ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都で愛され続けるレトロ喫茶「イノダコーヒ本店」~人気のモーニングから限定ジャンボシューまで

972
京都で愛され続けるレトロ喫茶「イノダコーヒ本店」~人気のモーニングから限定ジャンボシューまで
※こちらの記事は、2017年1月11日に公開されたものです。

京都の喫茶店の代表格「イノダコーヒ本店」は、創業以来80年にわたって愛されつづけてきた名店。旅の始まりにぴったりのモーニングが有名ですが、「ジャンボシュークリーム」ほか、スイーツメニューも充実しているんですよ。

雰囲気が異なる4つの空間からなる老舗喫茶

雰囲気が異なる4つの空間からなる老舗喫茶 開放的あふれる、本館ホール席

地下鉄・烏丸御池駅から徒歩7分。珈琲色の暖簾をくぐると、ホテルのラウンジのような雰囲気の中、蝶ネクタイ姿のスタッフが迎えてくれます。
異なるテイストの4種の席があり、座る席によって、気分を変えられるのが魅力のひとつ。
エントランスからまっすぐ進んだ先に広がるのが本館ホール席で、格調高いインテリアと吹き抜けの空間が印象的。
エントランスの左手が旧館で、表側が創業当時の面影を残すメモリアル席です。

本館と旧館の間の通路
メモリアル席。調度品も創業当時からのもの
細いアプローチを進むと、旧館テラス席があります。
窓辺は、赤と白のギンガムチェックのテーブルクロスがキュートで、こちらをお目当てに訪れる人も多い、人気の席です。
晴れた日には木々の緑に癒される、ガーデン席もおすすめです。
旧館テラス席。大きな窓から降り注ぐ光にまどろんで

ホテルのモーニング気分で朝食も

バターが香るクロワッサンや新鮮野菜のサラダ、ふわふわ&とろ~りのスクランブルエッグ、オリジナルのボンレスハム、フレッシュオレンジジュースがいただける正統派のモーニング「京の朝食」もおすすめです。
イノダといえば、のコーヒー「アラビアの真珠」もセットになってるので、お得に楽しめますよ。休日のオーダーは、200食を越えるほどの人気なのだとか。

ホテルのモーニング気分で朝食も「京の朝食」(1440円)

いちおしは、京都限定のジャンボシュークリーム

いちおしは、京都限定のジャンボシュークリーム 「ジャンボシュークリーム」(600円)と「アラビアの真珠」(580円)
ふわふわのメレンゲとレモンカスタードが二層になった「レモンパイ」をはじめとするケーキやパフェなど30種ものスイーツがお待ちかね。かつて銀座で人気を博した幻のドイツ料理レストラン「ケテル」のレシピを受け継いだ、懐かしく、洗練された味が主流です。

「ジャンボシュークリーム」は、こちらの本店と、三条支店だけで出会える限定メニュー。毎朝カスタードクリームを作ることからはじまり、作り置きをしないことが信条だから、いつもできたてを味わえるのがうれしいところ。直径15cmものビッグサイズで、中は卵の風味豊かなカスタードクリームがすき間なくたっぷり!
朝の10時前後に焼きたてが並ぶので、早めに訪れるのがおすすめです。

コーヒーに合う、和の甘味も

コーヒーに合う、和の甘味も 「クリームマロンあんみつ豆」(820円)
スイーツメニューの中で、昭和の時代から定番人気なのが「みつ豆」。写真は、「みつ豆」をベースにした「クリームマロンあんみつ豆」です。寒天や赤えんどうなど具材はひとつひとつ自家製で、アイスクリームは、レモンを効かせてあるので、クリーミーだけれどさっぱり。コーヒーとのマリアージュにも驚きです。

トラディショナルなプリンも外せません

トラディショナルなプリンも外せません 左:「プリン」(380円)  右:「プリンパフェ」(860円)
「ケテル」のレシピで作られる、定番のプリンもあります。オーブンにお湯を張って、蒸し焼きにして作る昔ながらのプリンは、なめらかな口あたりにうっとり。卵のコクとカラメルの香ばしさが絶妙です。レトロな器もときめきポイント。
プリンが主役の「プリンパフェ」もあるんですよ。


ホテルのように、さりげなくも行き届いたおもてなしと、すてきな空間で過ごす優雅な時間。珈琲のおいしさはもちろんのこと、モーニング、ランチ、スイーツなど、その日の気分に寄り添ってくれる、フトコロの深さも愛される秘密なのかもしれませんね。

イノダコーヒ本店(イノダコーヒホンテン)

京都府 京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140 MAP

075-221-0507

7:00~19:00

無休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真