ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【暮らすように旅する】Airbnbで見つけた地元と人とゆるやかにつながる旅。せとうち・海辺の家へ

86
【暮らすように旅する】Airbnbで見つけた地元と人とゆるやかにつながる旅。せとうち・海辺の家へ
「現地の日常を体感する、あたらしい旅」。
その土地の食や文化、風景、流れる時間を身近に感じ、現地の人たちとふれあう、新しい旅のスタイルを提案するAirbnb(エアビーアンドビー)。「空いている部屋や家」と「泊まりたい人」をつなぐサービスで、世界191か国以上で利用されています。地元の人との会話や出会いを通して、その街の日常に溶け込むように滞在できるのが特長。最近では現地でのユニークな体験プログラムもはじまり、ますます注目を集めています。

今回、そんなAirbnbを利用して、「Awesome City Club」の5人が海辺の町へ旅にでました。暮らすように滞在する、現地の日常を体感する旅の魅力とは?

せとうちの島を見渡す、風光明媚な海辺の町へ

せとうちの島を見渡す、風光明媚な海辺の町へ
香川県・三豊(みとよ)市。高松市内から車で約70分、海沿いをドライブした先にある小さな街が今回の目的地です。おだやかな瀬戸内海に点在する島々。多島美が見渡せるこのまちに滞在して、食べたり、体験したり、ファンを招いてシークレットライブを行ったり。夏の終わりに、特別な旅が幕を開けました。

Airbnbを使ってメンバー5人で香川の旅

「架空の街 Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマにテン年代のシティ・ポップを発信する「Awesome City Club」。atagi (Vocal/Guitar)、PORIN (Vocal/Synthesizer)、モリシー (Guitar/Synthesizer)、マツザカタクミ (Bass/Synthesizer/Rap)、ユキエ (Drums)の男女混成5人組で、今年の8月にベストアルバム「Awesome City Club BEST」をリリースしたばかり。そんな5人が香川で過ごす、水入らずのひととき。Airbnbを利用するのは今回が初めてです。

絶景が魅力。オーシャンビューのおうち

絶景が魅力。オーシャンビューのおうち
瀬戸内海を望む高台に建つ、モダンな一軒家。地元出身のホスト・真鍋さんが「自分の好きな景色が見える、このロケーションに別荘を建てたい」との思いからスタートした、一棟建てゲストハウス。2016年からAirbnbに登録、海辺の人気リスティング(宿泊物件)です。

到着すると、真鍋さんがメンバーをお出迎え。ホストのおうちに宿泊するため、最初に滞在中のルールやリスティングの使い方の説明を受けます。


Airbnbの旅は、ホストとの交流からスタートします。旅にでる前からメッセージのやりとりができ、チェックインの際には会って話すことも可能。事前のコミュニュケーションがあるからこそ、会ったときにお互い打ちとけやすく、その街の知り合いに案内してもらうような感覚で滞在をはじめられます。最寄りのスーパーや飲食店、景色がキレイなスポットなど、地元ならではの情報を気軽に質問できるのはうれしいですよね。

室内に入ると、目に飛び込んでくるのは海。この景色を堪能するために特注したという大きな窓越しに、瀬戸内海の絶景が広がります。木の香りが心地よく、インテリア好きのホストがセレクトした雑貨が並ぶ空間。

海を見渡す窓辺には、この地域への移住者さんが手作りしたというメキシカンハンモックがつるされています。

ホストとの会話を通して知る、その街の魅力

ホストとの会話を通して知る、その街の魅力
海と島が一望できる絶景に「すてき〜!」「最高!」と、メンバーみんな感動。PORINさんはキッチンに揃っている調味料に興味津々。地元の観光ガイドも行う真鍋さんに窓から見える島々のエピソードを聞いたり、景色を撮影したり、窓辺でハンモックに揺られたり。メンバーは1時間ほどホストとの会話を楽しんでいました。

リスティングで満喫する、特別なひととき

リスティングで満喫する、特別なひととき
ホストによって、リスティングの雰囲気やキッチンなど使える設備、用意されているアメニティーも異なります。一戸建ての貸切りからルームシェアまで、部屋タイプもさまざま。個性豊かなリスティング の中から、自分が泊まってみたいおうちを希望にあわせて、レビューも参考にしながらセレクトできます。ホストとのメッセージや会話をもとに、自分で旅のプランを作っていける、それがAirbnbで旅する醍醐味。

このほかにも、新たにAirbnbでは体験サービスの提供もスタート。滞在先で体験したい、さまざまなアクティビティが探せるようになりました。陶芸やヨガ、キャニオニング、料理教室など、多彩なプランが揃います。(※体験サービスの提供は、現在東京・大阪のみ)。

真鍋さんおすすめのスポットを巡る、ローカルさんぽ

真鍋さんおすすめのスポットを巡る、ローカルさんぽ
リスティングでひと休みしてから、真鍋さんにおすすめしてもらった地元スポットへでかけた5人。

無人島へ向かう途中、渡船場で地元のおじいちゃんたちと出会いました。海辺の街への旅ということで、夜釣りに行くのを楽しみにしていたatagiさんは、ここぞとばかりに釣り情報を質問。とりとめのない世間話をしたり、おじいちゃんが連れていたお孫さんの女の子に話しかけたり、地元の人たちと気さくに交流していたメンバー。ホストに教えてもらったスポットへ向かう途中にも、一期一会の出会いがあります。

ローカルグルメを探すときにも、ホストから聞いた情報は頼もしい存在。現地の人たちから愛されているお店なら、間違いのないおいしさが満喫できます。

地元の人が通うローカルフード「たこ判」を買いに、元祖といわれるレトロなお店へ立ち寄り。注文を紙に書いて手渡すというこのお店のスタイルで買い物を楽しみました。

260年以上前から米酢を作っている醸造所では伝統的なお酢の作り方を見学し、オーナーの説明を熱心に聞いていたメンバー。ラベルの手描きイラストがすてきなお酢ドリンクは、オーナーの息子さんが描いた絵だと知り、そのかわいさにみんな 釘付け。帰り際には、敷地内で採れたてのイチジクをおみやげにと持たせてくれました。
このほかにも道中で野菜をもらうなど、地域の人とものを介した交流があった街歩き。「野菜やイチジク、いろんなものをもらいまして。僕も地元にいたとき、そういう文化があったなぁと思い出しました(atagiさん)」。ときにはおすそ分けをいただくこともある、ローカルの人のやさしさにふれる瞬間。心通うふれあいが、旅に小さな感動を生みます。
地元を知り尽くしているホストのレコメンドを巡ったローカルさんぽ。「この街にはこの街のストーリー、生活の仕方があるなぁって(マツザカさん)」、「ゆっくり動いてたよね、時間が。みんな(モリシーさん)」。おいしい空気、自然あふれるロケーション、のんびり流れる時間。「Awesome City Club」の5人にとって、今回訪ねた香川のまちはパワースポットのように映ったようです。
Airbnbの旅では、ホストが地元の人やお店と、ゲストをつないでくれます。旅のベースにあるのは、コミュニケーション。あたたかな交流があるから、現地の日常にすっとなじめる、特別な旅になるのです。

自然のなかで生音を聴く、この日限りのシークレットライブ

自然のなかで生音を聴く、この日限りのシークレットライブ
夕暮れ時、リスティングの外に用意された特別なステージ。暮れゆく瀬戸内海を背景に、キャンドルやランプのやさしいあかりが灯る、自然と一体の空間で演奏される音楽。招待された3組6名のファンを前に、マイクを通さない生音、アコースティック編成のシークレットライブがはじまりました。

裸足で腰かけ、終始リラックスした表情のメンバー。虫の音と海風を感じながら聴く、あたたかい音と歌声。客席からはハンドクラップが起き、1曲演奏が終わるごとにメンバーとファンが談笑するアットホームなライブ。 ホストや地元の人々のやさしさにふれる交流、居心地のいいリスティングでの心安らぐひととき、目にした瀬戸内のおだやかな風景…。この旅を体験して奏でられた音は、やさしく多幸感にあふれていました。

ライブ後は、ローカルさんぽで見つけたお酢のフルーツドリンクを片手にみんなで乾杯!
「静かで虫の音も聴こえるなかで、本当にここでしか、今日しかやれないライブができたなぁと思います(マツザカさん)」「みんなリラックスした表情で、楽しそうにしていたのですごくうれしかった(PORINさん)」。

アーティストと同じ空間、時間、景色を共有できた、おうちでのライブ。ファンの女性は「音楽だけじゃなくて、人となりも伝わってきて。すてきな空間でライブを聴くことができて感無量です」と感想を語ってくれました。

家のようにくつろげるリスティングにファンを迎えての演奏。ホストがメンバーをあたたかく迎え入れてくれたように、メンバーがファンを歓迎し、まるで家族や友だちに向けて演奏するような、この場所だからできた心通いあうライブ。メンバーにとってもファンにとっても、かけがえのない思い出になったはず。

招待された3組もそれぞれ、今回Airbnbの旅を体験。「初対面だけど、好きなアーティストが一緒ということもあって、すぐに仲良くなれたのが楽しくて。いい出会いだなと思いました(男性)」。今回の体験をきっかけに、うれしい出会いがあったようです。

旅でインプットした感情や風景が音楽を豊かにする

旅でインプットした感情や風景が音楽を豊かにする
曲を作ったり、ライブをしたり、アウトプットの機会が多いアーティスト。旅をして何かを感じ、インプットすることは創作に活かすためにとても大切だといいます。

「ずーっとしてなかった旅をしてるなぁ」と、しみじみ振り返ったatagiさん。「今すぐじゃなくても、この景色が何年か後にノスタルジーと一緒になって、感情が吹き出してくることもあるだろうし。何か自分の作品の糧になってくれるだろうと思います」。リフレッシュしながらインプットできる、それが旅にでたくなる理由のひとつ。
過去に作詞した曲に「月」が必ず出てくるというユキエさんは、「ここに泊まって見えた月が、本当に桁違いにキレイで。景色や空気のキレイさも相まって、ここでしか見れない月だなぁと思って。ここで見た月で、歌詞が書けたら」と、この場所だから出会えた、印象的な夜の光景を語ってくれました。
刺激的な出来事がきっかけとなり、曲作りにつながるというモリシーさん。「刺激的な光景が何回も目に入ってきて。ライブや海とか、素晴らしい光景がいくつも見えて。意外とすぐ、ぽんっと曲が出てくるような気がして、わくわくしてますね」。街をモチーフにした曲も多い「Awesome City Club」。海辺の街で暮らすように滞在して得たインスピレーションは、どんな音や歌詞を生むのでしょう。

もっと自分らしく楽しむ、新しい旅のカタチ

もっと自分らしく楽しむ、新しい旅のカタチ
日々のデトックスとして、時間ができたら田舎に旅行しているというPORINさん。「日本にもまだまだ、楽しくてキレイな場所がいっぱいあるんだなって今回思ったので。まだ行ったことのないところへ旅してみたい」と、今後の旅の抱負を聞かせてくれました。
「街のローカルなものにふれたい、空気を味わいたい、そこに住みたいっていうところを叶えてくれる」と現地の日常を体験する旅の良さを語るマツザカさんは、実際に今度Airbnbを使って海外へ旅する予定。

「ホストの方から最初にいろいろ『ここがおいしい』とか『ここが楽しいよ』って教えてもらえるのが大きい。現地の人が本当にいいと思っているものだったら信頼できるし、実際に行ってみたら全部すてきな場所でした」そうこの旅を締めくくったユキエさん。ホストのホスピタリティのおかげで、はじめて訪れた土地にすっとなじめ、思い出の詰まった旅となったようです。

*****
暮らすようにその街に滞在する、Airbnbの旅。家で過ごすように、リラックスできるリスティングに泊まって、ホストや地元の人々とふれあう旅には、心動かされる感動や、あたらしい出会いがあります。ホストをはじめ、現地の人から教えてもらうリアルな声を参考に、食べたいもの、見たい景色、挑戦したい体験を自分好みにカスタマイズ。定番の観光地を巡るだけではない、その街の穴場を見つける旅。人との出会いも広がる、刺激のある旅。その街に暮らす人とのコミュニケーションからはじまる、自分だけの旅。

ふだんの旅行とはひと味違う旅のおもしろさに気づける、そんな体験をしてみませんか?
地元のプロフェッショナルであるホストをはじめ、道ゆくなかで出会った人たちとの交流から生まれる旅。定番の観光地を巡るだけではない、その街の穴場を見つける旅。現地の日常を体感することで、新たな自分だけのお気に入りと出会えるかもしれませんよ。
旅先のおうちに泊まって、現地での過ごし方を自分で考えながら滞在する。ホストや地元の人たちと交流しながら、その土地の住人のように過ごすという、唯一無二な体験ができるAirbnb。もっと自分らしく旅する、新しい旅のスタイルを楽しんでみませんか?
長野の築130年の古民家へ、「福耳」が訪れた旅の模様はこちら

アーティスト情報:

アーティスト情報:
■Awesome City Club
atagi (Vocal/Guitar)、PORIN (Vocal/Synthesizer)、モリシー (Guitar/Synthesizer)、マツザカタクミ (Bass/Synthesizer/Rap)、ユキエ (Drums)からなる男女混成5人組。クラウドファンディングやVRなど最新テクノロジーを駆使した活動が各所から注目を集めている。新曲入りベストアルバム「Awesome City Club BEST」を8月23日(水)にリリース。

http://www.awesomecityclub.com/

Airbnb(エアビーアンドビー)

Airbnb(エアビーアンドビー)

暮らすように旅しよう。Airbnb(エアビーアンドビー)は、旅先のおうちや体験を予約できるサービスです。ロッジからビーチハウス、都心の隠れ家まで、世界各国400万件以上のおうちが選べます。おうちのホストにおすすめのお店を聞いたり、ローカルフードに挑戦してみたり。いつもと違うまちで、いつものようにくつろげる、新しい旅をお届けしています。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD