ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【海外一人旅特集】②安心して泊まれる宿選びのポイントとは?

196
【海外一人旅特集】②安心して泊まれる宿選びのポイントとは?
※こちらの記事は2015年6月16日に公開されたものです

いつかはチャレンジしてみたい海外一人旅。どんなルートを巡るか、治安面は大丈夫かなど不安は尽きませんが、中でも成功のカギは宿の選び方にあるようです。ホテルのタイプはもちろん、立地や予約のしかたなど、女性ひとりで安心して泊まれる宿選びのコツを、旅行ライターの松岡絵里さんに教えてもらいました。

その1:安全面と利便性重視で街の中心部に泊まろう

その1:安全面と利便性重視で街の中心部に泊まろう (c)松岡絵里
短い滞在期間の中で、時間はできるだけ有効に使いたいですよね。そのために、まずはホテルの立地が重要です。ホテルから目的地までの距離があると、移動のために時間を大きく割くことになります。

「期間が限られている旅ほど、街の中心部から交通の便の良いホテルを選びましょう。夜、食事などで外に出た場合にも、安全に移動できる立地であることも大切です」と松岡さん。

また、街の中心部に泊まることには、治安の面でもメリットがあるそう。

「街の中心部の中でもホテルが多いエリアには、多くの旅行者が滞在しています。そのため、警備の目が多かったりと、治安的にも安心な場所が多いと思います」(同)。

また、ホテルの価格を比較する際、不自然に安いホテルは、治安が良くなかったり、中心部から遠かったりする場合もあるので注意したほうがいいとのこと。ネットの口コミなども参考にして、一人旅に最適なホテルを選びましょう。

その2:女性ひとりで泊まるのに良いホテルのタイプとは?

その2:女性ひとりで泊まるのに良いホテルのタイプとは? (c)松岡絵里
実際に予約する際に迷うのが、どんなタイプのホテルにすると良いのか、ということ。海外の観光地や大都市では、規模の大きな高級ホテルから、家族経営の小規模なホテルまで様々。どんなホテルが自分にとって快適なのかを見極めるのは難しいですよね。

「ビジネス客ばかりのホテルよりも、家族経営のような小規模なホテルほど一人旅の女性を快く迎え入れてくれる傾向があると思います。その中でも特に、フロントやロビーにソファなどが置いてあり、ゆっくりくつろげる雰囲気のホテルがおすすめ。宿泊者同士で交流を持てるような場所があると、旅先で役立つ情報が得られるかもしれません」(同)。

ホテルを選ぶ際、女性は部屋の広さやバスタブの有無などを気にする人も多いですが、それよりもホテル全体の雰囲気や立地などを重視したほうが結果的に快適に過ごすことができそうです。

その3:個人旅行での予約は、どうすればいい?

その3:個人旅行での予約は、どうすればいい? (c)松岡絵里
もし、ツアーではなく個人ですべて手配して旅をする場合、どのような手段で予約するのが良いのでしょうか?

「海外のホテルを予約する際は、まず『フォートラベル』『トリップアドバイザー』『トラベルコちゃん』などの旅行情報サイトで、口コミなども見ながら比較、検討しましょう。これらのサイトでは、複数の予約サイトを一括検索できるのも便利です。立地やホテルのタイプ、価格などから自分が泊まりたいホテルが決まったら、「エクスペディア」のような予約専門サイトやホテルの公式サイトから予約を。その際、必ず確認したほうが良いのは、キャンセル料がいつから、いくらかかるのかということです」(同)。

公式サイトから、直接ホテルに予約を入れると、メールのやりとりを英語で行わなければならないことがあり面倒に感じる方もいるかもしれませんが、直前のキャンセルや変更などにフレキシブルに対応してくれることも多いのだとか。また、価格が極端に安い場合は、キャンセルができないことも多いそうなので、予定を変更する可能性があるときは、価格だけで宿泊先を選ばないことが大切です。

なお、海外のホテルではシングルルームが無いことが多く、料金は部屋単位。1人だとちょっと割高になるということも覚えておきましょう。

その4:女性1人では宿泊できない国もある

その4:女性1人では宿泊できない国もある
もうひとつ、行き先選びにも関わってくることですが、国によっては、女性ひとりでは泊まれない場合もあるので注意が必要とのこと。

「イスラム圏では、女性はひとりで外出してはいけない国もあります。そのため、そういった国では、女性ひとりでは宿泊できません。同じイスラム圏でも、トルコやモロッコは女性ひとりでも宿泊できるホテルも多く、国や地域によっても異なります。旅行情報サイトの口コミを見るなどして、女性がひとりでも旅をしやすいのかどうか、確認しておくことが大切です」(同)。

その5:空港着が夜の場合、ホテルへの移動も手配しよう

その5:空港着が夜の場合、ホテルへの移動も手配しよう
飛行機が空港に到着するのが夜になる場合、ホテルまで移動するのが危険な場合もあります。タクシーも、女子1人で夜乗るのは避けたほうが良いのだそう。そんな時には事前に空港への出迎えを手配しておくといい、とのこと。

「個人旅行の場合でも、空港からホテルまでの送迎だけを旅行会社に依頼することもできます。大きな都市であれば、日本の旅行会社もあるので、移動に不安があれば、各旅行会社に問い合わせて、ぜひ送迎サービスを利用してみて下さい」(同)。

「旅行は思い出を買うものなので、安ければ安いほど良いという訳ではありません」と松岡さんは言います。ホテルも移動手段も、安全を重視すると多少値が張りますが、特に女性ひとりの場合は「安心」を最優先に考えることが、旅を満喫するために大切なようです。

次回は「現地での過ごし方」をお届けします。お楽しみに。
取材協力/松岡絵里さん

取材協力/松岡絵里さん

ライター/編集者。学生時代に旅に目覚め、新婚旅行で初めて海外に行く夫と共に、607日間かけて世界一周する。そのときの様子を収めた「世界一周デート」(幻冬舎刊)や、世界各地の市場を紹介した「世界の市場」(国書刊行会)などの著書がある。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真