ログイン / 会員登録するアカウントを選択

スパイスを巧みに使うカレーと居心地良い空間へ

148
スパイスを巧みに使うカレーと居心地良い空間へ
※こちらのお店は現在閉店しております。

他にない刺激的な味わいが楽しめるとカレー好きの間で話題になっている、京都・北区の佛教大学近くにある「CURRY&CAFE JUNAYNA(カレーアンドカフェジュナイナ)北区本店」。オーナー中尾さんが作り上げた空間も評判です。

シンプルな中にこだわりが光る空間

シンプルな中にこだわりが光る空間

大徳寺の西側、市バス・佛教大学前バス停から少し南へ歩くと「CURRY&CAFE JUNAYNA」があります。店名を書いた大きなガラス張りのウィンドウが目印です。
オーナー中尾さんが地元に活気のあるかわいい店をつくりたいとオープン。気に入ったものばかりを集めた店内は、上海の古いレンガを取り寄せてつくった味のあるカウンター席をはじめ、アンティーク調の椅子や照明、センスよく配する植物、スパイスを入れたビンまでもが内装の一部として溶け込み、どこを切り取っても絵になります。

一度食べればまた食べたくなる、とっておきの一皿

一度食べればまた食べたくなる、とっておきの一皿
お店のカレーは、エスニック系とも洋食系とも違い、カレー好きの中尾さんが自分の食べたいカレーを目指して料理人と試行錯誤して作った「スパイスを味わうためのカレー」だといいます。

辛口・中辛・甘口があり、一番人気は辛口の「スパイシーチキンカレー」(800円)。20~30種ものスパイスを独自で配合したルーに、注文が入ってからマスターシードなど数種のホールスパイスをオイルで熱して加えるひと手間が、刺激的かつ深みある辛さのポイントです。また、味のベースとなるブイヨンは野菜のみを使ったやさしい味わいで、その時期一番の素材の旨みが凝縮されています。

ご飯は滋賀県産のお米に黒米を混ぜて炊き上げ、季節によって炊き加減を調整するそうです。付け合わせも赤ワインで染めたらっきょや旬野菜のピクルス、しば漬けなど、食べ頃なものを選び、ルーとの相性を考えて使い分けています。ジュナイナのカレーは、そういった多くのこだわりがつまっている、ここでしか味わえない一皿です。

オリジナルドリンクでゆったりカフェ使いもおすすめ

オリジナルドリンクでゆったりカフェ使いもおすすめ
看板メニューのカレーだけでなく、ドリンクもオリジナリティあるものがそろっています。なかでも「本日のスムージー」(600円)は、アボカドや小松菜、バナナなど、その日あるフレッシュな素材を使うおすすめのメニューです。今回は、オーガニックのいちごを使ったスムージーをいただきました。いちごの果実感とミルクのやさしい風味が溶け合い、スイーツ感覚で楽しめます。ドリンクはカレーと一緒に注文すれば100円引きとお得ですよ。

現在はカウンター4席、テーブル6席の店内ですが、より多くの方に来てもらえるよう、今年の夏頃に店舗スペースを拡大するとか。スイーツメニューも新たに考案中なので、カレー好きはもちろん、居心地のいいカフェとしても更に多くの人に愛されるお店になりそうです。今後の展開にも注目ですね。

CURRY&CAFE JUNAYNA 北区本店(カレーアンドカフェ ジュナイナ キタクホンテン)

京都府 京都市北区紫野大徳寺町26-17-1 梶田ビル1F MAP

075-200-4578

11:00~23:00

無休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真