ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【毎日おやつ】柚子の上品な香りを寒天に閉じ込めた「琥珀 柚子」/京都府

72
【毎日おやつ】柚子の上品な香りを寒天に閉じ込めた「琥珀 柚子」/京都府
全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は京都府の「琥珀 柚子」をご紹介します。

透けた寒天に閉じ込められた柚子が上品に香る「琥珀 柚子」

透けた寒天に閉じ込められた柚子が上品に香る「琥珀 柚子」 淡い色合いの包装紙に、水引のようなこより紐を組合せたパッケージ
ほんのり透けたマットなホワイトの内側に、透けた果皮の色鮮やかなレモン色が目を引く「琥珀 柚子」。小指ほどのほっそり端整な長方形のかたちは、磨いた鉱物やアクセサリーを思わせます。

こちらは金玉羹や琥珀糖と呼ばれる伝統の和菓子。薄い氷のようなシャリッとした表面と中の寒天の柔らかさ、ふたつの食感を楽しめます。閉じ込められている徳島県産木頭(きとう)柚子を薄切りにしたピールが、ほのかに香りのアクセントを加えます。

“あまいもん”と“からいもん”を扱う「永楽屋」の人気商品

“あまいもん”と“からいもん”を扱う「永楽屋」の人気商品 ひとつづつ職人による手作り。合成保存料や合成着色料は不使用
河原町四条の交差点に本店を構える「永楽屋」は、1946(昭和21)年の創業から、和菓子と佃煮の両方を取り扱うお店。2階の喫茶室は京都散策のひと休みにも人気です。

和菓子の中でも特に人気なのが、この「琥珀」シリーズ。砂糖、寒天、果実をメインにしたシンプルな素材を活かした職人による手作りと、宝石の琥珀になぞらえた由縁から姿かたちの美しさにもこだわって仕上げているのだそう。儚く優しい味わいとすっきりした柚子の香りがリフレッシュにぴったりです。

【おやつデータ】

●琥珀 柚子
価格:908円
内容:6包(12本)
賞味期限:製造日より30日間
購入できる主な施設:永楽屋 室町店・東京店・髙島屋京都店・大丸京都店・大丸梅田店
オンラインショップ:https://shop.eirakuya.co.jp/c/c5/138

永楽屋 本店(エイラクヤ ホンテン)

京都府 京都市中京区河原町通四条上る東側 MAP

075-221-2318 (フリーダイヤル0120-075-292)

10:00~20:00

無休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真