ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ただ、そこにあるだけでかわいい♪ 日本酒がもっともっとおいしくなる器5選

370
ただ、そこにあるだけでかわいい♪ 日本酒がもっともっとおいしくなる器5選
※こちらの記事は2017年1月4日に公開されたものです

近ごろブームの日本酒は、さまざまな味わいが楽しめるのが魅力。好きなデザインの徳利やおちょこ、ぐい呑みなど酒器にこだわって、日本酒の家飲みをもっと楽しくしませんか?今回はインテリアのとしても飾りたくなるような、かわいい酒器を5つご紹介します。

癒されるかわいさ。「シロクマの熊五郎 お猪口1号」

癒されるかわいさ。「シロクマの熊五郎 お猪口1号」 工房ではほかにもシロクマモチーフの箸置きや異なるタイプのおちょこを制作している
つややかな白い陶器に、青のラインが映えるおちょこ。その中からこちらを覗く、つぶらな瞳のシロクマにきゅんとなります。「シロクマの熊五郎 お猪口1号」は、お酒を注ぐとシロクマがお風呂に入ってるように見えるデザイン。のんびりお酒を飲みたくなる、癒し系のお猪口です。
購入先情報
○創作陶磁器 楽土
[オンラインショップ]http://shop.raku-do.net/
[値段]2880円

ユニークな鳥の徳利とお猪口。「おさけとり」

ユニークな鳥の徳利とお猪口。「おさけとり」 ©Lisa Larson / トンカチ 名前の「おさけとり」には"お酒を取りに行く鳥"という意味が込められている
猫やライオンの丸みのあるオブジェが人気の、スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソン。日本限定でデザインされた徳利とお猪口のセットがあるのをご存じですか?長崎県の波佐見で焼かれた白磁に映える青呉須で描かれた絵付けが特徴です。とっくりのユニークなかたちや鳥の表情に北欧らしさも感じられますね。
購入先情報
○リサ・ラーソンショップ
[オンラインショップ]http://www.lisalarson.jp/shop/
[値段]8640円

シンプルでモダンな有田焼「月に富士 ぐい呑み&片口」

シンプルでモダンな有田焼「月に富士 ぐい呑み&片口」 一方にだけ注口がある片口は、湯冷ましやドレッシング入れとしても活躍する
世界文化遺産にも登録され、国内外から愛される富士山。有田焼の「月に富士」シリーズは、スタイリッシュな形にモダンな絵付けが素敵です。なめらかな磁器に描かれた富士山には金が施されており、普段使いはもちろん、お祝いの場面にも合いますね。
購入先情報
○金照堂
[オンラインショップ]http://www.kinshodo-shop.co.jp/
[値段]片口3,240円ぐい飲み1620円

おとぼけ顔の「呑平さん」と晩酌を

おとぼけ顔の「呑平さん」と晩酌を 「呑平さん」の径・高はさまざま
「まぁ、のんびり飲みましょう」とでも語りかけてきそうな、おとぼけ顔が描かれたおちょこ、「呑平(のみへい)さん」。表情はひとつひとつ手書きなので、まさに一期一会の出会いです。この器を作っているのは、ご夫婦が営む京都の工房「今宵堂」。暮らしの中にある"呑む、ひととき"のための器を多く手掛けています。仕事から帰ってきたら、「呑平さん」とゆっくり晩酌はいかがですか?
購入先情報
○今宵堂
[URL]http://www.koyoido.com
[値段]各1620円

職人の手仕事が光る吹きガラスのおちょこと徳利。「SHUKI」

職人の手仕事が光る吹きガラスのおちょこと徳利。「SHUKI」 徳利「Tokkuri01」と、お猪口「Choko 03」。吹きガラスならではの優しい質感
「松徳硝子」は、口当たりの良い「うすはりグラス」など、ビールやお酒をおいしく飲めるグラスを作り続けている大正11年創業の老舗。日本酒専用につくられた「SHUKI」シリーズは、格子柄のモールが特徴。ひとつづつ職人の手仕事で作られたやわらかな質感は、持っているのがうれしくなります。夏はもちろんのこと、冬は冷酒と鍋料理を楽しみましょう。
購入先情報
○松徳硝子
[オンラインショップ]http://www.usuhari.jp/
[値段]「Tokkuri」2700円、「Choko」1080円

器の材質やかたちで味が変わる!奥が深い酒器を知ろう

器の材質やかたちで味が変わる!奥が深い酒器を知ろう
器のかたちや材質によっても味が変わるのが日本酒のおもしろいところ。それぞれの酒器の特徴を知りましょう。

・ぐいのみ
「ぐいっと呑む」に由来する「ぐい呑み」は、コップのように片手で傾けて飲む酒器。サイズに決まりはなく、おちょこより大きなものを指します。手になじむものを選ぶといいですね。

・おちょこ
「おちょこ」は、より小さく、手のひらに収まるほどのひとくちで飲み干せるサイズのものを指します。
温度を大切にしたい冷酒や熱燗には、ちょっとずつ飲めるおちょこに注ぐといいですよ。

・とっくり
大きな酒瓶から移して使うのが「徳利」。冷やで飲むときは場合は冷蔵庫から取り出した日本酒を取り出して注ぐ、熱燗のときは湯せんにかけたりと、お酒の温度調節にも役立ちます。

・かたくち
華やかなお酒の香りを楽しみたいときは、とっくりよりも「片口」を使うのがおすすめ。口径が大きいので、より香りが広がります。ちょこんとついた注ぎ口がかわいく、料理を盛り付けても楽しめます。
*****
今回は、見ているだけでも嬉しくなる酒器をセレクトしてご紹介しました。お酒のほかにも、小物入れや花器としてインテリアに取り入れても素敵ですよ。

家での日本酒がもっと楽しくなる器選び。あなたも、陶磁器やガラスなど気分に合わせて器を使い分けてみませんか?

※ご紹介した酒器はすべて税込価格です。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD