろ食材が入っているものも多数。さっそくご紹介しましょう。
こちらは、1番人気の「ごまあんこ」。ごま生地で包まれているのは、甘さ控えめのこしあんで、こちらも十勝産のあずきを使用しています。

名前の通り、ふわふわ×もちもちの食感。ごまとあんこ、合わないはずがありません!シンプルでありながらどこか懐かしさも感じる、1番人気納得のドーナツ。

用賀店限定の「木苺フロマージュラテ」。中にカスタードクリームとラズベリー、クリームチーズが入っていて、表面にはいちごチョコがかかっています。

見た目のかわいらしさとは反対に、こちらも甘さ控えめ。ラズベリーの甘酸っぱさもあり、意外にもさっぱりとした味わいのドーナツです。コーヒー風味のドーナツ生地も相性抜群!
こちらの「オレオ&クリーム」は、土門さんも個人的におすすめというドーナツ!中には、豆乳クリームとオレオクッキーを砕いたものが入っていて、がっつり食べたいときにおすすめとのこと。表面にはホワイトチョコ、そしてオレオクッキーを砕いたものがかかっています。

食べ応え抜群のドーナツ!ですが、『ふわもち邸』のドーナツは、油っこさを感じない不思議な軽い食感。あっという間にたいらげてしまいました。

今回ご紹介した定番ドーナツのほかにも、期間限定のメニューが季節ごとに登場!この日は「パッションオレンジとパンナコッタ」が並んでいました。

牛乳を選べるカフェラテも!充実のドリンクメニュー

牛乳を選べるカフェラテも!充実のドリンクメニュー
『珈琲とドーナツ ふわもち邸』の魅力はドリンクメニューにも!『寿珈琲』の豆で淹れるドリップコーヒーをはじめ、「カフェラテ」「ティープレッソラテ」は、なんと2種類の牛乳から選べるようになっています。

「牛乳もどちらも北海道産。浜中町のホルスタイン牛乳と美瑛町のジャージー牛乳からお選びいただけます。ホルスタイン牛乳は甘味と、ジャージー牛乳は深いコクが特徴です」。
珈琲の機械やラテアートも独学したという土門さん
こちらは、ホットの「カフェラテ」。今回はコクが特徴のジャージー牛乳にしました。土門さんがおっしゃるように、ドーナツに合う“ほろ苦い”味わい!
こちらは、アイスのティープレッソラテは、ホルスタイン牛乳をチョイス。ティープレッソラテは、紅茶の茶葉をエスプレッソマシーンで抽出した、濃いロイヤルミルクティーのようなもの。茶葉の香りと甘味のあるホルスタイン牛乳がマッチします。
取材中、地元のお客さんから「ここのドーナツおいしいんですよ〜!」との声が。土門さんに街の印象を伺うと、「僕が想像していた東京の街というよりは、北海道や本店の雰囲気に近いなと思っています。手土産に買ってくださるお客さんも多くて、『友達に宣伝しておくね!』と言っていただいたり、優しい人ばかりで、本当にありがたいです」と話してくれました。

オープンから半年が過ぎ、着実にお客さんの心を射止めているようです。夕方には売り切れていることもあるそうなので、早めの来店がおすすめ。北海道食材のこだわりがつまった、ふわふわ×もちもちのドーナツ、ぜひ味わってみてください。

珈琲とドーナツ ふわもち邸

東京都 世田谷区用賀4-12-2 MAP

[平日]8:30〜17:00、[土・日・祝]10:00〜17:00

不定休 ※毎月のおやすみはInstagramにてご案内しております

https://www.instagram.com/coffee.donutfuwamochi/

※現在コロナ対策として、1度の入店は2名まで


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真