ログイン / 会員登録するアカウントを選択

マフィン専門店から隠れ家カフェまで。注目エリア・蔵前で立ち寄りたいこだわりのお店5選

471
マフィン専門店から隠れ家カフェまで。注目エリア・蔵前で立ち寄りたいこだわりのお店5選
東京のイーストサイドならではの開放的な雰囲気にひかれ、拠点を構える若手クリエイターも増えている東京の下町・蔵前。おいしいものがいただけるお店も続々オープンしている注目のエリアです。今回はそんな蔵前から、こだわりのスイーツやお茶、コーヒーなどを楽しめるお店を4つご紹介。さんぽや買い物の途中でぜひ立ち寄ってみてくださいね。

訪れるたびに新しい味に出会える「デイリーズ・マフィン」

訪れるたびに新しい味に出会える「デイリーズ・マフィン」 小さなカウンター席があり、イートインもできる
蔵前駅A1出口すぐ、青と白のストライプのひさしが可愛らしい「デイリーズ・マフィン」は夫婦で営むマフィンの専門店。店名の通り「日常的にマフィンを食べてほしい」という思いから、プレーンマフィン以外は毎週味が替わります。これまでに作ったマフィンはなんと約700種類。しかも同じ味が再び出ることはほとんどないというから驚きです。

「デザートマフィン」と 「おかずマフィン」がショーケースに毎日20種類ほど並び、夕方には売り切れてしまうものも。早めの時間の来店がおすすめです。

デイリーズ・マフィン(デイリーズマフィン)

台東区蔵前2-3-1-101 MAP

03-3865-4451

月〜金曜8:00〜、土曜11:00〜※なくなりしだい終了

日曜・祝日

デイリーズ・マフィン

日本茶をギフトに。「ナカムラ ティー ライフ ストア」

日本茶をギフトに。「ナカムラ ティー ライフ ストア」 インテリアとしても使える人気の「茶缶」シリーズ(1400円~)
蔵前駅から歩いて4分ほどの住宅街にある「NAKAMURA TEA LIFE STORE(ナカムラ ティー ライフ ストア)」。1919年から続く静岡県藤枝市の茶農園「中村家」の4代目と幼なじみのデザイナーがオープンした直営店です。海外への輸出が多かった1900年代初頭のデザインを参考にしたというスタイリッシュなパッケージは、プレゼントにもぴったり。

市内に3ヶ所保有する農園で有機無農薬で大切に育て、製茶加工まで一貫して行うお茶は、園によって味が違う4種類の煎茶のほか、玄米茶、ほうじ茶、くき茶など。お湯の温度や茶葉の量、淹れる時間などをわかりやすくレクチャーしつつ、試飲もさせてくれます。

NAKAMURA TEA LIFE STORE(ナカムラティーライフストア)

台東区蔵前4-20-4MAP

03-5843-8744

12:00〜19:00

月曜

NAKAMURA TEA LIFE STORE

独特の空間でくつろげる「フロム アファー倉庫01」

投稿が削除されました。

蔵前駅から7分ほど歩いた隅田川東岸にある「from afar(フロムアファー)倉庫01」は、カフェと雑貨店、ギャラリーが一体となったお店。元倉庫をリノベーションした独特の雰囲気の店内で、コーヒーやスイーツ、中国茶などをゆったりと楽しめます。

from afar 倉庫01(フロムアファーソウコゼロイチ)

墨田区東駒形1-1-9MAP

火〜日曜12:00〜 19:00 (L.O.18:30)

月曜※ほか不定休あり


心も体も温かく満たされる「マノカフェ」

arinko-m arinko-m
manocafe

イチゴのパフェ@manocafe

蔵前にあるカフェです。
パフェは、グラノーラ、バニラアイス、シャンティなどが折り重なっていて、ひとすくいで幸せいっぱいになります(*´∇`*)
紅茶は三重県の伊勢紅茶。日本一ミルクティーに合う茶葉だそうです。

#春の気配 #蔵前 #カフェ #ティータイム #パフェ #いちご #紅茶

17
蔵前駅から徒歩10分、隅田川を渡った先にある「mano cafe(マノカフェ)」。国内各地のおいしいものを集めたフードやドリンクメニューを、お茶やランチでゆったり味わえます。長く愛用できるアイテムを集めた雑貨店も併設。イベントやワークショップも開催され、さまざまな楽しみ方ができるお店です。

mano cafe(マノカフェ)

墨田区本所1-20-5MAP

03-6658-5863

火〜土曜11:00〜18:00(〜17:00L.O.)

日曜・月曜


いかがでしたか?

今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、美味しいスイーツやドリンクを楽しめる蔵前のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD