ログイン / 会員登録するアカウントを選択

食べられるのは世界中で日本だけ。フランスの巨匠が手掛けた表参道「HUGO & VICTOR」のパフェ

551
食べられるのは世界中で日本だけ。フランスの巨匠が手掛けた表参道「HUGO & VICTOR」のパフェ
※こちらの記事は2016年11月27日に公開されたものです

2016年春にオープンした、パリ発のスイーツブランド「HUGO & VICTOR(ユーゴ・アンド・ヴィクトール)」のコンセプトショップ。パリの本店でも食べることができない、芸術的なチョコレートパフェを味わってきました。

本モチーフのボックスも素敵

本モチーフのボックスも素敵
表参道駅から徒歩2分ほど、表参道ヒルズ本館1階にお店を構える「ユーゴ・アンド・ヴィクトール」。白と黒を基調とした店内は、ところどころにビビッドなカラーが取り入れられ、スタイリッシュな中にもポップさが感じられる雰囲気です。

文学やアートにも造詣の深いオーナー兼シェフ・パティシエのユーグ・プジェ氏が、『レ・ミゼラブル』などで日本でもよく知られる”ヴィクトール・ユーゴ”から店名をつけたこともあり、店内の壁には本のモチーフが。
食べ終わったあとのボックスも使える「カルネ」シリーズ(6個入り2916円/12個入り4320円)

ブランドの代表作であるショコラシリーズの「カルネ」も、文学からインスピレーションを受けた本の形のボックスが特徴的。好みの味をスタッフに伝えれば、それに沿ったものを選んでくれるので、気軽に声をかけてみてくださいね。

多彩なフレーバーが並びます

ひと口ごとに異なる食感と味わいに夢中♪

ホテルパティシエ出身のユーグ氏が得意とするのが、フレンチコースの最後を飾るディセール。ひとつのお皿に様々な味が美しく盛られるディセールを、グラスで表現したのがこちらのチョコレートパフェ(1728円)です。
平日のみハーフサイズ(648円)も選べます
お店のスペシャリテ「ジョルジュ・アマド」(チョコレート、バニラ、ピーカンナッツを使ったスイーツ)シリーズのひとつで、いくつもの層が重なった日本独特のパフェに感銘を受けたユーグ氏が、お店のオープン当日に思いつくままに即興で作ったというのだから驚きです。

バニラの風味豊かなシャンティが、ひんやり濃厚なビターチョコレートアイスを優しく包みこんでいたり、クラッシュピーカンナッツの食感が良いアクセントになっていたりと、異なる素材と味が何層にも重ねられ、ひとつひとつの要素が主張しながらも、全体のバランスも抜群。

カウンター席からは作っているのを見ることができます

シーズンごとに変わるメニューもお見逃しなく

シーズンごとに変わるメニューもお見逃しなく (左から)「ショコラ・ノワール・グラッセ」、「ショコラ・オレ・グラッセ」
夏に行列ができるほどの人気だったこちらのショコラ(645円)は、冬に向けてホットも始まるそう。カカオ66%のノワールと、カカオ40%のオレの2種類からお好きな方をどうぞ。ノワールにはライムピール、オレにはオレンジピールが添えられていて、柑橘が上品に香ります。

シーズンごとにケーキやパフェのラインナップも変わっていくので、行く度に違うおいしさに出会えそう。進化を続ける「ユーゴ・アンド・ヴィクトール」の、今後の展開から目が離せませんね。

表参道ヒルズ店と玉川髙島屋店でしか買えないマカロン

HUGO & VICTOR(ユーゴ・アンド・ヴィクトール)

東京都 渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F MAP

03-6434-0912

月~土曜:11:00~21:00 (20:30 L.O.) /日曜:11:00~20:00 (19:30 L.O.)

施設に準ずる

HUGO & VICTOR

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真