ログイン / 会員登録するアカウントを選択

編集部コラム「タネ」

4
編集部コラム「タネ」
ことりっぷweb編集部のコラム「タネ」。

僕らの小さいタネのような問いかけがきっかけになって
みなさんの次の旅の芽が出ることになればうれしいです。

木々に囲まれた、止まり木のような美術館カフェ。熊本「木のけむり」【美術館カフェのタネ】

木々に囲まれた、止まり木のような美術館カフェ。熊本「木のけむり」【美術館カフェのタネ】
【編集部コラム|きょうのタネ】 ことりっぷwebスタッフが日々の中で出会った人・モノ・場所、個人的なおすすめなどを紹介する編集部コラム「きょうのタネ」。今回の担当は編集の島田です。

お客さんの顔が見たい。清澄白河の製本屋が工場前で「御朱印帳」を売る理由【製本屋のタネ】

お客さんの顔が見たい。清澄白河の製本屋が工場前で「御朱印帳」を売る理由【製本屋のタネ】
ことりっぷwebスタッフが日々の中で出会った人・モノ・場所、個人的なおすすめなどを紹介する編集部コラム「きょうのタネ」。今回の担当はプロデューサーの平山です。 2015年のブルーボトルコーヒーの上陸を皮切りに、休日にはカフェや美術館を目指して人が行き交うようになった清澄白河。 そんなおしゃれな印象のこのエリアで「御朱印帳」を販売している製本工場があるのをご存知だろうか。 販売しているのは創業50年を誇る下町の製本屋「キョーダイ社」。 今ではテレビや雑誌にも紹介されるようになり、ひとつの観光スポットにもなりつつあるこの製本屋の二代目社長・小森豊章さんに、工場前で「御朱印帳」を販売し続けている理由を聞いた。

温泉地・下呂でゲストハウス開業を決意した中桐さんの挑戦【ゲストハウスのタネ】

温泉地・下呂でゲストハウス開業を決意した中桐さんの挑戦【ゲストハウスのタネ】
【編集部コラム|きょうのタネ】 ことりっぷwebスタッフが日々の中で出会った人・モノ・場所、個人的なおすすめなどを紹介する編集部コラム「きょうのタネ」。今回の担当はプロデューサーの平山です。 日本三名泉にも数えられる、岐阜県の下呂温泉。 浴衣姿の人が歩く夜の川沿いの風情や、築80年を超える建造物を今に残す湯之島館の趣など、一度は訪れてみたい日本屈指の温泉街である。

【本のタネ】15坪の新刊書店が考える小商いと街づくりの新しいカタチ

【本のタネ】15坪の新刊書店が考える小商いと街づくりの新しいカタチ
【編集部日記|きょうのタネ】 ことりっぷwebスタッフが日々の中で出会った人・モノ・場所、個人的なおすすめなどをゆるっと紹介する編集部通信「きょうのタネ」。今回の担当は編集部の島田です。 こんにちは。編集部の島田です。 ページを開けば日常から 少し離れた世界に出会える読書は、 私にとって“小さな旅”。 そんな私が独断と偏見で選ぶ、 心に残った本のこと。

ことりっぷweb編集チームのコラム「タネ」をはじめます

ことりっぷweb編集チームのコラム「タネ」をはじめます
ことりっぷweb読者のみなさんへ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD