ログイン / 会員登録するアカウントを選択

一軒家のベジタリアンカフェ「cafe VG」で気軽に菜食を楽しむ

142
一軒家のベジタリアンカフェ「cafe VG」で気軽に菜食を楽しむ
※こちらの記事は2013年11月25日に公開されたものです。

ベジタリアン向けのメニューをカジュアルに楽しむことができるカフェ。学生街の真ん中にありながら、静かで落ち着いたひとときを過ごせる空間も魅力です。

ペット同伴もOK! 居心地のいい隠れ家カフェ

地下鉄東西線早稲田駅から徒歩2分。
学生が行き交う表通りから一歩、お店の敷地に足を踏み入れると、外の喧噪が嘘のような別空間が広がります。

ドアを開けると看板犬のモカくんがお出迎え。

古民家を改装した木の温もりあふれる店内は、ゆったりとしたソファ席や庭のテラス席もあって、思い思いの時間を過ごせそうです。

ペット同伴もOK! 居心地のいい隠れ家カフェ
店名のVGは、機内食などでベジタリアン向けメニューを示す記号のこと。

「日本でベジタリアンというとストイックで敷居が高いイメージですが、もっと身近に気軽に楽しんでほしいと思っています」と語るのは、ベジタリアンの文化が浸透しているアメリカで生まれ育ったオーナー重谷さん。

「ゆるベジ」というコンセプトで、ベジタリアンの人もそうでない人もおいしく食べられるメニューを、手頃な価格で提供しています。

誰もが楽しめる「ゆるベジ」なメニュー

豊富なメニューの数々には、毎朝市場から届く新鮮な野菜がたっぷり。

大豆原料のベジミートを使った唐揚げやチキン南蛮、キッシュ、ニンニクを使わないパスタなど、ベジタリアンでなくとも親しみやすく、食べ応えもあるフードが充実しています。

日替わりプレートやタコライスなどのランチも大人気です。卵や乳製品を使った料理がある一方で、ビーガン対応メニューもしっかり揃っています。

誰もが楽しめる「ゆるベジ」なメニュー日替わりタコライス850円

本格派のコーヒーやこだわりの紅茶にも注目

本格派のコーヒーやこだわりの紅茶にも注目
重谷さんは、世界的投資銀行や大手広告代理店での勤務を経て、昔からの夢だったカフェをオープンさせたという異色のキャリアの持ち主。そんな重谷さんならではのこだわりはドリンクメニューからも伺えます。
自らイタリアのバールでバリスタとして修行した経験から、専門店も顔負けの本格的なカフェメニューがずらり。コーヒー豆はオーガニックを厳選しているほか、期間限定でタイや東ティモールなど珍しい産地のコーヒーも提供します。
紅茶の種類も豊富。フランス産「ボラボラ」やスペイン産「アンダルシア」など、他のカフェではあまりお目にかかれないフルーツティーも見逃せません。

12月中旬には、2号店が神楽坂にオープン予定というカフェベジ。のんびりした時間が流れる一軒家で、体に優しいベジタリアンフードをいただけば、身も心もリフレッシュできそうです。

Cafe VG(カフェ ベジ)

東京都 新宿区西早稲田1-1-8 MAP

03-6233-9358

11:00~22:00(L.O.21:30)

日曜、祝日


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真