ログイン / 会員登録するアカウントを選択

白壁土蔵のレトロな町を、お気に入りの着物で。飛騨古川ノスタルジックさんぽ♪

394
白壁土蔵のレトロな町を、お気に入りの着物で。飛騨古川ノスタルジックさんぽ♪
白壁土蔵や伝統的な町家など、ノスタルジックな雰囲気が漂う、飛騨の奥座敷・飛騨古川。この町で200年以上続く「三寺まいり」は、女性が着物で着飾って町内のお寺を参拝する姿が華やかな、冬の風物詩です。
縁結びが叶うとされるこの三寺まいり、疑似体験することができるんですよ。好きな着物を選んで飛騨古川の町を巡る、この春おすすめの旅をご紹介します。

縁結びのお祭りとして知られる「三寺まいり」

縁結びのお祭りとして知られる「三寺まいり」 三寺まいりの模様。恋愛成就を祈って和ろうそくを灯す「千本ろうそく」
「三寺まいり」は、もとは浄土真宗の開祖・親鸞(しんらん)を偲んで、人々が町内のお寺を詣でたことがはじまりだそう。明治や大正時代には、信州へ出稼ぎに行っていた年頃の女性たちがお正月に帰省し、着飾って参拝しました。それが、若い男女の出会いの場にもなっていたことから、今では縁結びが叶うとされているんです。
毎年1月15日には、飛騨古川の町が着物姿の女性たちで華やぐ様子が見られます。
「三寺巡礼~あなただけのお守りづくり~」体験料金(1000円)
そんな三寺まいりを当日以外でも体験できるのが、「三寺巡礼~あなただけのお守りづくり~」。飛騨市観光協会で受付を済ませたら、かわいい柄のお守りを持って、飛騨古川の町を巡ります。

創業100年の老舗呉服店で、好きな着物にお着替え

創業100年の老舗呉服店で、好きな着物にお着替え 夏は浴衣、冬はウールの着物など季節に合わせた着物を提案してもらえる
せっかくなら、町の女性と同じように艶やかな着物をまとって参拝したいですよね。飛騨市観光協会から徒歩4分ほどの呉服店「染めと呉服 大洞」では、なかなか着る機会のない着物を気軽に楽しんでほしいと、着物レンタルと着付けを行っています。

着物は、小紋柄を中心に50~60種類。帯や羽織、かばん、マフラーなどの小物まで、お店の方が好みに合わせて提案をしてくれるから安心。着物や帯、草履はもちろん、肌襦袢や足袋なども用意があり、手ぶらで利用できる気軽さも魅力です。

「着付けレンタル」(4320円)は予約優先

染と呉服 大洞(ソメトゴフク オオボラ)

岐阜県飛騨市古川町本町2−15MAP

0577-73-2209

9:00~19:00

木曜

染と呉服 大洞

趣ある町並みを歩いて、3つのお寺を参拝

趣ある町並みを歩いて、3つのお寺を参拝
お気に入りの着物を選んだら、早速町へ。
春から秋にかけては、町並みの中を流れる瀬戸川に鯉が泳ぎ、鮮やかに町を彩ります。また、冬には真っ白な雪の中に建ち並ぶ白壁土蔵やお寺が、城下町らしいしっとりとした顔を見せます。
円光寺、本光寺、真宗寺、それぞれのお寺や四季折々の風景を楽しみながら、巡るのがおすすめ。こぢんまりとした古川の町は、歩いてまわるのにちょうどいい大きさです。

気軽に立ち寄れる、日本酒の蔵元へ

気軽に立ち寄れる、日本酒の蔵元へ 冬季には平日限定で日本酒作りの作業風景を見ることができる(一週間前までに要予約)
散策の途中、飛騨らしいスポットへちょっと寄り道してみましょう。

東は「乗鞍岳」や「穂高岳」、西は白山連峰に囲まれ標高600メートルに位置する飛騨古川は、冬の厳しい寒さと、飛騨山脈を水源とする水の清らかさが酒造りにぴったりの土地。明治3年創業の渡辺酒造店は、「えもいわれぬ、珠玉のしずく」とも賞された日本酒「蓬莱」で知られる老舗の蔵元です。蔵内では酒造りの解説を聞いたり、スタッフおすすめのお酒を試飲もすることができますよ。

渡辺酒造店(ワタナベシュゾウテン)

岐阜県飛騨市古川町壱之町7-7MAP

0577-73-3311

9:00〜17:30

無休

渡辺酒造店

願いごとは心に秘めて…

願いごとは心に秘めて… 荘厳な佇まいの真宗寺。春には荒城川沿いの桜とのコントラストも見事
三つのお寺を参拝したら、自分だけの特別なお守りが完成。願いごとの成就を祈るのはもちろんのこと、せわしない日々の中、ひとときでも心を込めてお参りすることで、心が洗われます。

三寺巡礼~あなただけのお守りづくり~(サンテラジュンレイ アナタダケノオマモリヅクリ)

岐阜県飛騨市古川町殿町8-17/(一社)飛騨市観光協会MAP

0577-74-1192

9:00~16:00

年末年始(12月29日~1月3日)

三寺巡礼~あなただけのお守りづくり~

ふわふわのいちご大福でほっとひといき

ふわふわのいちご大福でほっとひといき 「いちご大福」(210円)
町歩きのあとは、いまが旬のいちごスイーツでひとやすみしませんか?
三寺まいりのルートからもほど近い「御菓子所 田の下」では、ご主人が毎日手作りするいちご大福が人気です。
それぞれのお盆に添えられたお花の心遣いもうれしい
大粒のいちごに、上品な甘さのあんこと生クリーム。それを求肥でクレープ状に包んでいるので、ふわっとした食感に仕上がっています。何個でも食べられそうなおいしさで、まとめ買いする人が多いというのもうなずけます。
イートインスペースの「月ヶ瀬」で抹茶と一緒にいただくのもおすすめ。

御菓子所 田の下(オカシドコロ タノシタ)

岐阜県飛騨市古川町幸栄町8−21MAP

0577-73-5668

9:00~18:00

火曜

御菓子所 田の下

乗り換えついでに富山観光も♪

乗り換えついでに富山観光も♪ 隈研吾氏が建築・設計の、ぬくもりあふれる建物の中にある「富山市ガラス美術館」
飛騨古川へは、東京から北陸新幹線を利用するのが便利です。富山駅からは、ワイドビュー飛騨で1時間15分ほど。乗り換えついでに富山観光ができるのもうれしいポイントです。
富山駅からのアクセスもよい「富山市ガラス美術館」で幻想的なガラスアートの世界に浸ったり、お寿司を軽くつまめる駅前のお店で新鮮な海の幸を堪能したり、楽しみ方も色々ですよ。

富山市ガラス美術館(トヤマシガラスビジュツカン)

富山県富山市西町5−1MAP

076-461-3100

9:30〜17:30(閉館18:00)、金・土曜は〜19:30(閉館20:00)

第1・3水曜、祝日の場合は翌日休

富山市ガラス美術館

北陸新幹線の開業で、金沢だけでなく富山や岐阜といったエリアもぐっと身近に。複数の県を巡ることで、「海の幸も山の幸も」「レトロな街並みもアート鑑賞も」など、さまざまな旅のバリエーションを楽しめるようになりました。
この春は、北陸新幹線に乗って自分だけの旅を見つけにでかけてみませんか?
ぎふの旅ガイド

ぎふの旅ガイド

(一社)岐阜県観光連盟が運営する観光情報サイト。モデルコース、イベント、グルメなど、飛騨高山・白川郷をはじめ、岐阜の旅をもっと楽しくする情報が満載!

http://www.kankou-gifu.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD