ログイン / 会員登録するアカウントを選択

チェコのおとぎの街で見つけた、味わい深い陶器屋さん

78
チェコのおとぎの街で見つけた、味わい深い陶器屋さん
チェスキー・クルムロフは中世の姿がそのままに残る美しい街で、世界遺産にも登録されています。石畳の小道を散策中に、シンプルでかわいい陶器を売る素敵なお店を見つけました。

赤茶色の屋根が連なる街で

赤茶色の屋根が連なる街で
チェコ南部に広がる緑の森に囲まれて、ヴルタヴァ川がS字を描くように流れています。川のほとりに、ちょっと風変わりなピンクの塔と重厚なお城があり、それを取り囲むように赤茶色の屋根の家々や教会が集まっています。チェスキー・クルムロフは、まるで絵に描いたようなかわいらしい街。遠い昔にタイムトリップした気分で石畳の道を散策していると、ちょっと気になるお店を発見しました。黄色い壁で、窓のふちだけが赤く塗られたシンプルな外観ですが、その中にいい感じの器が並んでいるのです。中に入ってみると、素朴で温かみのある陶器がぎっしりの棚が並び、思わず目がハートになってしまいました。

かわいい陶器に一目ぼれ

かわいい陶器に一目ぼれ
お城の近くのこのお店「ドムス」の陶器は、どれも水玉模様やストライプだったり、青や赤でシンプルな絵が描かれていたりします。丸みを帯びた形がかわいくて、手に持った感じもよく、長いこと飽きずに使えそう。偶然にもこんなお店を見つけてしまったことがうれしくて、思い切って取材をお願いしてみることに。白いひげをはやしたやさしそうなおじいさんの店員さんは、もちろんOKしてくれました。話を聞いたところ、このお店にある陶器はこの一帯の土と粘土を混ぜて作られており、近くの町、チェスケー・ブジェヨヴィツェに工房があるそうです。つまり、チェスキー・クルムロフを訪れた記念にぴったりなんです。

難しいけど幸せな「選ぶ」時間

難しいけど幸せな「選ぶ」時間
こんな素敵なカップやうつわ、どうしてもひとつ持って帰りたいものですが、いざ選ぼうとするとこれがかなり難しい。目移りしてしまい、なかなか決められないのです。悩みに悩み、もっとたくさん買わないことを後悔しないかどうか、何度も自分の胸に問いかけたうえで、青い水玉模様のついた小さなピッチャーと、花が描かれたカップ、お茶碗のようなオレンジ色の器を購入しました。お店のおじいさんが、「これはクリスマスのときに使う魚の飾りだよ」と言って、小さな陶器のチャームをくれました。穏やかな空気に満ちた「ドムス」は、魔法にかけられたような中世の街・チェスキー・クルムロフでも、ひときわ印象に残る場所となりました。

Domus(ドムス)

チェコ Latrán 68, Český Krumlov, Česká republika MAP

10:00~17:00(土曜~15:00)

日曜、祝日、その他不定休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真