ログイン / 会員登録するアカウントを選択

直売所だけの限定品に出会える。山形のご当地パン「たいようパン」の「ベタチョコ」

217
直売所だけの限定品に出会える。山形のご当地パン「たいようパン」の「ベタチョコ」
山形県で知らない人はいないほど、地元で50年近く愛されている「たいようパン」の代表的なパンが「ベタチョコ」です。全10種類もあり、それが買える直売所には、県外からもたくさんのファンが押し寄せます。

パン工場の前に建てられた限定営業の直売所

パン工場の前に建てられた限定営業の直売所 観光シーズンは列ができることもある
JR赤湯駅から車で8分。のどかな田園風景が広がる中に「たいようパン」はあります。
パン工場の前には直売所があり、ここではできたてのパンを買うことができます。こちらの直売所は水・土・日曜、祝日の限定営業。開店後数時間で完売することもあるので、早めに行くのがおすすめです。

店内には「たいようパン」が作り出した菓子パンや惣菜パンが、所狭しと並んでいます。ついあれもこれもと買いたくなってしまいます。

ふんわりコッペパンにチョコレートがたっぷり♪

ふんわりコッペパンにチョコレートがたっぷり♪ 断面だけでなく、横にもチョコがはみ出ている
「ベタチョコ」が作られたのは、東京オリンピック開催と同じ昭和39(1964)年。当時まだ貴重だったチョコレートをみんなに食べてもらいたいとの発想から、誕生しました。コッペパンの断面をみせるユニークなかたちは、すみずみまでチョコレートを塗るためのアイデアから生まれたそうです。

甘さ控えめで素朴な味わいのコッペパンを半分に切り、その間にバタークリームをサンド。その上からチョコレートをあふれんばかりにたっぷり塗ります。

そのまま開いた状態で食べても、もちろんおいしいのですが、パタンと閉じてチョコレートの味を思いっきり味わうのが通な食べ方です。スイーツ感覚で、コーヒーブレイクに楽しむのも良いですよ。

少しトーストして、チョコを溶かすのもおすすめ

いろいろ試したくなる10種類の「ベタチョコ」

いろいろ試したくなる10種類の「ベタチョコ」 「ベタチョコ」(130円~300円)
定番のベタチョコ、抹茶、きなこなどバラエティに富んだレギュラーメニューから、季節限定の味も登場するので、長年のファンも食べ飽きることがありません。みんなでシェアしていろいろな味を食べくらべてみるのもおすすめです。

直売所限定商品も人気

直売所限定商品も人気 「厚焼き卵」(320円)
直売所では、ここでしか買えない限定品もあります。その中のひとつで人気なのが、厚さ約2cmほどの玉子焼きがはみ出した「厚焼き卵サンド」です。しっとりふわふわのコッペパンに挟まれたほんのり甘い玉子焼きはボリューム満点なので、ひとつでもおなかを満たしてくれます。

直売所の近くには、温泉街やフルーツ狩りができる果樹園など観光スポットがあります。山形観光のおみやげに「ベタチョコ」を選んでみてはいかがでしょうか?

たいようパン

山形県 高畠町大字深沼2859-6 MAP

0238-52-1331

9:00~※売り切れ次第閉店

月・火・木・金曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真