ログイン / 会員登録するアカウントを選択

アツアツ、ふかふかな揚げたてドーナツが人気。学芸大学「ヒグマ ドーナッツ」

552
アツアツ、ふかふかな揚げたてドーナツが人気。学芸大学「ヒグマ ドーナッツ」
※こちらの記事は、2016年11月2日に公開されたものです。

東急東横線の学芸大学駅から徒歩4分ほど、商店街を少しはずれた住宅街に、ポツリとおしゃれな空間が。2016年6月にオープンした「HIGUMA Doughnuts(ヒグマ ドーナッツ)」です。ここでいただける揚げたてドーナツの絶妙な食感と優しい味わいは、誰をも笑顔にしてくれるおいしさです。

大きな鍋で次々と揚げられるドーナツは目にも楽しい

カウンターのみのコンパクトな店頭では、大きな鉄鍋でドーナツがグツグツ。そのできあがりを見計らうように人が集まり、揚げたてのドーナツは次々と売れていきます。

もともと野外フェスや屋外マーケットイベントで出店してきたというだけあり、店はアウトドアを感じさせるカジュアルで開放的な雰囲気。ドーナツを揚げる鉄鍋は、キャンパー御用達のアウトドアブランドLodge、スキレットの特大サイズを、わざわざアメリカから取り寄せたのだそう。目の前でドーナツが揚がっていくライブ感にも心躍ります。

大きな鍋で次々と揚げられるドーナツは目にも楽しい徒歩や自転車、車でもふらりと立ち寄りやすい道に面した店頭
大きな鉄鍋が存在感大。一つひとつ揚げていく様子が見られる

北海道の豊かな自然の恵みがドーナツにぎゅぎゅっと凝縮

「ヒグマ ドーナッツ」を立ち上げた春日井さんは北海道出身。北海道の大自然で育った素材の良さを多くの人に知ってもらおうと、小麦粉から牛乳、バター、砂糖など、商品のほとんどの原材料に北海道産のものを使用しています。どれも自然のエネルギーあふれるこだわりの素材ばかり。それらの風味を最大限に生かせるよう、生地の配合などには試行錯誤を重ねたのだとか。

店名の「ヒグマ」も、北海道の豊かな自然のシンボル。ヒグマがくわえているのはサケ……でなくドーナツというキャラクターがかわいいですね。

北海道の豊かな自然の恵みがドーナツにぎゅぎゅっと凝縮ドーナツを揚げる春日井さん
店内ではヒグマが描かれたTシャツやバッグなどのグッズも販売

素材の味を生かした個性あふれるドーナツ

ドーナツは常時6種類で、このうち1種類は季節によって変わります。定番人気は「プレーン」(220円)。フワッとモチモチの食感で、甘さ控えめなので良質な小麦の豊かな風味が引き立ちます。
仏ヴァローナ社の高級チョコレートをトッピングした「チョコレートディッピン」(300円)は、やわらかなチョコレートが口の中でとろり。イートインでのみ食べられる「ハニーマスカルポーネ」(300円)は、クリーミーなクリームチーズがふかふかドーナツと相性抜群です。
牛乳のおいしさを凝縮した濃厚なソフトクリームに、プレーンドーナツを添えた「HIGUMAソフト」(450円)もおすすめです。

素材の味を生かした個性あふれるドーナツドーナツをスプーン替わりに召し上がれ
左から「ハニーマスカルポーネ」、「チョコレートディッピン」、「プレーン」

持ち帰りでもイートインでも、いろんな場面で楽しめる

持ち帰りでもイートインでも、いろんな場面で楽しめる 専用BOX入りの6個セット(1500円)はいろんな種類が入って見た目も華やか
揚げ油にはトランス脂肪酸フリーのパーム油を使用しているので、時間が経っても食感はサックリ。年齢問わず、誰にも愛されるドーナツは手土産にもぴったりですね。店先にはカウンターやベンチがあるので、そこで食べていくことも可能です。コーヒー(320円、ドーナツとセットで300円)などのソフトドリンクや、ビール(500円)などのアルコールもあるので、外の空気を吸いながらドーナツ片手に一服、という何とも素敵な時間を過ごすことができます。
こだわり素材が詰まった揚げたてドーナツは、誰とどこで食べても笑顔こぼれる魅力に満ちています。そんな「ヒグマ ドーナッツ」のドーナツを、ぜひいろいろな場面で楽しんでくださいね。

HIGUMA Doughnuts(ヒグマ ドーナッツ)

東京都 目黒区鷹番2-18-16 MAP

03-6873-8803

10:00〜20:00 (売り切れ次第終了)

火曜

HIGUMA Doughnuts

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真