ログイン / 会員登録するアカウントを選択

とろ~り甘酸っぱい杏がたっぷり♪ 杏花堂「杏もなか」

332
とろ~り甘酸っぱい杏がたっぷり♪ 杏花堂「杏もなか」
※こちらの記事は2017年3月26日に公開されたものです。

日本一の杏の生産量を誇る長野県千曲市には、杏を使った名産品がたくさん! 数ある名産品の中でも、特におすすめしたいのが今回ご紹介する、信州杏菓子店 長坂製菓 杏花堂の「杏もなか」です。

日本一のあんずを使った和菓子「杏もなか」

日本一のあんずを使った和菓子「杏もなか」
「杏もなか」は信州産の杏をそのまま原材料とし、杏の美味しさがストレートに伝わる和菓子。杏の果肉をペースト状に練り上げ、パリッとしたもなかの皮で包んでいます。ひとくちほおばれば、杏のフレッシュな杏の香りが口の中いっぱに広がりますよ。

日本一の杏の里「長野県千曲市」

日本一の杏の里「長野県千曲市」 毎年4月上・中旬になると、杏の花が開花して山も里も薄紅色に染まる
千曲市に杏がもたらされたのは元禄時代。伊予宇和島藩主伊達宗利侯の息女豊姫が、第三代松代藩主真田幸道侯にお興入れの際、故郷をしのぶよすがにと、杏を植えたのが始まりといわれています。その後、松代藩では殖産のため奨励し、今や全国一位の生産量を誇る「日本一の杏の里」になりました。


季節を問わず、味わいたい

季節を問わず、味わいたい
寒い季節は、あたたかいお茶と一緒に。暑い季節は、冷蔵庫で「杏もなか」を冷やしてからいただくのもよさそうです。信州発の爽やか杏スイーツ、ぜひお試しあれ♪
よむよむカラメル

よむよむカラメル

「よむよむカラメル」は、家族の暮らしを、どんどん楽しくする新しいWEBメディアです。 ふつうのショッピングモールでは、なかなかみつからない手づくりの通販サイト・ユニークな商品の「魅力」を発信しています。

http://pickup.calamel.jp/?ref=cotrip

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真