ログイン / 会員登録するアカウントを選択

コラーゲンたっぷり♪ 身体の芯からあたたまる「トムヤムクン」のアレンジスープが人気のダイニングバー

104
コラーゲンたっぷり♪ 身体の芯からあたたまる「トムヤムクン」のアレンジスープが人気のダイニングバー
福岡市民の憩いの場、大濠公園のそばにある「owl dining bar(アウルダイニングバー)」は、80種類を超える豊富なドリンクと多国籍料理が楽しめるお店。この時期は、食べると冷えた体がぽかぽかになる、スパイスたっぷりの料理で人気を集めています。

福岡市民のオアシス・大濠公園のすぐ近く

福岡市民のオアシス・大濠公園のすぐ近く
福岡市の繁華街・天神から地下鉄で2つめの、大濠公園駅で下車。そこから歩いて5分ほどの静かな場所に「owl dining bar(アウルダイニングバー)」はあります。
1階にカウンターとテーブル席、2階には座敷がある
こちらのバーは、アジアをはじめとする多国籍料理が人気です。オーナーの綾部勝慶さんは海外留学の経験があり、独特の香りと味をもつ外国の調味料やスパイスに魅せられて料理の道に進んだのだとか。
今回は研究のすえに生まれた50種類以上のメニューから、冬にぴったりのスープと鍋をご紹介します。

女性に大人気!「トムヤムコラーゲンスープ」

女性に大人気!「トムヤムコラーゲンスープ」 「トムヤムコラーゲンスープ」(980円)
冬の看板メニューは、タイ料理の代表格「トムヤムクン」をアレンジした「トムヤムコラーゲンスープ」。チキンブイヨンにレモングラスや赤唐辛子などを加え、エビ、マッシュルーム、パクチーなどを入れた本場に近いスタイルですが、コラーゲンが溶け出すよう、鶏ガラを形がくずれるほどじっくり煮込むのがアウル流です。
スープはサラッとしている。量もたっぷり
素焼きのトムヤムクン鍋で出されるスープは、鍋ごと直火で温めているので、最後までアツアツでいただけます。
舌がヤケドしないよう気をつけて口に運ぶと、刺激的な辛さとさわやかな酸味が広がり、鼻から抜けるパクチーの香りはクセになりそう。唐辛子のカプサイシン効果なのか、だんだん体がぽかぽかしてきます。ちなみに抗酸化作用が高く美容にもいいといわれるパクチーは多めに注文できるほか、途中で追加もできますよ。

韓国とインドが一鍋に同居!? 「レッドホットチリ鍋」

韓国とインドが一鍋に同居!? 「レッドホットチリ鍋」 「レッドホットチリ鍋」(1200円)
体を温めるもう一つのおすすめメニューは、11月から3月ころまで味わうことができる「レッドホットチリ鍋」。こちらは、韓国の鍋料理チゲとインド料理のカレーがタッグを組んだオリジナルメニュー。味噌ベースのスープにコチュジャン、豆板醤で味付け、さらにカレー粉をプラスしたスパイシーな一品です。

鍋が出されてから待つこと数分、ぐつぐつと煮立ってきて、メインの豚肉に火が通ったら食べごろ。「トムヤムコラーゲンスープ」と比べるとマイルドな辛さで、カレーの風味がいいアクセントになっています。最後の〆はラーメン、またはごはんを入れておじや風にして楽しみましょう。

卵とニラを加えたおじや風

寒い日に飲みたいホットカクテルも充実

寒い日に飲みたいホットカクテルも充実 「ホットカルアミルク」と「ホットカンパリ」(各750円)
寒い日に注文したくなる、温かいドリンクも充実しています。定番のホットワインをはじめ、やわらかな甘みが広がる「ホットカルアミルク」、浮かべたレモンの酸味とほろ苦さがマッチした「ホットカンパリ」など全部で9種類。
アルコールがとばない程度に熱するためアツアツというわけにはいきませんが、飲めばじんわり体が温まります。
さあ、冬本番はこれから。「owl dining bar(アウルダイニングバー)」のあったかメニューで寒さを乗り切りましょう。

owl dining bar(アウルダイニングバー)

福岡県 福岡市中央区荒戸2-1-23 MAP

092-725-4829

18:00~翌2:00(L.O.翌1:00)

火曜、不定休

owl dining bar

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD