ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ゆったりと過ごすラグジュアリーな島時間を。石垣島「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」

49
ゆったりと過ごすラグジュアリーな島時間を。石垣島「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」
美しい青い海と大自然に囲まれた八重山(やえやま)諸島。島特有の伝統文化が息づく石垣島のホテル「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」に、ワンランク上のラグジュアリー体験ができる新館3棟が、2020年7月にオープンしました。「クラブインターコンチネンタル」の客室からは八重山諸島を望む絶景のオーシャンビュー、宿泊者のみが利用できるラウンジやプールも魅力です。日常を忘れてゆっくりと島時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

石垣島に誕生したラグジュアリーなホテル

石垣島に誕生したラグジュアリーなホテル ワンランク上のラグジュアリー体験ができる新棟がオープン
南ぬ島石垣空港から車で20分。インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツの伝統を受け継ぐ「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」は、石垣島南部のマエサトビーチ沿いに位置するリゾートホテル。31ヘクタールの広大な敷地内には、5つの宿泊棟とレストラン、宴会・会議施設、4つのプールが点在しています。

そんな広大なホテルに「ベイウィング」2棟と「クラブインターコンチネンタル」1棟が、2020年7月に新たにオープンしました。特に建物1棟まるごとクラブインターコンチネンタル カテゴリーになるのは、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツの中でこのホテルが日本初。

特に「クラブインターコンチネンタル」では、宿泊者のみ利用できる魅力的な施設やサービスが満載。初めて訪れた方にも、ワンランク上のラグジュアリーな時間を過ごすことができますよ。

クラブインターコンチネンタルだけの特別なサービス

クラブインターコンチネンタルだけの特別なサービス 香り豊かな石鹸はハイビスカスと月桃から選べる
ラグジュアリー体験は、新館「ベイウィング」のメインエントランスからスタート。まるで額に入れた絵画のような美しい風景が広がる館内から、別館のクラブインターコンチネンタルに行きチェックイン。

ソファに座っている間にいただけるウェルカムドリンクのシークワーサージュースは、さわやかな酸味がさっぱりと喉を潤してくれます。さらに、石鹸ソムリエがセレクトしたソープバーを目の前でカットしてくれるアメニティギフトのサービスもあり、宿泊する前から非日常の特別感を盛り上げてくれます。

海と白い砂浜に包まれるようなリゾート感あふれる客室

海と白い砂浜に包まれるようなリゾート感あふれる客室 「クラブインターコンチネンタル デラックスルーム(5〜7階・43.2平方メートル)」(80000円〜)」
「クラブインターコンチネンタル」は、最上階のスイートルームからスーペリアルームまで5タイプ、全86室。客室は石垣島の海と白い砂浜に包まれるようなブルーとホワイトで統一されており、さわやかで開放感のある空間が広がっています。

シャコガイをイメージした琉球ガラスのオブジェや珊瑚のイラストなど、室内の至るところにあるオリジナルアートピースは、部屋にいながら美術館にいるかのよう。大きな窓からは心地よい潮風が吹き抜けリゾート感満載の気分に浸れます。
天気が良い日には海を一望できる絶好のロケーションの中ティータイムを楽しめる
1階のプレミアムガーデンルームを除く全客室がオーシャンビュー。バルコニーからは真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海を一望することができます。客室のアメニティーには、お茶セットが揃えてあり、ネスプレッソマシンで本格的なコーヒーを楽しむことも。チェックアウトは午後4時まで。出発まで部屋でゆっくりとくつろぐことができますよ。

ベイウィングの複合施設「パレットテラスラウンジ」(9:00〜22:00)

ベイウィングの複合施設「パレットテラスラウンジ」(9:00〜22:00) コンシェルジュが常駐するリゾートセンターやミーティングルームなども利用できる
中央のメインエントランスを中心に、羽を広げるように建てられた「ベイウィング」には、117室の客室のほか、複数のカフェやレストラン、ドリンクバーなどが入っています。複合施設「パレットテラスラウンジ」エリアでは、テイクアウトも選べるデリ&カフェに加え、島ならではの工芸品が並ぶショップなど、異なるサービスを展開しています。

特に、ジェラートの世界大会で数々の優勝を果たした柴野大造氏が監修したオリジナルのジェラートは、ここでしか味わえないので、ぜひ試してみてください。
「パレットブレイク」2900円(税・サービス別)
天気が良い日は、デリ&カフェ「PALETTE」で、「パレットブレイク」や「リゾートピクニック」をテイクアウトしてみては。サンドイッチまたはパニーニに、お好みのアペタイザー(2種)、ドリンクがセットになっておりランチにぴったり。

ドリンクは、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク以外に、シークヮーサーを選ぶこともできます。ボックスで提供されるのでちょっとしたピクニック気分も味わえますよ。
左上から時計回りに「石垣産アップルマンゴー 島産バジルトマスカルポーネ」2500円、「ロティサリーチキンシーザーサラダ」2200円、「アカマチのカルパッチョ スーナー醤油麹マヨネーズ にがり 8年珠塩」2400円、「USアンガス牛 Tボーン_ウッドファイアーグリル」1KG 16000円※すべて税サービス別
夕食は、「ベイウィング」1階の「塩」をコンセプトにしたスペシャリティレストラン「SALTIDA(サルティーダ)」がおすすめ。ローティサリーとウッドファイヤーグリルを使った本格的な肉料理や島野菜など、島食材をふんだんに使った料理やデザートを堪能することができます。

また、料理の味を引き立てる「塩」は、地元で塩づくり一筋に取り組む「石垣の塩」工房がホテルのためだけに卸している希少な「にがり8年 珠塩(たまじお)」を食材に使用しています。料理が提供される各シーンで登場する塩と一緒に、石垣島ならではの料理を味わってみてください。

「クラブインターコンチネンタル」宿泊者のみ利用できる「クラブラウンジ」

「クラブインターコンチネンタル」宿泊者のみ利用できる「クラブラウンジ」 深い海から砂浜までをイメージしたナチュラルなグラデーションカラーが爽やか
「クラブインターコンチネンタル」では、宿泊者のみ利用できる施設で、至福のリゾート体験をすることができます。その象徴となるのが「クラブラウンジ」と専用プール。「クラブインターコンチネンタル」の専用ラウンジである「クラブラウンジ」は、海のブルーと砂浜のベージュをあしらった絨毯が印象的なソファエリアと、ウッディで落ち着いた雰囲気のダイニングエリアに分かれており、一つの空間でありながら海と大地の自然の雰囲気を体験できます。
「島の朝ご飯」※宿泊者無料 ※時期のよってメニューが変更する場合があります
そんな「クラブラウンジ」では、6時から10時30分まで、長寿で有名な沖縄の郷土料理や地産の食材をふんだんに使った「ぬちぐすい朝食」を味わうことができます。ぬちぐすいとは命の薬を意味する言葉。母の愛情や人の優しさなど癒されるような食事や体験をした時に表現するのだそう。

朝食は、専用キッチンで作る卵料理や和朝食がある中、「島の朝ご飯」は、じゅーしー(沖縄の炊き込みご飯)のおにぎりとだし巻き玉子、豚肉と野菜の具沢山味噌汁がワンプレートに。食べるとどこかホッとする懐かしい味わいが感じられます。

オーシャンアフタヌーンティー(14:30〜16:30)

オーシャンアフタヌーンティー(14:30〜16:30) 「オーシャンアフタヌーンティー」※宿泊者無料
ホテル内でのんびり過ごしたい方は、午後は「オーシャンアフタヌーンティー」をオーダーして、優雅にスイーツを満喫してみてはいかが。3段のティースタンドには、石垣島塩プリンやユーグレナとチョコチップのスコーンなど、石垣島や沖縄の食材を使用したスイーツを少しずつ楽しめます。1つ1つ素材や味を味わいながらアフタヌーンティーを体験してみて。
ウミガメや貝、珊瑚など南国らしいアイテムをモチーフにしている

クラブインターコンチネンタル プール(7:00〜日没)

クラブインターコンチネンタル プール(7:00〜日没) 夜はライトアップされた水面が浮かび上がり幻想的な風景に浸ることができる
クラブラウンジを抜けた場所にある「クラブインターコンチネンタル」専用プールで、ゆったりと流れる時間に身を任せながらのんびり過ごしてみてもいいですね。プールサイドでは、クラブラウンジで提供しているドリンクだけでなく、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルなどを無料(一部有料)で楽しめます。

ゆっくりと過ぎていく時間の中で、豊かな自然と海に囲まれた「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」でのんびりと島時間を満喫してみてはいかがでしょうか。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(エイエヌエーインターコンチネンタルイシガキリゾート)

沖縄県 石垣市真栄里354-1 MAP

0980-88-7111

チェックイン15:00 チェックアウト11:00

無休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真