ログイン / 会員登録するアカウントを選択

こんなに近くにあった絶景のマリアナ。神秘的な海中洞窟と透き通ったビーチをめぐるテニアン島&ロタ島への旅

187
こんなに近くにあった絶景のマリアナ。神秘的な海中洞窟と透き通ったビーチをめぐるテニアン島&ロタ島への旅
一年中、真夏の陽気さが感じられる北マリアナ諸島を知っていますか?成田からたった3時間半という近さながら、手つかずの自然が残る、まるで楽園のような島々です。

国際線が発着するサイパン島から、さらにスターマリアナス航空の小型飛行機を乗り継いでいくテニアン島とロタ島は、地上の鮮やかな緑と、透明感ある青い海が広がるビーチが美しい離島。今回は、この2つの島をめぐる旅をご紹介します。

どこにいても波音が聞こえてきそう。美しい海に浮かぶ離島

どこにいても波音が聞こえてきそう。美しい海に浮かぶ離島 3つの島それぞれにテーマカラーがあり、テニアン島は世界一辛いというテニアンペッパーの赤、ロタ島は手つかずの大自然をイメージした緑、サイパン島は美しい海と空から青となっている
成田国際空港から約3時間半の直行便で行ける、小笠原諸島をさらに南下した海上に浮かぶ北マリアナ諸島。首都があるサイパンから、小型飛行機で30分以内のテニアンやロタは、旅好きの間でひそかに人気急上昇中の島です。
手つかずの大自然の中で、ローカルに交じって過ごす穏やかな時間。秘密にしておきたくなる、プライベート感たっぷりの雰囲気が魅力です。
どちらも公共の交通機関がない小さな島なので、訪れる場合は現地オプショナルツアーへの参加がおすすめ。ツアーなら観光スポットに精通したガイドが車で案内してくれるので、女性同士の旅でも安心ですよ。
*****
まずは、サイパンから小型飛行機で約15分のテニアン島のおすすめスポットをご紹介。
サイパンの5kmほど南に位置するテニアンは、伊豆大島よりもやや大きな島です。周辺の海は透明度が高く、ダイバーにも人気の島。シュノーケリングでウミガメやイルカと出会える確率も高いのが特徴です。

まるで空に浮かんでいるみたい。「タガ・ビーチ」

まるで空に浮かんでいるみたい。「タガ・ビーチ」 透明度が高く海底の白い砂に影が映される。空にぽっかり浮かんでいるような気分に
島の西側にある「タガ・ビーチ」は、テニアンを代表する美しいビーチ。かつてマリアナ諸島を統治していた古代チャモロ王朝の王族専用のプライベートビーチだったという歴史もあるビーチです。驚くほどの透明感で、下の海底がくっきりと見えるんです。
地元のちびっこたちが海へダイブする姿も。崖は高いところで10メートルほど
タガ・ビーチ左側には、「タチョンガビーチ」があり、サンゴ礁や沖合の浅瀬では、シュノーケルで熱帯魚を見ることができます。この辺りは、かなりの高確率でウミガメに出会えると聞いていたのですが、小一時間ほど泳いでいると、ウミガメがやってきました。すぐ横を悠々と泳いでいく姿に感動です。 輝くようなオレンジ色に染まる空と海がすてきな、夕方のタガ・ビーチを眺めるのもおすすめ。日が落ちる前にもぜひ足を運んでみて。

海水の柱が噴き上がる!「ブローホール」

海水の柱が噴き上がる!「ブローホール」 すぐ先にサイパン島を眺めることもできる。足元が滑りやすいのでガイド付きのツアーで行くのが安心
うってかわって、テニアン島の北東にある海岸沿いでは、ダイナミックな体験ができます。波が打ち寄せるたびに、岩場の穴から海水が柱のような高さで勢いよく吹き上がる、潮吹き穴「ブローホール」。その日の風や波の強さで、どのくらい高く吹き上がるかは変わり、10メートル以上になることもあるのだとか。予想もできない波に、自然の力強さを感じました。
ガイドさんによれば、晴れの日に太陽に背を向けて「ブローホール」を見ると、小さな虹が現れることもあるのだとか。運がよければとっておきの写真が撮れる、フォトジェニックなスポットです。

Blow Hole(ブローホール)

MAP


ブローホールから車で15分。島の北西にある、穏やかでこぢんまりとした浜辺「チュルビーチ」にも立ち寄りましょう。こちらは星の砂が見つかる穴場のビーチ。浜辺の砂を掬い上げると、白砂に混じって星型をしたロマンチックな砂粒が見つかります。

地元で愛されるレトロカフェで、ボリュ―ムたっぷりのランチ。「J.C.CAFE」

地元で愛されるレトロカフェで、ボリュ―ムたっぷりのランチ。「J.C.CAFE」 左:「フライドライス&スパニッシュオムレツ」。右上:人気のフライドチキン(Batterd Chicken)は、鳥を丸一羽使ったもの
サンホセ村の「J.C.CAFE」は、地元の人に愛されるカフェレストラン。店内のビビッドなピンク色の壁が外国らしくてすてきです。こちらは、アメリカンなバーガーやポテトから、地元のチャモロ料理までメニュー数が豊富。どれもボリューム満点のサイズです。メニューの多さに迷っていると、「どれを食べてもおいしいから大丈夫」と、よく訪れるという地元の人が太鼓判を押してくれました。海でたくさん遊んだあとなら、たっぷりのごはんもぺろりと食べられます。

J.C.CAFE(ジェイシーカフェ)

San Jose, Tinian, Northern Mariana IslandsMAP

+1 670-433-3413

7:00~翌2:00

不定休


古代チャモロ人が残した謎の石柱。「タガ遺跡」

古代チャモロ人が残した謎の石柱。「タガ遺跡」 ほかの島にも同様の遺跡があるが、テニアンの遺跡が最大
テニアン港のサンホセ公園には、古代チャモロ人が残した「タガ遺跡」があります。遺跡の石柱は、高さ5メートル以上の大きさ。何のために作られ、どのように石切り場から運び作られたのかすべてが謎に包まれているのだそう。大きな石柱は、現在ではほとんど倒れていますが、ふしぎな存在感たっぷりです。

かつては、タガ王朝の都だったテニアン島。古代チャモロ人も同じ風を感じて、同じ景色を眺めたのかもしれませんね。
*****
次に、ロタ島を案内します。
サイパンから小型飛行機で約30分のロタは、深い青色の海で世界中のダイバーたちの憧れの島として知られています。ロタの魅力は、人の手が加わっていない豊かな自然が楽しめること。温かな住民が笑顔で迎えてくれることもリピートして行きたくなる理由のひとつです。

まるで宇宙にいるみたいな深い青色の海。「ロタ・ホール」

まるで宇宙にいるみたいな深い青色の海。「ロタ・ホール」 季節や時間帯によって異なった体験ができる
その神秘的な青から、“ロタ・ブルー”と呼ばれるロタ島の海。それを全身で感じることができるのが、島の南東部にあるダイビング・スポット「ロタ・ホール」です。ここは、水深10メートルに大小の洞窟がある海中洞窟。

天井にある、無数の穴から太陽の光がきらきらと差し込み、光のカーテンを作りだします。深い青色の海に浮かんでいると、まるで宇宙にいるかのような浮遊感と、ゆらめく幻想的な光に時間がたつのを忘れてしまいました。

ダイバーたちも魅了する世界屈指の海中洞窟

ベストビーチに選ばれた、残しておきたい絶景。「テテト・ビーチ」

ベストビーチに選ばれた、残しておきたい絶景。「テテト・ビーチ」 サンゴ礁が天然の防波堤の役割をするテテトビーチ。沖に近づく場所には熱帯魚も生息
月刊『マリンダイビング』の読者による投票「ダイブ&トラベル大賞2015」でベストビーチ部門第1位を獲得した「テテト・ビーチ」。
ロタ島の空港からほど近く、地元の人々からも愛されていて、休日のビーチではバーベキューを楽しむローカルの姿も見られます。

波を気にしなくていい穏やかな遠浅の海なので、泳ぎに自信がない人も安心。海水が澄んでいるので、少し沖に行くと水面からも魚を見ることができました。ビーチチェアもあるので、海でひと泳ぎした後は本を読んだりボーっと海をながめたり、のんびりくつろげますよ。

「ソンソン村展望台」で島を一望する絶景を

「ソンソン村展望台」で島を一望する絶景を ソンソン村展望台からは、その地形からウエディングケーキ・マウンテンと呼ばれる山が見える
ガイドさんの案内で島いちばんの高台にも行ってみました。ソンソン村の入り口にある看板に沿って車で向かいます。途中からは歩いて、ソンソン村展望台に到着。見渡す限りどこまでも広がる水平線は、思わずそのままずっと眺めていたくなるような光景でした。

焼き立てパンが人気のカフェ。「ティアナズ カフェ」

焼き立てパンが人気のカフェ。「ティアナズ カフェ」
クロスポイントで絶景を堪能したら、ロタ島の中心、ソンソン村にある「ティアナズ カフェ」へ。ここは、ヴァレンチノホテル本館の1階にあるカフェ。焼きたてパンがローカルにも人気で、午前中にはパンは売り切れてしまうこともあるのだそう。
シンプルで気取っていないパンケーキに、卵やベーコンを追加オーダーすることも可能。スムージーやクッキーなども販売していて、テイクアウトもできますよ。

Tiana's Café(ティアナズ カフェ)

Song Song Village, Rota Island 96951MAP

+1-670-532-8466


海沿いの緑濃い崖に広がる、野鳥の楽園。「バード・サンクチュアリ」

海沿いの緑濃い崖に広がる、野鳥の楽園。「バード・サンクチュアリ」 時には鳥と目が合うことも
島の東部に位置するフーニャ岬には野鳥の保護区「バード・サンクチュアリ」があります。ここは、40種以上の鳥が生息する、北マリアナ諸島随一の野鳥の保護区。
海に面した切り立った断崖に沿って作られた遊歩道を歩くと、眼下の森から鳥たちが飛び立ったり、海から羽ばたいて帰ってくる姿を見ることができます。ふだんは、私たちの(人間の)頭上の空を躍動感たっぷりに飛んでいく鳥たちや、鳥の巣を上から眺める不思議な感覚、絶壁からの景色の良さは他ではできない体験でした。
ロタでは、地元の住民同士だけではなく観光客に対しても、道ですれちがうとみんなが手を振って挨拶してくれます。「ロタ・ウェーブ」といわれ、これがロタでのマナーなのだそう。住民の温かくフレンドリーな笑顔につられてこちらも笑顔に。島で過ごすうちに心がほどけていきますよ。

どこまでも続く青い海と空、ローカルの笑顔に癒される3日間

どこまでも続く青い海と空、ローカルの笑顔に癒される3日間 ロタでは、珍しい動植物を見る事ができる。プルメリアは北マリアナの国花。島を代表する鳥・キングフィッシャー(写真右上)が3羽並んだところを見ると、ハッピーになれるという言い伝えがあるので探してみて
国内の離島のように気軽に行けて、亜熱帯気候の島らしい絶景や、アメリカ自治領ならではの異文化に出会える北マリアナ諸島。
サイパン島から小型飛行機に乗れば、秘境感のあるテニアン島・ロタ島へのアクセスも難しくありません。週末のサイパン旅行にプラス1日して、日帰りでテニアンやロタを訪れるのはもちろん、長期滞在でじっくりのんびり過ごすのもいいですね。

まだ知らない魅力がたくさん詰まった、日本から近い北マリアナ諸島への旅をしてみませんか?
透明度抜群のビーチ、ゆったりと泳ぐウミガメ、星降る美しい夜空…。見ているだけでも癒される北マリアナ諸島の絶景動画はこちら。

日本からサイパンへのフライトは、たったの3時間半

日本からサイパンへのフライトは、たったの3時間半
北マリアナ諸島の玄関口・サイパンまでは、唯一の直行便が就航しているデルタ航空がおすすめ。成田からサイパンまでは3時間半ほどで到着です。機内では、見た目もかわいい機内食に、スターバックスコーヒー、アルコールなどフード&ビバレッジも充実。ビールやワインはもちろん、リキュール類も豊富なので、カクテルも楽しむことができます。また、ファーストクラスを利用すると、さらに豪華なお食事や、出発前に成田空港のラウンジを利用も可能♪

さらに、11月中旬からはメインキャビンを含む全座席へ個人用モニターが導入されるなど、機内がグレードアップ。映画鑑賞など、機内エンターテインメントがより楽しめるようになりました。ハリウッドの最新作はもちろん、見逃したあの日本映画もサイパンに行く機内で見られますよ。

サイパン往復航空券を1組2名様にプレゼント!

サイパン往復航空券を1組2名様にプレゼント!
女性同士の旅や、週末に1日プラスした旅にもおすすめなマリアナ諸島。
今回、「デルタ航空で行くサイパン往復航空券」を、アンケートに回答いただいたことりっぷweb読者の中から抽選で1組2名様にプレゼントします♪

○プレゼント商品
デルタ航空で行くサイパン往復航空券1組2名様
※航空券の利用期間:~2018年12月20日(木)まで

○応募締切
2017年11月30日(木)

※アンケート回答画面の「往復航空券についての注意事項」をご確認の上、ご応募ください。

◆アクセス情報
成田からデルタ航空の直行便がほぼ毎日就航(約3時間半)。その他、グアム経由でユナイテッド航空、インチョン(仁川)経由で大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空などが各地方都市からも乗り入れしている。
テニアン島、ロタ島へは島間を飛ぶスターマリアナス航空(https://www.starmarianasair.com/)で。サイパンからテニアン島へは約15分のフライトで毎日1時間おきに12往復が運航。ロタ島へは約30分のフライトで毎日3往復が運航。

マリアナ政府観光局 マリアナ政府観光局

マリアナ政府観光局

サイパン、テニアン、ロタのマリアナ3島のことならマリアナ政府観光局公式サイトへ。またフォローするだけで毎日新しい旅の情報がもらえる観光局公式SNSは癒しの絶景画像が満載です。
https://japan.mymarianas.com/

▼公式SNSはこちら

インスタフェイスブックツイッター

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD