ログイン / 会員登録するアカウントを選択

もうすぐ見頃!訪れるたびに表情を変える絶景のTAKAO紅葉さんぽ

381
もうすぐ見頃!訪れるたびに表情を変える絶景のTAKAO紅葉さんぽ
夏が終わり、街路樹の色も少しずつ赤や黄色に染まり始めました。高尾山周辺には、東京の中でもひと足早く秋を見つけられるスポットがたくさん。定番から穴場スポットまで、週末に行きたくなる紅葉スポットをご紹介します。

真っ赤に燃える高尾山は一見の価値あり

真っ赤に燃える高尾山は一見の価値あり 紅葉を眺めながらケーブルカーで中腹へ
TAKAOを代表する紅葉スポットといえば、高尾山ですよね。
人工林と異なり、自然林が広く残っている高尾山では、山全体が燃えるように鮮やかな紅葉に包まれます。

特に、ふもとの清滝駅から高尾山駅までを結ぶケーブルカーの周辺にはオオモミジやイロハモミジなどが群生し、赤や黄色に染まるカラフルな自然のトンネルの中を通り抜けることができます。
ふもとのケーブルカー清滝駅前も紅葉がキレイ
高尾山の紅葉の見ごろは例年11月中旬〜12月初め。毎年11月には「もみじまつり」が開催され、多くの人々でにぎわいます。

「世界一登山客が多い山」といわれる高尾山ですが、1年の中でも秋はもっとも混雑する季節。週末にはケーブルカー清滝駅前に長い行列ができることも珍しくありません。早朝の空いている時間帯に登るのがおすすめです。また、平日に出かければ、ゆっくり紅葉狩りが楽しめますよ。

高尾山の近くに、穴場の紅葉スポットがあります

高尾山の近くに、穴場の紅葉スポットがあります 小仏城山にある城山茶屋。コーヒーやおでんなどもある
大人気の秋の高尾山ですが、実は、もう少し足を踏み入れたところに穴場スポットがあるのをご存知ですか?

山頂からさらに1時間ほど歩いたところにある小仏城山でも、美しい紅葉が眺められます。城山茶屋で名物のなめこ汁を食べながら、のんびり景色を眺めることができるのは穴場スポットならでは。

高尾山名物「なめこ汁」
草戸山近くの城山湖
また、高尾山の南側に位置する標高364メートルの草戸山も、静かな山歩きが楽しめるおすすめの場所。高尾山口駅から甲州街道を渡り、お店の脇から山道に入って、山頂までは約2時間の道のりです。

山頂手前の草戸峠付近からは、紅葉に彩られる高尾山が一望できます。山頂は城山湖のまわりを一周するルートとつながっているので、さらに足をのばして湖畔の散策路を歩くことができますよ。周囲を鮮やかに彩られた城山湖の眺めは、まさに穴場の絶景です。

下山後は高尾山のアートで秋を感じて

下山後は高尾山のアートで秋を感じて プロジェクションマッピングは約8分間
下山後はふもとにある「TAKAO 599 MUSEUM」でひと休みしましょう。
高尾山の標高599メートルを冠したミュージアムでは、高尾山に生息する動物や昆虫、植物の標本やプロジェクションマッピングなどを通して、高尾山の豊かな生態系を紹介しています。

広い芝生で行なうヨガ教室やバードウォッチングなど、秋のイベントもいろいろありますよ。
「みるくの黄金律フロマージュケーキ」(400円)とサイフォン式の「高尾珈琲ブレンド」(400円)
館内には多摩産材のテーブルと椅子が並ぶ開放的な「599 CAFE」があり、八王子の牧場「磯沼ミルクファーム」直送の牛乳を使ったチーズケーキが味わえます。「599 SHOP」で購入できるミュージアム限定グッズはおみやげにもぴったり。

芝生の上でお弁当を広げてピクニックもよさそうですね。

TAKAO 599 MUSEUM(タカオゴーキューキューミュージアム)

東京都八王子市高尾町2435-3 MAP

042-665-6688

4月~11月 8:00~17:00(最終入館 16:30)、12月~3月8:00~16:00(最終入館 15:30)

無休(メンテナンス作業による臨時休館あり)

TAKAO 599 MUSEUM

ピンクの天狗バスに乗ってイチョウのトンネルへ

ピンクの天狗バスに乗ってイチョウのトンネルへ 樹齢80年超えのイチョウ並木
八王子市街の美しいイチョウ並木の黄葉も、TAKAOの秋の風物詩です。甲州街道沿いに約4kmに渡って続く約770本のイチョウ並木が、街道を黄金色に染める様子は圧巻。見ごろを迎える11月中旬には恒例の「八王子いちょう祭り」が開催され、さまざまな催しが行われます。
高尾山口駅と京王八王子駅を結ぶ路線は1日5〜6本運行
TAKAOエリアの紅葉スポットに出かける際は、バスでの移動がおすすめです。高尾山で紅葉狩りを楽しんだあとは、高尾山口駅前から天狗バスに乗車。窓からイチョウ並木を眺めながら、京王八王子方面へ向かうことができます。ピンクの車体の随所に天狗をあしらった特別デザインで、行楽気分も盛り上がりそう。

実はこのバス、降車ボタンに天狗のイラストが描かれていて、押すと髙尾山薬王院をイメージしたほら貝の音色が聞こえるんですよ。

ボタンを押すと天狗が浮かび上がる
いかがでしたか? 赤や黄色のグラデーションが美しい秋のTAKAOは、訪れるたびに表情が変わります。短い間しか見られない絶景に会いに来てみてくださいね。
高尾山と周辺エリアの情報サイト “山ほど遊べるTAKAO”

高尾山と周辺エリアの情報サイト “山ほど遊べるTAKAO”

山登りの楽しみ方に加え、“食べる・買う”“遊ぶ・体験する”などカテゴリーごとに、高尾山と周辺エリアのさまざまな楽しみ方をご紹介。 お出かけ前にぜひチェックを!

http://www.keio-takao.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD