ログイン / 会員登録するアカウントを選択

露天風呂に浸かりながらホタルを眺めるー至福の体験ができる温泉

201
露天風呂に浸かりながらホタルを眺めるー至福の体験ができる温泉
山形県米沢市の山間の清らかな川沿いに広がる小野川温泉は、ホタルの里としても有名です。露天風呂に浸かりながら、幻想的なホタルの乱舞を眺める至福の体験をしてみませんか。

小野小町伝説の美人の湯を訪ねて

小野小町伝説の美人の湯を訪ねて
山形県は全市町村すべてに個性的な温泉が湧く、全国有数の温泉王国。
県の南、福島県と境を接する米沢市から車で約20分ほど走ると、静かな山里の風情が魅力の小野川温泉があります。開湯は834年(承和元年)と伝えられ、平安美人で有名な小野小町がみちのくへの旅の途中で病に倒れ、この地の湯につかって体を癒したという伝説を持つ温泉です。自然が豊かに残る山里は、清冽な水音が心を癒してくれます。

3種類のホタルが見られるめずらしい場所

梅雨明けも近い6月下旬から、小野川温泉ではみごとなホタルの乱舞が見られます。こちらのホタルはすべて自然に生育したもの。これも、緑豊かな山々と清冽な水が流れる、美しい自然環境があればこそ。温泉のすぐそばで、ゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルの3種類が一度に見られるのは、全国的にも珍しく、たいへん貴重な場所です。
一番早く飛びはじめるのは体の大きいゲンジボタル。時期が後半に進むにつれて、より小型で光の明滅が早いヘイケボタルが登場してきます。さらに、東日本では珍しい、小さくて可憐なヒメボタルも見ることができます。

3種類のホタルが見られるめずらしい場所

露天風呂から闇夜に光るホタルを観賞

ホタルの見頃の時期に合わせ、温泉街では毎年「ホタル祭り」が行われています。
今年の開催期間は6月20日(土)~7月20日(月)。温泉旅館にゆっくり泊まって、夕食を済ませたら夕暮れの街をそぞろ歩きしながら、ホタル観賞にでかけるのがおすすめです。宿によっては夜道を照らすちょうちんを貸し出してくれるところもありますよ。ホタルは20時から21時頃にかけて多く飛び交います。雨天時には羽を休めることもあるそうですが、ホタルがよく出る場所は時期や種類によっても変わるので、地元の方に尋ねたり、宿で教えてもらったりすれば間違いありません。

期間中は、川沿いのほたる公園入口にある露天風呂「小町の湯」が夜9時まで営業時間を延長します。漆黒の闇に音もなく光を放つホタルの群れは、幻想的でロマンチック。小町伝説の残る美人の湯に浸かりながら、幻想的な光の風景を楽しみましょう。湯上がりには、ドリンクや食べ物が販売される、隣の「蛍茶屋」でひと休みもおすすめです。

【DATA】
小町の湯
[TEL]0238-32-2740(小野川温泉旅館組合)
[住所] 山形県米沢市小野川温泉
[利用時間] 日の出~日没まで(祭り期間中は~21:00) 
[入浴料] 200円(宿泊客には無料チケット配布)
[休] 火曜
露天風呂「小町の湯」
地元の人が愛情を注いで守ってきた天然のホタルは、ひときわ美しく山里の夜空を彩ります。温泉情緒を味わいながら、青白く明滅するホタルの乱舞に出逢う旅。みちのくの短い初夏を逃さずに、小野川温泉を訪ねてみませんか。

小野川温泉ほたるまつり(おのがわおんせんほたるまつり)

山形県

0238-32-2740 (小野川温泉協同組合)

2015年06月20日 (土) ~ 2015年07月20日 (月)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真