ログイン / 会員登録するアカウントを選択

せせらぎと共にカレーやおやつを。温泉街の昭和レトロなカフェ「淵ト瀬」

90
せせらぎと共にカレーやおやつを。温泉街の昭和レトロなカフェ「淵ト瀬」
三重県有数の温泉地、湯の山。御在所岳の麓にホテルや旅館が立ち並び、1300年もの歴史があると伝えられる湯治場です。そんな昔ながらの温泉地にオープンした、レトロな雰囲気のカフェをご紹介します。かつては賑やかな通りだったという場所に残る古い建物をそのまま使い、家具や建具も昭和な雰囲気で統一。温泉客はもちろん、地元の人やカフェ好きな人など、さまざまな人が集まり、湯の山の新たな名所として注目を集めています。

温泉街の歴史を物語る川沿いの建物

温泉街の歴史を物語る川沿いの建物
古い建物の味わいを残したカフェ「淵ト瀬」は、川沿いにあるロケーションや建物に惚れ込み作り上げたというレトロな雰囲気が味わえるお店。もともと同じ菰野町内でカフェを営んでいた近藤さんが、レストランやカフェが少なかった湯の山温泉の新たな憩いの場所になれば、とはじめたお店です。

建物の雰囲気を大切にリノベーション

建物の雰囲気を大切にリノベーション
お店がある場所はかつて温泉街一の繁華街で、土産店や宿が軒を連ねていた場所なのだそう。そこに残っていた建物を改装し、建物の雰囲気に合わせて古い建具や道具を使って味わいのある新たな空間を作り上げました。店内にはかつてのお店の様子を写した写真も残っていて、往時のにぎやかさや建物の様子をうかがい知ることができます。

スパイスと野菜の旨味が効いたカレー

スパイスと野菜の旨味が効いたカレー 「ベジキーマと鶏キーマのあいがけ」(1180円)
お店の名物は、以前のお店の頃から評判だったカレー。オーブンでじっくり野菜や茸を焼くことで濃厚な旨味とコクを生み出した「ベジキーマ」はスパイスの香りも心地よく、肉を使っていないとは思えないほど旨味たっぷりです。和風出汁で仕上げた鶏肉と野菜のカレーなど、カレーは2種類あるので、一度に楽しめる“あいがけ”がおすすめですよ。野菜などの食材は国産であるのはもちろん、なるべく地元のものを使い、オーガニックなど製法にもこだわって選んでいます。

窓辺でのんびり、デザートやドリンクを

窓辺でのんびり、デザートやドリンクを 「ルイボスアップルシナモンエード」(450円)と「かぼちゃのケーキ」(390円)※季節限定
季節のお菓子も豆腐や野菜を使ったヘルシーなメニューが多いので、カレーを食べた後にデザートとして楽しんでみてください。 大阪の喫茶路地さんより届くスペシャリティコーヒーやスパイスや果物を使ったオリジナルドリンクなど、ドリンクもいろいろあるので、旅の途中でちょっと一息つくのにもぴったりですよ。
川沿いにある席に着けば、窓からは御在所岳の自然が垣間見え、季節や時間を教えてくれます。店内に音楽が流れていますが、そのバックミュージックのように聞こえるのが御在所岳を流れる三滝川のせせらぎ。昭和を感じる空間と自然の音に癒されながら、特別なカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

淵ト瀬(フチトセ)

三重県 三重郡菰野町菰野8621-2 MAP

059-344-3606

10:30~17:00(L.O.フード16:00、ドリンク16:30)

月~木曜※冬季休業の予定あり


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真