ログイン / 会員登録するアカウントを選択

都内から日帰り旅♪ 長瀞で流しそうめん体験はいかが?

163
都内から日帰り旅♪ 長瀞で流しそうめん体験はいかが?
現在発売中のことりっぷマガジン夏号から、自然あふれる埼玉・長瀞での“ひんやり美味なる夏体験”をご紹介。清々しい空気の中で、大人の夏休みを楽しみましょう。

ことりっぷマガジンは、心うるおう沖縄の森カフェ・海カフェの紹介や、日本の夏と美の特集など、夏のおでかけにぴったりな情報が満載です。

流しそうめんを味わいに、埼玉・長瀞の渓谷沿いへ

東京都内から電車に揺られて約2時間。大自然の中で流しそうめんを楽しもうとやって来たのは、荒川の清流と豊かな森や山に囲まれた水と緑の里、埼玉県の長瀞です。

さっそく今年創業100年を迎える老舗旅館「花のおもてなし 長生館」へ。こちらでは夏季限定で、雄大な長瀞渓谷を見渡す特等席で流しそうめんが味わえます。
眼下には目にも涼しい荒川が流れ、吹き抜ける川も心地よく、清涼感がよりいっそう増していくようです。

流しそうめんを味わいに、埼玉・長瀞の渓谷沿いへ
そうめんは地元の製麺所から取り寄せていて、奥秩父の山々から流れ出る澄みきった天然水を使用しているので、おいしさも格別。ときにはデザート代わりに地元の農家で採れるミニトマトが流れてくるなんてことも。
流しそうめんは1000円で食べ放題。時間制限もないので心ゆくまで楽しめますよ。

せせらぎに耳を傾けながら涼やかな景色を眺め、冷たいそうめんをすする、美しい自然に恵まれた長瀞だからこその贅沢な涼体験が楽しめます。


○花のおもてなし 長生館(はなのおもてなしちょうせいかん)
[所]埼玉県長瀞町長瀞449
[TEL]0494-66-1113
[時間]流しそうめん処11:00~15:00(7月12日までの土・日曜、7月18日~8月31日は毎日、
9月5日~10月12日は土・日曜、祝日のみ営業)
[料金]1000円
[アクセス]秩父鉄道長瀞駅から徒歩3分

涼しい水辺でくつろいで、森林浴でリフレッシュ

涼しい水辺でくつろいで、森林浴でリフレッシュ

流しそうめんを楽しんだあとは、周辺を散策しましょう。
長瀞のシンボルといえるのが、荒川が悠々と流れる長瀞渓谷です。穏やかな流れ〝瀞とろ〞が長く続いていることが「長瀞」の地名の由来なのだとか。

涼しい川辺の木陰に腰かけ、カヌーやラフティングのボートを見送りながらゆったりした渓流を眺めていると、心がほどけて開放的な気持ちになっていくのを感じます。

ロープウェイにのって空中散歩

ロープウェイにのって空中散歩

水辺で涼をとるだけでなく、のんびり森林浴ができるのも長瀞の魅力。荒川をあとにして、緑深い宝登山へ向かいます。
標高約497mの宝登山頂まではロープウェイに乗って約5分。長瀞の街と遠くまで連なる山々が見晴らせ、澄んだ空気を吸い込んで気分も爽快。周辺では四季折々の花も目を楽しませてくれます。

山から下りてきたら、長瀞駅から続くレトロなムードの商店街を食べ歩きもおすすめです。

少し足をのばせば、非日常の気分が味わえる埼玉・長瀞で、豊かな自然に触れてリフレッシュしませんか。

○宝登山ロープウェイ(ほどさんロープウェイ)
[所]埼玉県長瀞町長瀞1766-1
[TEL]0494-66-3421
[時間]9:40~16:30(時期により変動あり) 無休
[料金]片道480円、往復820円
[アクセス]秩父鉄道長瀞駅から徒歩20分

ことりっぷマガジン夏号

ことりっぷマガジン2015年夏号発売中

特集「こころうるおう 沖縄の森カフェ、海カフェへ」。

ことりっぷマガジンの詳細はこちら
Amazonでの購入はこちら

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真