ログイン / 会員登録するアカウントを選択

絵になる風景を求めて…長野県山ノ内町へ。湯田中温泉と雲海旅

933
絵になる風景を求めて…長野県山ノ内町へ。湯田中温泉と雲海旅
古い歴史を感じさせるレトロな温泉街や雲海が一望できる竜王山頂「SORA terrace(ソラテラス)」など、魅力的なフォトスポットがたくさんある緑豊かな街、長野県山ノ内町。

新幹線と長野電鉄の特急列車を乗り継げば、東京から約3時間で到着でき、週末の小旅行にもおすすめのエリアです。カメラを片手に町をぶらりおさんぽしてみませんか?

到着後は「CHAMISE」の地元食材のスイーツでひと休み

到着後は「CHAMISE」の地元食材のスイーツでひと休み 氷は入れず凍らせた果物で作るシェイクは濃厚な味わい。左から「りんご王国スペシャル」(810円)、「関谷醸造場の甘酒&いちご」(730円)、「山ノ内のブルーベリー&豆乳」(810円)
長野県山ノ内町に到着したら、まずは2017年7月にリニューアルオープンしたカフェ「CHAMISE(チャミセ)」でひと休み。こちらは湯田中駅から徒歩2分ほどの位置にあり、地域の旅行情報も得られるお店です。

店内を彩る信州のフルーツをイメージしたカラフルなインテリアが旅の気分を盛り上げます。
旅のワクワク感が高まる店内。ドリンクはテイクアウトもOK。左上から「BERRY&BERRY FRENCH TOAST」(890円)、「CHAMISE SPECIAL FRENCH TOAST」(1150円)
地元の味噌蔵で作られた甘酒をフルーツと組み合わせたシェイクや、地元食材を使ったスイーツと食事系のフレンチトーストなどを味わいながら、次に向かう場所を決めてみてはいかがでしょうか。

CHAMISE(チャミセ)

山ノ内町平穏2997-4MAP

0269-38-8989

11:30~18:00

月曜

CHAMISE

風情のある湯田中渋温泉郷を散策しましょう

風情のある湯田中渋温泉郷を散策しましょう レトロな雰囲気がノスタルジックな気分を誘う湯田中の街並み
俳人・小林一茶もこよなく愛した湯田中渋温泉郷。レトロな雰囲気たっぷりの温泉街には、町の名物である猿をモチーフにした街灯などフォトスポットがたくさん♪ カメラを片手にぶらりとお散歩しましょう。
歴史ある旅館のほか、外湯や足湯、サルの街灯などフォトスポットが満載
湯田中温泉から、映画『千と千尋の神隠し』のモデルのひとつと噂される老舗旅館「歴史の宿 金具屋」などがある渋温泉へは、自転車での移動がスムーズ。湯田中駅の裏にある温泉「楓の湯」で、無料の電動アシスト自転車を借りて出かけましょう。

絶景に感動♪ 雲海が一望できる「SORA terrace」へ

絶景に感動♪ 雲海が一望できる「SORA terrace」へ 夏の夕立のあとは雲海が見られる絶好のチャンス。ぜひ足を運んでみて
夕暮れが近づいてきたら、ロープウェイで竜王山頂の「SORA terrace」へ。こちらは思わず写真を撮らずにいられない山ノ内町屈指の絶景スポット。北アルプスに沈む夕日と雲海を一望することができます。

テラスにはカフェを併設。地元名産のネマガリダケが入ったクリーミーなスープを、雲海に見たてたパイで包んだ「雲海パイ包みスープ」や、オリジナルの雲海マシュマロを浮かべた「雲海マシュマロ入りSORA珈琲」など、ここでしか味わえないメニューを味わってみて。

手前から「雲海マシュマロ入りSORA珈琲」(650円)、「雲海パイ包みスープ」(750円)

SORA terrace(ソラテラス)

山ノ内町夜間瀬11700 北志賀竜王マウンテンパーク内MAP

0269-33-7131

9:00~19:00(グリーンシーズンは6月3日~11月5日)、ロープウェイは20分間隔で運行(上り最終乗車18:40、下り最終乗車19:00、ロープウェイ往復乗車料金2200円)

期間中無休

SORA terrace

クラフトビールが充実♪ 長野の発酵文化が味わえる「HAKKO」

クラフトビールが充実♪ 長野の発酵文化が味わえる「HAKKO」 古い建材をアレンジしておしゃれなレストランに。奥には個室がある
ディナーは、8つの発酵食品と信州の地元食材をふんだん使ったメニューが楽しめる古民家レストラン「HAKKO(ハッコー)」がおすすめ。ゆったりくつろげる店内は、かつて青果店だった場所をリノベーションしたもの。

発酵食品のひとつ、クラフトビールは20種類以上用意。生ビールも地元産を含め3種類あります。塩麹に漬けこんだ柔らかな食感が魅力の「信州産ハーブ鶏のグリル しょうゆ豆ソース」など、ビールと相性抜群の料理とともにどうぞ。

手前から「信州産ハーブ鶏のグリル しょうゆ豆ソース」(918円)、「野菜ときのこのせいろ蒸し~発酵ディップ~」(864円)、「志賀高原ビール」(各700円~)など

HAKKO(ハッコー)

山ノ内町平穏3010MAP

0269-38-8500

11:00~14:30、18:30~22:30(11~3月は17:00~22:30)

月曜

HAKKO

一日の疲れを癒してくれる、「華灯りの宿 加命の湯」へ

一日の疲れを癒してくれる、「華灯りの宿 加命の湯」へ 和紙のアートランプと和傘がロマンティックなムードの露天風呂
2017年2月にオープンした「華灯りの宿 加命の湯」。すべての部屋から中庭が望め、夜は手すき和紙のアートランプによる幻想的な雰囲気を楽しめます。

また、「命を加える」と謳われた内湯と露天風呂のほか、創業200年の歴史を誇る老舗旅館「よろづや」の桃山風呂、地元の人たちも通う外湯の「大湯」なども利用できますよ。
客室は6室のみ。広々としたロビーや庭園、心のこもったおもてなしに癒されて
地元のおいしいものを一度にいただける朝食も楽しみのひとつ。温泉とあたたかいおもてなしが、旅の疲れを癒してくれます。

華灯りの宿 加命の湯(ハナアカリノヤド カメイノユ)

山ノ内町平穏3174MAP

0269-33-1010

IN15:00 OUT10:00/1泊朝食付き9504円~(2名1室1名あたり)

華灯りの宿 加命の湯

「ルーフトップジャパニーズバー 雪月花」で夏の夜空を満喫

「ルーフトップジャパニーズバー 雪月花」で夏の夜空を満喫 北斎の絵が飾られ和モダンな店内。掘りごたつの席でくつろげる
湯田中温泉の人気宿のひとつ「あぶらや燈千」。こちらの8階屋上に昨年12月「ルーフトップジャパニーズバー 雪月花」がオープンしました。

開放感溢れるウッドデッキのオープンスペースに、夏は野点傘、冬はかまくら型のドームをしつらえた開放的な屋上で、葛飾北斎の浮世絵と四季を感じながら和モダンな雰囲気の中、信州のお酒を楽しめます。

夜間瀬川のせせらぎをBGMに、山々に囲まれた湯田中の夜景を見ながら、信州ならではの地酒やワイン、ジュースをいただきましょう。

信州産のワインを豊富に揃え、グラスで気軽に楽しめる

ルーフトップジャパニーズバー 雪月花(ルーフトップジャパニーズバー セツゲツカ)

山ノ内町佐野2586-5 あぶらや燈千8階(屋上)MAP

0269-33-3333

20:00~22:30/チャージ料 宿泊者無料、宿泊者以外540円

無休

ルーフトップジャパニーズバー 雪月花

長野・山ノ内町へ行こう♪カメラ好きな女性を対象に無料モニターツアーを限定 20名 募集中!

長野・山ノ内町へ行こう♪カメラ好きな女性を対象に無料モニターツアーを限定 20名 募集中!
雲海やレトロな温泉街、地元のグルメなど、思わず写真を撮りたくなるスポットやモノに出会える長野・山ノ内町。そんな山ノ内町をカメラを持って、散歩してくれる方を、ただいま募集中です。ここでしか見られない絶景やレトロな温泉街を撮影してみませんか?

日程:2017年10月21日(土)~10月22日(日)※1泊2日になります

<無料モニターツアーに含まれる内容>
東京からの往復バス、華灯りの宿 加命の湯の宿泊(朝食付き)、ソラテラスの往復ロープウェイ往復乗車券
※宿泊は相部屋(3~4名)になります。

【申し込み方法】
件名に「モニターツアー希望」と書いて、問い合わせ先のアドレスまでご連絡下さい。モニターツアーの詳細などもご案内します。

<メールに記載頂く内容>
お名前、メールアドレス、電話番号、参加希望人数 ※複数の場合は、参加希望のすべての方のお名前と連絡先を記載下さい。

申込期限:2017年9月25日(月)
※抽選の上で、9月29日(金)までにご連絡します。

お問い合わせ:info@wakuwaku-yamanouchi.com
提供:WAKUWAKU やまのうち

■リーズナブルなバスツアーも運行開始(2017年9月~)
往復バス、長野電鉄1日乗車券、宿泊がセットになって、9,800円~

http://travel.willer.co.jp/tour/campaign/yudanaka/

「華灯りの宿 加命の湯」の宿泊者には、オリンパス「TG-4 Tough」の無料貸出(無料貸出期間はチェックアウト当日まで)も行なっています。撮った写真データは、スマホに転送できます。問い合わせ:0269-33-1010(華灯りの宿 加命の湯)
WAKUWAKU やまのうち

WAKUWAKU やまのうち

「WAKUWAKUやまのうち」は、若者が中心となって、「観光」と「まちづくり」の視点で 新たな地域イノベーションを起こしていきます。「観光」では、山ノ内町にある観光資源に新たな価値を生み出し、滞在型観光の基盤を創り出していきます。魅力あるプロモーションしていく中で、世界中から注目される「やまのうち」を目指します。「まちづくり」では、地域・世代間の枠を超えた協力により、そこに住む人たちが笑顔あふれる町を共創していきます。

http://wakuwaku-yamanouchi.com/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD