ログイン / 会員登録するアカウントを選択

日本から3時間半の楽園・マリアナへ。星降る紺碧の空にココロふるわせる、サイパン2泊3日の旅

361
日本から3時間半の楽園・マリアナへ。星降る紺碧の空にココロふるわせる、サイパン2泊3日の旅
成田から飛行機でたったの3時間半。北マリアナ諸島にあるサイパンは、日本にいちばん近いアメリカ自治領です。流行最先端のおしゃれな高層ビルはないけれど、人々の優しい笑顔やどこまでも透明な青い海と白砂のビーチ、幾千もの星がきらめく夜空がココロを満たしてくれます。
今回は、あわただしい日常から離れてココロの深呼吸ができる、サイパンで過ごす2泊3日の旅へご案内します。

太平洋の美しい島々。北マリアナ諸島ってどんなところ?

太平洋の美しい島々。北マリアナ諸島ってどんなところ? マリアナ3島にはそれぞれテーマカラーがある。サイパン島はブルー、海や空など自然のままの美しい青からとられている
太平洋に浮かぶ北マリアナ諸島。首都のあるサイパン島へは、成田国際空港から直行便に乗って約3時間半で到着です。
日本との時差はたったの1時間、年間平均気温が27度という常夏の島。一年中楽しめるビーチリゾートとして知られ、透明度の高い海には世界的に評価の高いダイビングスポットもたくさんあるんですよ。
サイパン島最高峰のタポチョ山へはツアーバスやバギーツアーで行くのがおすすめ
サイパン島は、一周するのに3時間ほどあれば十分なサイズの島。移動に時間をとられないので、その分南北に点在するビーチや絶景ポイントなど、それぞれのスポットをゆっくり楽しめるのが魅力です。

時間とともに色を変える「マイクロビーチ」のサンセット

時間とともに色を変える「マイクロビーチ」のサンセット
サイパンに到着したその日にさっそく訪れたいのが、1日に海の色が7回変わるという「マイクロビーチ」。島の西海岸にあり、細かな粒子の白い砂浜と約1キロの遠浅の海が続く穏やかな砂浜です。

サンセットの美しさは世界一とも言われ、夕暮れの時間に刻々と変わる海と空の表情は、ぜひ自分の目で確かめて。雄大な自然を前に、南の島に来たという気分も高まります。

1日3組限定のレストランで、南国ハーブたっぷりのディナーを

1日3組限定のレストランで、南国ハーブたっぷりのディナーを 「アベニュー」のオーナーは日本人なので、予約時も安心
美しい夕暮れのあとは、1日3組限定で、完全予約制の「Avenue Restaurant(アベニュー レストラン)」でディナーをいただきます。路地の奥にあるこぢんまりとした一軒家の、エントランスや庭のグリーンや花もすてきで、期待が高まります。
出てきたのは、お任せでお願いしていたコースメニュー。こちらの食事に使用している野菜やハーブは、すべて敷地内の菜園でオーナー自らが育てたもの。地元産のエビや魚、フルーツをさらにおいしく引き立てます。ただヘルシーというだけではなく丁寧に調理され、ハーブを添えた盛り付けもきれい。もちろん食後のハーブティーも自家製です。ナチュラルなミントの風味にほっと一息。

見渡す限り青の世界。「マニャガハ島」でちょっとひと休み

見渡す限り青の世界。「マニャガハ島」でちょっとひと休み 島一帯が国定海中公園。レストラン、シャワーなどが整備されているのもうれしい
2日目は、朝から海を楽しみましょう。サイパン島から高速船で約10分、向かうのはマイクロビーチの沖にある無人島「マニャガハ島」です。周囲1.5キロのこの島では、見渡す限りの海と空の中、のんびりと贅沢な時間を過ごせます。
浜辺から近くでのシュノーケリングでも数々の魚を見ることができる
魚が泳いでいるのがわかるほど、どこまでも透き通るような海に驚きます。シュノーケリングセットをレンタルして、さっそく海へ。ビーチからすぐ歩いて行けるところに、サンゴ礁のポイントがあり、カラフルな熱帯魚をたくさん見ることができました。ほかにも、体験ダイビングやバナナボードなど当日申し込みでも可能なアクティビティがたくさんあります。
島内にはシャワーやトイレも完備。気分にあわせて過ごし方を選んでみて
もちろん、のんびり派も楽しめます。白砂のビーチに並んだパラソルに寝転んで、ゆっくり海を眺めたり、貝殻やヤドカリを探したり。波の音をバックに南国らしい木々が茂る明るい島内をさんぽするのも。ドリンクやフードを販売するレストランもあるので、水分補給も忘れずに立ち寄って。

“マニャガハ-Managaha”とは、現地で「ひと休み」を意味する言葉なのだそう。その名そのまま、ビーチで楽しく過ごせました。

プルメリアが香るバスも。スパのマッサージでリラックス

プルメリアが香るバスも。スパのマッサージでリラックス
透明度の高い海を満喫したら、午後は、マリアナリゾート内にある「マンディアジアンスパ」へ。こちらは、ミクロネシア最大級のスパ施設で、カフェや海に面したプールも併設。アロマオイルを使用した全身マッサージから、スリミング、指圧までメニューも豊富です。甘い香りのプルメリアやハイビスカスが浮かぶフラワーバスにも癒されます。

カクテル片手に、夕暮れから夜へと移りゆく海を眺める

カクテル片手に、夕暮れから夜へと移りゆく海を眺める マイクロビーチが目の前。ビーチハウスバーはシャック風の建物で南国気分が高まる
マイクロビーチからも近いリゾートホテル「フィエスタ リゾート&スパ」内にある「Beach House Bar(ビーチハウスバー)」は、宿泊者でなくても利用できる浜辺のバー。海を眺めながら、カラフルなオリジナルカクテルやサイパンでしか飲めない人気のクラフトビール「サイパンブリュイング」をいただきましょう。前日とは違うマイクロビーチの表情が見られそうですね。

幻想的な夜空に感動。満天の星が降るスターウォッチング

幻想的な夜空に感動。満天の星が降るスターウォッチング 太平洋の気流が常に上空を吹き抜けているので、大気に塵がなく澄んだ空が広がる
今回の旅でどうしても見たかったのが、「星降る島」とも言われるサイパンの星空。2日目の夜は、ジャングルジムアイランドアドベンチャーを利用して、スターウォッチングツアーへでかけます。
サイパンの北東に位置するグロットは自然が作り上げた海中洞窟。ダイビングスポットとしても世界的に有名です。そのグロッドには展望台があり、街の明かりが届きにくいため、夜空の観測にベストな場所なんです。

日本より緯度が低いマリアナでは、南十字星をはじめ多くの星々を見ることができます。ガイドさんの案内で、特に光の少ないグロッド近くの砂浜へ連れて行ってもらい、ビーチに寝転がってみると、日本の都会では見えない天の川をいとも簡単に見つけられます。

ガイドさんの星座や星の説明も楽しくて、夢中で空を仰いでいたら、流れ星を発見。聞くと、流れ星もそれほど珍しいことではないのだそう。ゆっくり星を眺める、とてもぜいたくな時間を過ごせました。

きらめく星の天の川
サイパンの星空は、ただ眺めるだけでも美しいのですが、天体観測ツアーを利用すると、ガイドによる星の説明や天体望遠鏡での観測など、より充実した時間を過ごせますよ。

最終日は海辺を朝さんぽ&カフェでブランチ

最終日は海辺を朝さんぽ&カフェでブランチ
最終日の朝は少し早起きして、ローカルになった気分でビーチロードパスウェイをおさんぽ。ガラパンから南へ5キロ続く海岸線の道は見晴らしがよく、起きぬけのカラダもしゃきっとします。ウォーキングやジョギングを楽しむ地元の人の姿もちらほら見られます。往復して気持ちのいい運動になりました。
写真に撮りたくなる「サンシャインカフェ」のインテリア。ラザニア(10ドル)、コブサラダ(10ドル)。チャコールバンバーガー(12ドル)のバンズは、イカスミを練りこんでいるので真っ黒
ブランチは、人気ホテルが林立するガラパンにある「Sunshine cafe(サンシャインカフェ)」でいただきます。ドアをくぐると明るい色彩にあふれた店内に気分も上がります。こちらのカフェは、インテリアがかわいいと、サイパンで話題のカフェ。
チーズたっぷりのクリーミーなラザニアや、大きなボウルに種類もいろいろの具材がたっぷり入ったコブサラダなど、食事のメニューが豊富。ドーナツやケーキといったスイーツも店内で手作りしていて、テイクアウトもできます。

Sunshine Café(サンシャインカフェ)

Coral Tree Avenue, Garapan, SaipanMAP

1-670-233-8300

https://ja-jp.facebook.com/sunshinecafenmi/


地元のスーパーで、この旅を持ち帰れるおみやげ探し

地元のスーパーで、この旅を持ち帰れるおみやげ探し サイパンを旅慣れたリピーターはチェックインをすませるとこのお店に直行。滞在中の飲み物やお菓子、食べ物を購入するそう。「テニアンペッパー」はサイパンの隣島・テニアン島特産の唐辛子。世界一辛いと言われている
最終日のおみやげ探しは、ガラパンのホテルから歩いて行ける「ジョーテン ハファダイ ショッピング センター」へ。サイパンの地元の人も多く通うこのスーパーは、食料品や衣類など、さまざまなものがそろっていて、大きな陳列棚をながめているだけでも楽しくなります。アメリカンな生活雑貨や地元の素材を使った調味料などが、お手ごろな価格で見つかりますよ。

島時間に身をまかせる、ちょっと贅沢な3日間

島時間に身をまかせる、ちょっと贅沢な3日間 島の南端に位置するオブジャンビーチ
ぼんやりと色が変わっていく海や雲を眺めたり、ぷかぷか波に揺られたり。島で流れる時間に身を任せていると、気持ちが穏やかになっていくのがわかります。島の住民の笑顔にも癒され、また訪れるのが楽しみに。
時差1時間のサイパンは、国内の離島のような距離ながら、より外国らしくおおらかな空気が感じられる場所でした。赤道に近いので、一年を通して暖かく、いつ訪れてもビーチを楽しめるのも魅力です。

今度の週末は一日プラスして、マリアナ・サイパン島での島時間を過ごしてみませんか?


日本からサイパンへのフライトは、たったの3時間半

日本からサイパンへのフライトは、たったの3時間半
北マリアナ諸島の玄関口・サイパンまでは、唯一の直行便が就航しているデルタ航空がおすすめ。成田からサイパンまでは3時間半ほどで到着です。機内では、見た目もかわいい機内食に、スターバックスコーヒー、アルコールなどフード&ビバレッジも充実。ビールやワインはもちろん、リキュール類も豊富なので、カクテルも楽しむことができます。また、ファーストクラスを利用すると、さらに豪華なお食事や、出発前に成田空港のラウンジを利用も可能♪

さらに、11月中旬からはメインキャビンを含む全座席へ個人用モニターが導入されるなど、機内がグレードアップ。映画鑑賞など、機内エンターテインメントがより楽しめるようになりました。ハリウッドの最新作はもちろん、見逃したあの日本映画もサイパンに行く機内で見られますよ。

サイパン往復航空券を1組2名様にプレゼント!

サイパン往復航空券を1組2名様にプレゼント!
女性同士の旅や、週末に1日プラスした旅にもおすすめなサイパン。
今回、「デルタ航空で行くサイパン往復航空券」を、アンケートに回答いただいたことりっぷweb読者の中から抽選で1組2名様にプレゼントします♪

○プレゼント商品
デルタ航空で行くサイパン往復航空券1組2名様
※航空券の利用期間:~2018年12月20日(木)まで

○応募締切
2017年11月30日(木)

※アンケート回答画面の「往復航空券についての注意事項」をご確認の上、ご応募ください。

◆アクセス情報
成田からデルタ航空の直行便がほぼ毎日就航(約3時間半)。その他、グアム経由でユナイテッド航空、インチョン(仁川)経由で大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空などが各地方都市からも乗り入れしている。テニアン島、ロタ島へはサイパン島からスターマリアナス航空の小型飛行機でどうぞ。テニアンは片道約15分、ロタ島は約30分。


マリアナ政府観光局 マリアナ政府観光局

マリアナ政府観光局

サイパン、テニアン、ロタのマリアナ3島のことならマリアナ政府観光局公式サイトへ。またフォローするだけで毎日新しい旅の情報がもらえる観光局公式SNSは癒しの絶景画像が満載です。
https://japan.mymarianas.com/

▼公式SNSはこちら

インスタフェイスブックツイッター

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD