ログイン / 会員登録するアカウントを選択

美しい紅葉や武家屋敷と一緒に楽しみたい! 小京都・角館エリアでランチ・スイーツが楽しめるお店5選

372
美しい紅葉や武家屋敷と一緒に楽しみたい! 小京都・角館エリアでランチ・スイーツが楽しめるお店5選
佐竹藩の城下町として発展した角館。武家屋敷や春の桜で有名ですが、10月中旬から11月中旬にかけての秋の紅葉も目を見張る美しさです。今回はそんな角館と少し足を延ばしたエリアから、ランチやスイーツを楽しめるお店を5つご紹介。ぜひお気に入りを探しに出かけてみてくださいね。

果物がタワーのよう♪老舗青果店「さかい屋」のパフェ

果物がタワーのよう♪老舗青果店「さかい屋」のパフェ 左から西明寺栗(さいみょうじぐり)、イチゴ、シャインマスカットのパフェ
角館駅から歩いて3分の場所に、全国各地から選りすぐった果物や野菜が集まる老舗「さかい屋」。新鮮な果物のおいしさを気軽に味わってほしいと、お店の一角にはフルーツパーラーがあります。大人気なのが、旬のフルーツがタワーのように盛られたパフェ。ボリュームたっぷりなのに、400円〜1000円とリーズナブルな価格で楽しめます。

イチゴやバナナなど一年中食べられる定番のメニューのほか、クリスマスやバレンタインデー、ひな祭りなどのイベントや、フルーツの旬に合わせたパフェも次々と登場。訪れるたびに新しい味と出会えるのも魅力です。

さかい屋(サカイヤ)

仙北市角館町中菅沢92-81MAP

0187-54-2367

9:00~18:00頃(パフェの提供は9:30~17:00頃)

不定休

さかい屋

週3日だけオープンする草原の中のカフェ「花fe香fe」

週3日だけオープンする草原の中のカフェ「花fe香fe」 ランチ(1000円)。内容は週替わりで、1週目はタコライスのみの提供
角館駅から車で30分ほど、横手市と仙北市を結ぶ「みずほの里ロード」沿いにある「花fe香fe(かふぇかふぇ)」。草原の中にかわいらしい佇まいを見せる一軒家カフェです。もともとはお店のご主人の地元・角館町で評判だったこちらのお店。2016年の6月に現在の場所に移転オープンしました。

ランチは、「パンとスープのランチ」の1種類。地元の旬の野菜やフルーツをたっぷり使い、パンは大潟村産の減農薬の小麦と白神こだま酵母を使って手ごねで焼き上げたもの。こだわりのドリンクや手づくりのおやつも揃い、素敵な時間を過ごせます。

花fe香fe(カフェカフェ)

仙北郡美郷町黒沢字高野51-17MAP

080-3324-5392

11:00~16:00

日〜水曜、12月中旬~3月中旬

花fe香fe

明治・大正に思いをはせる「あきた角館西宮家」

yuririri yuririri
あきた角館西宮家

#御狩場焼#角館#西宮家#殿様御用達#ことりっぷ秋田

6
「あきた角館西宮家(にしのみやけ)」は、江戸時代より続く名家、西宮家が明治後期から大正にかけて建てた5棟の蔵と母屋を復元したもの。レストランや和雑貨のショップとして、武家屋敷通りの名所のひとつとなっています。300年以上前に佐竹北家が狩りの場で楽しんだといわれる「御狩場焼」など、地元の味覚やこだわりの料理・ドリンクをゆっくり楽しむことができます。

あきた角館西宮家(アキタカクノダテニシノミヤケ)

仙北市角館町田町上丁11-1MAP

0187-52-2438

10:00~17:00

無休


自家栽培・自家製粉にこだわった地そば「そばきり長助」

makoto makoto
角館地そば そばきり長助

角館 そばきり長助 さん
写真は十割そばと二八そばの
二色もりです
蕎麦湯までおいしく頂きました

#あきた #角館

4
武家屋敷のひとつ「松本家」の近くにある「そばきり長助」は、自家栽培・自家製粉の地そばがいただけるお店。お店のご主人が自ら無農薬、無肥料でそばの実を栽培し、製粉・手打ちまで手がける「地そば」は、それを目当てに全国からファンが訪れるほどの人気です。そば粉の割合は十割と二八から好みで選べ、食べ比べができる盛り合わせや、3年かけて栽培に成功したという、希少な赤そばも楽しめます。

角館地そば そばきり長助(カクノダテジソバソバキリチョウスケ)

仙北市角館町小人町28-5MAP

0187-55-1722

11:00~16:00、冬期11:30~15:00

火曜


タイムスリップしたような時間を過ごせる「喫茶ねずねこ」

aico717 aico717
秋田県仙北市角館町小人町38-28

アンティーク雑貨と喫茶 ねずねこ

みちのくの小京都 秋田県仙北市 角館の武家屋敷にあるレトロな喫茶店

大正ロマン風カフェで店内ではアンティーク雑貨も販売。

軽食や珈琲・紅茶を頂けます。

散策がてらにいかがでしょうか?

#秋田 #角館 #喫茶 #カフェ #珈琲
#昭和 #レトロ #大正ロマン

10
「角館樺細工伝承館」のすぐ近くにある「喫茶ねずねこ」。オーナー夫婦が自ら古民家をリノベーションした建物に、長年かけて集めたというアンティークの雑貨や家具が並ぶ一軒家です。居心地のよい店内では、昭和50年代の焙煎やドリップの方法を完全再現したというコーヒーや、昭和の味わいのナポリタンスパゲッティなどを提供。懐かしくも本格的な味わいをゆったりと楽しめます。

喫茶ねずねこ(キッサネズネコ)

仙北市角館町小人町38-28MAP

0187-54-4212

9:00~17:00

木曜


いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、美味しいランチやスイーツが食べられる角館とその周辺のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真