ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【海外一人旅特集】⑤女性一人旅におすすめの都市[アメリカ・ヨーロッパ編]

160
【海外一人旅特集】⑤女性一人旅におすすめの都市[アメリカ・ヨーロッパ編]
※こちらの記事は2015年7月2日に公開されたものです。
女性が一人で旅をするなら、比較的治安がいいのはもちろんのこと、公共交通機関や徒歩で街の中を移動できたり、美味しいものやかわいいものが充実していることも欠かせません。そこで、女性が一人で楽しめる都市を旅行ライターの松岡絵里さんに教えてもらいました。今回は、アメリカ・ヨーロッパのおすすめ都市をご紹介します。

やっぱり一度は行っておきたい花の都パリ(フランス)

やっぱり一度は行っておきたい花の都パリ(フランス) (c)松岡絵里
女性の一人旅の行き先として、やはりパリは外せません。地元の人が通うマルシェでは、ただ野菜が並んでいるだけでなんだかおしゃれに見えてしまうから不思議です。

「観光客が多かったり、意外と汚なかったりとがっかりする瞬間もありますが、それでもセーヌ川のほとりで愛を語る絵になるカップルや、色とりどりの野菜がなぜか抜群におしゃれに見えるマルシェなど、「さすがパリ!」と感じる光景も多いです。甘いもの好きなら有名スイーツ店を訪ねたり、スーパーマーケットでかわいい雑貨や美味しいものを探すのもおすすめ」(同)。

「ラデュレ」のマカロンや「アラン・デュカス」のチョコレートなどの高級スイーツ、スーパーマーケットの「モノプリ」で雑貨や食材を買うのも、パリならではの楽しみ。ちなみに、松岡さんはパリへ行った時には、帰る直前にスーパーに寄り、「ボンヌ・ママン」のジャムや「ボルディエ」や「エシレ」のバター、「ブルサン」のチーズなどを購入するそう。

また、パリから行ける地方都市にも足を延ばして、フランスの田舎とパリの違いを感じてみるのもおすすめだとか。パリから20分程度で行ける行楽地サン・ジェルマン・ア・レーや、バラの産地として有名なプロヴァンはパリから1時間半程で行くことができるそう。もう少し日程に余裕があるなら、スペインとの国境付近にあるアキテーヌ地方も、ワインの産地として知られるボルドーをはじめ、見所が多いですよ。
(c)松岡絵里

素朴な雰囲気とグルメを満喫したいリスボンとポルト(ポルトガル)

路面電車のトラムが行き交う風景で知られるポルトガルの首都リスボン、旧市街が世界遺産に登録されているポルトガル第2の都市ポルトは、ヨーロッパの素朴な雰囲気を楽しめます。人も気さくで観光地化されすぎていない魅力があります。

「豊富な魚介類を使ったポルトガル料理は日本人でも食べやすい味。エッグ・タルトなどのスイーツも充実しています。ポルトは甘いデザートワイン「ポルトワイン」の産地で、ワイナリー巡りも楽しみのひとつです」(同)。

日本ではエッグ・タルトとして知られるパステル・デ・ナタや日本のカステラの原型と言われているパン・デ・ローなど、日本人になじみやすいスイーツが多いのも、女性にはうれしいところですね。

素朴な雰囲気とグルメを満喫したいリスボンとポルト(ポルトガル)(c)松岡絵里
(c)松岡絵里
(c)松岡絵里

オーガニックな文化が根付いたサンフランシスコ(アメリカ)

オーガニックな文化が根付いたサンフランシスコ(アメリカ)
ケーブルカーが坂道を行き来する風景で知られているサンフランシスコは、アメリカの都市の中ではコンパクトで、車が無くても楽しめる数少ない都市。

「街歩きのしやすさはもちろん、独自のカルチャーが根付いているので、文化系女子におすすめです。オーガニック系のコスメや雑貨、食材などを扱うお店や古着屋さんなども充実していて、買い物も楽しいです」(同)。

アメリカの中でもオーガニックな都市として知られるサンフランシスコ。有機食材を使ったレストランやオーガニック系のスーパーマーケット、週末に開催されるファーマーズマーケットを訪ねてみるのもいいかもしれません。また、最近日本でも話題の「ブルー・ボトル・コーヒー」をはじめ、サードウェーブ系コーヒーショップが充実。独自のカフェ文化が根付いています。

中世の雰囲気を残すアドリア海沿岸の都市ドゥブロヴニク(クロアチア)

中世の雰囲気を残すアドリア海沿岸の都市ドゥブロヴニク(クロアチア)
「アドリア海の真珠」と呼ばれるクロアチアの都市ドゥブロヴニクは、ジブリ映画『紅の豚』のモデルになったと言われることでも知られている美しい街並みを残しています。ユーゴスラビア内戦で破壊されながらも、市民の手によって再建されたもの。

「アドリア海の青い海とオレンジ色の屋根の対比が美しい旧市街の街並みは、中世の雰囲気をそのまま残しています。城壁に囲まれた美しい街並みを遠くから眺めたり、迷路のように入り組んだ旧市街の中を歩くのも楽しいです」(同)。

時間があれば、ドゥブロヴニクからモンテネグロのコトルに足を延ばすのもおすすめとのこと。海岸線にそってバスで移動することができます。コトル湾の静かな場所に位置するコトルは人口13,000人ほどの小さな街ですが、旧市街は古い建物が数多く残り、11世紀頃に建てられた美しい大聖堂など、見どころが多い街です。

雑貨、コスメ、スイーツ、カフェなどなど、自分が興味のあるジャンルを絞って目的地を選べば、より充実した一人旅にできそうですね。

次回は「おすすめの都市・アジア編」をお届けします。お楽しみに。
取材協力/松岡絵里さん

取材協力/松岡絵里さん

ライター/編集者。学生時代に旅に目覚め、新婚旅行で初めて海外に行く夫と共に、607日間かけて世界一周する。そのときの様子を収めた「世界一周デート」(幻冬舎刊)や、世界各地の市場を紹介した「世界の市場」(国書刊行会)などの著書がある。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD