ログイン / 会員登録するアカウントを選択

北海道産小麦100%にこだわったパンケーキとサンドイッチが人気の「cafeえるじろう」

108
北海道産小麦100%にこだわったパンケーキとサンドイッチが人気の「cafeえるじろう」
函館観光の中心地にある小さなお店「cafeえるじろう」。店内では口溶けの良いパンケーキや手作りのサンドイッチを食べながら、ゆったりと過ごせます。

「北海道産小麦のおいしさを伝えたい」という一心で始めたお店

「北海道産小麦のおいしさを伝えたい」という一心で始めたお店 白とオレンジを基調としたかわいらしい店内
函館の観光拠点でもある市電「十字街」停から徒歩3分。函館山ロープウェイの山麓駅に続く南部坂沿い、函館の観光案内や観光に役立つ情報を発信している「函館市地域交流まちづくりセンター」の横に「cafeえるじろう」はあります。

オーナーの井筒美子さんは、結婚後20年以上関西に住んでいましたが、趣味のパン作りを通して北海道産小麦の魅力にはまり「体に優しい素材でシンプルなものを食べてもらいたい」と、出身地である函館に住まいを移し、2012年に店をオープンさせました。

焼きたてパンで作るサンドウィッチと、口溶けのよい生地が特長のパンケーキ。どちらもほんのりと甘い小麦の香りを楽しむことができますよ。

「はこだて恋いちご」をたっぷり使ったパンケーキ

「はこだて恋いちご」をたっぷり使ったパンケーキ 「はこだて恋いちごのパンケーキ」
パンケーキの生地に使う薄力粉やバター、てんさい糖などはすべて北海道産。生地をふっくらと仕上げるために一般的には粉を混ぜすぎてはいけないといわれているそうですが、こちらでは表面にツヤが出るほどにしっかりと混ぜているのが特徴。注文が入ってから粉をしっかり混ぜ、すぐに焼くことでふっくらと仕上がるそうです。

種類豊富にそろうパンケーキの中で、1番のおすすめは「はこだて恋いちごのパンケーキ」(1000円)です。「はこだて恋いちご」は、函館市内の恵山地区で温泉熱を利用した温室栽培のイチゴ。通常、露地栽培のイチゴなら春にしか味わうことはできませんが、温室栽培のため1年を通していつでも味わうことができます。パンケーキにたっぷりかけられたソースも、「はこだて恋いちご」で作った自家製のソース。北海道産の無添加生クリームとイチゴをサンドした2枚重ねのパンケーキは、ほどよい酸味と甘味のバランスが絶妙ですよ♪

大粒で爽やかな酸味が楽しめる「はこだて恋いちご」

焼きたてのパンで作るサンドウィッチ

焼きたてのパンで作るサンドウィッチ 「バジルチキンサンド」
食パンは北海道産小麦の「はるゆたか」をベースに、いくつかの北海道産小麦をブレンドした強力粉を使用し、毎日使う分だけお店で焼いています。もちもちとした食感と香ばしい甘味が特徴です。

人気はトーストした食パンに道産チキンとトマト、レタス、パプリカ、チェダーチーズをはさんだ「バジルチキンサンド」(800円)。とても具だくさんで、食べごたえも抜群。サンドイッチは、早ければ14:00頃には売り切れてしまうこともあるそうなので、ランチタイムに行ってみてくださいね。

また、サンドイッチとパンケーキには、プラス200円でソフトドリンク、プラス250円でラテやココアをセットにすることができますよ。

お肌にいい手作りのクッキーも販売しています

お肌にいい手作りのクッキーも販売しています
店では道産小麦とオーツ麦を使った2種類のクッキー(各200円)や、バター、卵、牛乳を加えて自宅でも気軽にこちらのパンケーキの味を楽しむことができる「パンケーキミックス」(250円)も販売しています。クッキーに含まれているオーツ麦は食物繊維やビタミンが豊富に含まれているので、お肌にとてもいいんですよ。しかもオーツ麦は脂肪になりにくいというGI食品なので、女性にはとてもうれしいですね。クッキーなどは、カウンターの上に置いてあるので、帰るときにはぜひチェックしてみてください。

ランチタイムや散策途中の休憩スポットにもぴったりのかわいらしい店です。ドリンクだけでの利用もOKなので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

Sandwich&Pancake cafeえるじろう(サンドウィッチアンドパンケーキ カフェえるじろう)

北海道 函館市末広町5-8 MAP

090-5977-1156

10:00~19:00

月、第3火曜(祝日の場合は翌日)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真