ログイン / 会員登録するアカウントを選択

カフェでも居酒屋でもない、完全に家庭料理のお店。清澄白河「山食堂」【街とお店のおいしいはなし。#1】

834
カフェでも居酒屋でもない、完全に家庭料理のお店。清澄白河「山食堂」【街とお店のおいしいはなし。#1】
※こちらの記事は2017年3月31日に公開したものです。

清澄白河駅から歩いて3分。資料館通りに面した大きなガラス戸の向こうに、打ちっぱなしのコンクリートの壁、古家具の戸棚と橙色に照らされた酒瓶がずらりと並ぶカウンターが見えます。「いらっしゃいませお待ちしていました」と、サービス担当の矢沢路恵さんがいつものように迎えいれてくれます。
はじめまして。白方はるかです。 ふだんは編集の仕事をしていてみんなから「鳩さん(@tyore )」と呼ばれています。これから数回にわたって女の人が夜に立ち寄りたくなる"心地よいお店”を文とイラストで紹介していきますのでよろしくお願いします。

さて今日は、わたしの住んでいる街・清澄白河にある『山食堂』を紹介します。この街に引っ越してきてから1年経つのですが、ほぼ毎月通っているおきにいりのお店です。

全国の選りすぐりのお酒と国産の旬の食材を堪能できるお店

全国の選りすぐりのお酒と国産の旬の食材を堪能できるお店 サービス担当の矢沢路恵さん
「わたしたちはこの店の2代目で、もともと前の山食堂の店主が大好きで手伝っていたんです。彼女はとても美人で強い人。でも決して自慢などしない謙虚さのある女性でした」そうお話しするサービス担当・路恵さんも、凛々しくて芯のある女性。いつもきびきび切り盛りしていて、お話する言葉には迷いがありません。
パートナーでお料理担当の山谷知生さん
山食堂では、路恵さんが全国から選りすぐったお酒を提供し、パートナーの山谷知生さんが、国産の旬の食材をふんだんに使ったお料理を作っています。

昼は観光のお客さん、夜は地元のお客さんで常に満席

昼は観光のお客さん、夜は地元のお客さんで常に満席
お店は、だいたい水曜日から日曜日の夜にオープンします。

「今までずっと飲食業界で働いてきたから土日の休みって何やったらいいのかわからなくて。だからランチもあけているんですけど、けっこうお客さんが来てくださるんです」

たしかに、ここ2年ほどコーヒーとアートの街として盛り上がっている清澄白河。土日のランチタイムは観光のお客さんが多く訪れます。
しかし夜は一転。静まり返った通りにぽつりと灯る明かりのもと地元の常連さんたちが続々と訪れます。「予約してくださるとき直接お店に来てくれる人も多くて、それがうれしいんです」と路恵さん。かく言うわたしも直接お店に訪れて予約することがあります。

目にも舌にも驚かされる料理とお酒の組み合わせ

目にも舌にも驚かされる料理とお酒の組み合わせ 南蛮漬けやポテトサラダの「おそうざいの盛り合わせ」
一度食事をすれば、地元の人たちが多く訪れる理由が分かるはずです。まずお料理が、どれも鮮やか。「スモーク帆立と金柑のサラダ」「鰆の幽庵焼き」「おそうざいの盛り合わせ」旬の野菜や魚や肉が、思いもよらない組み合わせで現れるので目にも舌にも驚かされます。
個性の異なる日本酒3種の飲み比べ
それからドリンク。お酒の強い人も苦手な人も、みんなが楽しめる豊富なメニューです。その中からお料理に合うものを、親しい友だちを紹介するように路恵さんが教えてくれます。わたしはお酒が大好きなので、いつも「日本酒3種類」を注文します。清澄白河にあるお店のなかでは珍しい、日本酒の飲み比べができるのもうれしいポイントです。

「自分たちの好きなもの」を貫く強さ

「自分たちの好きなもの」を貫く強さ 薬味がたっぷりのっかった「唐揚げ」
「よく”こんなメニューありませんか?”と聞かれるけど流行には興味がなくて。自分たちの好きなものしか出さないし、それが合わないのであれば他のお店へ行ってくれたらいい。何千何万とあるお店の中で1軒くらいこういうスタイルの店があってもいいと思うんです」
お酒に合う「おまかせおつまみプレート」
山食堂には世間に流されない確固たる”おいしさの定義"があるから、ハッキリと食事が記憶に残るのかもしれません。
その信念は、路恵さんが毎日書きかえている手作りのメニューからも伝わってきます。生きのいい文字が並ぶメニューは、まるで手紙のようにも見えます。

手作りだからこそできる「手間を惜しまない仕事」を大切に

手作りだからこそできる「手間を惜しまない仕事」を大切に
「手作り」といえば、山食堂のショップカードは活版印刷で作られたもの。なぜあえて活版印刷なのか気になって聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

「わたしの父は活版印刷を仕事にしていたので、子どものころから活版印刷にとても馴染みがあって。その後、都内で活版印刷をしている人をたまたまみつけて、ショップカードを作ってもらっています。活版印刷だから良いというわけではないけれど、父のような”手間を惜しまない仕事"を継いでいる人を応援したいし、いいモノには情熱を注ぎたい想いがあるんです」
都内で活版印刷をしている人を偶然みつけて、ショップカードを作ってもらうことに
ショップカードに印刷された「完全に家庭料理の店」の文字。山食堂はカフェとか居酒屋とか和食とか洋食とか...そういうくくりの中にあるお店ではなく、あたたかい人のつながりとおいしい食材との出会いの真ん中にある場所なんだと改めて気付かされました。純粋に心から「おいしい!」と感動できる料理とお酒に出会える山食堂。清澄白河へ訪れた際には、ぜひ訪れてみてください。

山食堂(ヤマショクドウ)

東京都 江東区三好2丁目11−6 MAP

12:00~14:00(土日のみ)、17:30~21:00

不定休

山食堂

白方はるか

白方はるか

1988年生まれ、清澄白河在住。ビールと日本酒が大好きな編集者・ライター。ふだんはGMOペパボ株式会社のWebメディア『よむよむカラメル』(http://pickup.calamel.jp/ )をはじめEC事業部のPRディレクターとして活動中。『街とお店のおいしいはなし。』ではイラストも担当。

http://pickup.calamel.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真