ログイン / 会員登録するアカウントを選択

桜餅味や抹茶味も!京都らしい和の味が楽しめる、ふわふわ綿菓子スタンド「ジェレミーアンドジェマイマ」

803
桜餅味や抹茶味も!京都らしい和の味が楽しめる、ふわふわ綿菓子スタンド「ジェレミーアンドジェマイマ」
※こちらの記事は2017年5月7日に公開されたものです。

京都の祇園エリアにある「JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)」は、色とりどりの大きなわたあめが話題の綿菓子スタンド。桜餅や抹茶など、京都らしい“和の味”を楽しむことができ、週末には朝早くから長蛇の列が。かわいいわたあめを目指して、多くの人が足を運んでいます

観光地で出合う、新しい和菓子

観光地で出合う、新しい和菓子
京阪祇園四条駅から10分ほど歩くと現れる「ジェレミー アンド ジェマイマ」。近くには八坂神社や、縁切り神社として有名な安井金毘羅宮などがあり、観光客も多く訪れる場所です。このエリアに2016年8月にオープンしたのがこちら。もともとオーナーの椿森さんが、「京都の街並に彩りを生む仕掛けを作りたい」と、考えついたそう。

京都の味をわたあめで実現

京都の味をわたあめで実現
台湾で大きなわたあめが流行っていましたが、日本ではほとんど専門店がなかった数年前、椿森さんは“京都らしい味”をヒントに、和菓子の定番「桜餅」「黒蜜きな粉」「抹茶」(各600円)の3種類を作ることに。

口にした時に本物と同じような味わいを感じてもらおうと、風味を豊かにするために、ザラメを開発するところからはじまりました。

ひと口食べると広がる、ほのかな塩味や苦み

ひと口食べると広がる、ほのかな塩味や苦み
綿菓子と聞くと甘い味のイメージが強いですが、「ジェレミー アンド ジェマイマ」の綿菓子は、まるで本当の桜餅や抹茶を口にしているような味わい。本物の味に近づけようと、桜餅の葉を粉末にして上からかけたり、京都産の抹茶の茶葉の粉末をかけているためなんです。桜餅ならではの塩味が効いた甘さや、お茶の渋みがふんわり効いた抹茶は、縁日で食べるわたあめとは少し違った、大人な印象の味を堪能することができます。
現在は「梅干し」や「柚子」、「紅茶」「ほうじ茶」(各600円)など、和の味を中心に全9種を販売中。観光客はもちろんですが、地元の人からも「新しい京都土産」として親しまれています。

店内でゆっくりいただける「wata-hako」(900円)

3月下旬には2号店の「JEREMY&JEMIMAH.古川町商店街 」もオープン。自家製ドライフルーツやナッツ、ハーブを使って彩った、箱に詰めた綿菓子「wata-hako」を店内でいただくことができます。

古川町商店街のテイクアウトは「wata-hana」(600円)
かわいいわたあめを片手に散策も良し、店内でゆっくり味わうのも良し。気分に合わせて好きな店舗へ訪れてみてください。

JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)

京都府 京都市東山区下弁天町51-4 MAP

090-7357-3825

11:00〜17:00

なし

JEREMY&JEMIMAH

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真