ログイン / 会員登録するアカウントを選択

三姉妹で亡き父のお店をリニューアルオープン!毎日通いたくなるパン屋さん。京都『Nitta Bakery』|by PARISmag

106
三姉妹で亡き父のお店をリニューアルオープン!毎日通いたくなるパン屋さん。京都『Nitta Bakery』|by PARISmag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は京都にある『Nitta Bakery』をご紹介します。
石畳の路地や、日本の古い寺院が集まる京都・東山。そんな東山エリアに、三姉妹が営む小さなパン屋さんがあります。地元の人から愛されて、毎日通いたくなるパン屋さん。『Nitta Bakery(ニッタベーカリー)』はそんなお店です。
京阪の清水五条駅より徒歩約10分のところに『Nitta Bakery』は佇みます。清水寺や高台寺など、有名な寺院が連なる風情溢れるエリアのすぐ近くです。

今回は店主の新田麻記さんに、お店をオープンするまでの経緯やパン作りのこだわりなどをお伺いしました。

毎日食べても飽きないパンたち

毎日食べても飽きないパンたち
店内には、約40種類のパンが並びます。しっとりとしていて、そのままでも甘みを感じる「山食パン」、たっぷりの粒あんがクセになる「あんドーナツ」、もっちりとしたチャバタと自家製のミルククリームが相性抜群な「ミルクバー」など、魅力的なパンばかり。そして、もうひとつ嬉しいのが手頃な価格。
「うちは、街のパン屋さんなのでお客さんは常連さんばかり。毎日1個でも買いに来てもらえるように、飽きのこないようなパンを作っているつもりです。もちろん価格も、お手頃な値段をつけるようにしています」と新田さん。

亡き父のお店を三姉妹でリニューアル

亡き父のお店を三姉妹でリニューアル
現在の『Nitta Bakery』は2018年9月にオープンしたお店。実は、その5年前までは、新田さんのお父様が同じ場所でパン屋さんを営んでいました。

「私が長女で、妹が2人いるのですが、3人でいつかは父のお店を継ごうと思っていました。でも、私が店の手伝いをし始めた時期に、父が急に亡くなってしまい…本当に突然だったので、その後すぐにお店を開けられなくて。姉妹で話し合って『それぞれがパン屋さんで修行して、いつか絶対にまたこの場所でパン屋さんを開こう』と決めました」。
その後5年の年月を経て、宣言通り三姉妹で『Nitta Bakery』をオープンしました。現在はパンの製造、接客、新しいパンの考案など、それぞれ役割を持ちながら一緒に働いているそうです。

一番人気はクロワッサン!

一番人気はクロワッサン!
そんな『Nitta Bakery』の一番人気のパンはクロワッサン。さくさくの食感と芳醇なバターの香りがたまらない逸品です。チーズやハムをはさんで、サンドウィッチにするのもおすすめだとか。
また『Nitta Bakery』では、常時5~6種類ほど季節限定のパンを作っているそう。「きのことベーコンのフォカッチャ」は、きのこの旨みとガーリックしょうゆバターのコクが好相性で、やみつきになる一品でした。季節によって新しいパンが出てくるのは、常連さんにとってもうれしいですよね。

取材日はあいにくの雨でしたが、次から次へとお客さんがいらしていました。本当に、こんなお店が近くにあったらいいなと思うパン屋さんです。

現在は入店できる人数を2組までに制限して営業されています。また、クレジットカードやキャッシュレス決済などにも対応していますよ。

ぜひ京都にお越しになった際には、『Nitta Bakery』にお立ち寄りくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真