ログイン / 会員登録するアカウントを選択

信州・安曇野の緑に囲まれたカフェで、手打ちそばを

218
信州・安曇野の緑に囲まれたカフェで、手打ちそばを
長野県安曇野市にある「そばカフェLa Rayonne Vert(レイヨンヴェール)」では、庭園のあるテラス席で、本格的な手打ちそばを味わうことができます。優雅な雰囲気でそばなんて、信州ならではの楽しみ方です。

木立の中にひっそりとたたずむカフェ

木立の中にひっそりとたたずむカフェ
安曇野は、北アルプスを望む自然豊かな避暑地。
美術館が多く、美術館めぐりは人気の観光ルートです。そのひとつ「安曇野ジャンセン美術館」の敷地内にカフェ「レイヨンヴェール」はあります。レンガ造りの建物は、ミュージアムカフェらしい瀟洒なたたずまい。テラス席で緑を眺めていると、鳥のさえずりが聞こえてきます。
美術館の来館者以外でも利用できる。テラス席はペットも可
こちらはカフェには珍しく、そばをメインにした料理やスイーツがいただけるお店。
とくに安曇野は、名産地として有名です。美術館を訪れた人からも、よい店を教えてほしいという問い合わせが多かったといいます。そこで店長自らがそば打ちの勉強を始め、メニューに加えることにしました。今ではこの手打ちそばを目当てに、地元の人も足を運ぶようになっています。

女性好みの細く上品なそば

女性好みの細く上品なそば そばは売り切れ次第終了
女性店長の打つそばは繊細でつややか。おしゃれなカフェにふさわしく、見た目も美しい仕上がりです。ひと口すすれば、そばの香りがふわっとのぼり、心地よくのどをすべります。
この風味を最大限に引き出すため、そばの挽き加減、粉にする皮と実の配分には試行錯誤を繰り返したのだとか。そば粉は100%、安曇野の農家から。わさびも安曇野産というこだわりよう。
カフェとはいえ、専門店顔負けの味わいです。

安曇野産野菜の甘みがみずみずしい

安曇野産野菜の甘みがみずみずしい 旬の野菜を仕入れるため、種類は毎日変わる
おすすめのランチは、ぶっかけそばに、蒸し野菜のサラダとそば粉を使った日替わりの一品、お替わり自由のドリンクのセット(1250円)です。
色鮮やかなサラダに入る野菜は10種類以上。ほぼ安曇野の朝採れ野菜とのことで、新鮮さはこの上なし。「野菜ってこんなにおいしかったっけ」と思わずうなるサラダです。
そば粉を使った一品は日によって異なり、取材日はジャガイモとベーコンのケークサレでした。甘さ控えめでサラダのおいしさを引き立てています。

毎日焼き上げる手作りケーキ

毎日焼き上げる手作りケーキ ケーキは約5種類のなかから選択できる
ランチにプラス350円で付けられる、そば粉の手作りシフォンケーキもぜひ味わいたい一品。飽きのこない風味とふんわり食感が魅力です。
せっかく信州に来たならそばづくし、というのもいいものですよ。

安曇野サイクリングの休憩に立ち寄ってみて

「レイヨンヴェール」へのアクセスは、JR大糸線穂高駅発の「あづみ野周遊バス」を利用して約30分。
安曇野をより満喫するなら、穂高駅から美術館までレンタサイクルがおすすめ。カフェへ向かう坂道を振り返れば山々が遠くに見え、気分爽快です。
今年の夏は、涼しい安曇野でそばとアートを楽しんでみてはいかがですか?

そばカフェLa Rayonne Vert(そばカフェレイヨンヴェール)

長野県 安曇野市穂高有明4018-6 MAP

0263-83-3668

9:00~17:00(4~11月)、10:00~16:00(12月~3月)

火曜(祝日、8月は無休)

そばカフェLa Rayonne Vert

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真