ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【連載】街とお店のおいしいはなし。

40
【連載】街とお店のおいしいはなし。
ビールと日本酒が大好きな編集者・ライターが、
女の人がふらりと、夜に立ち寄りたくなる
"心地よいお店”を文とイラストでご紹介します。

ほっとする味の秘密は、和食店での経験。カリフォルニア料理を味わえるカジュアルダイナー「PIGEON」

ほっとする味の秘密は、和食店での経験。カリフォルニア料理を味わえるカジュアルダイナー「PIGEON」
※こちらの記事は2018年4月6日に公開したものです。 2017年から「東京マラソン」のコースになったり、続々と新しいお店がオープンし始めるなど、最近盛り上がりはじめた注目の街、森下。今日は、そんな森下の駅から歩いて1分の場所にあるカジュアルダイナー「PIGEON(ピジョン)」を紹介します。

愛と色気が織りなす魔法の9皿。代々木上原のレストラン「Gris’(グリ)」【街とお店のおいしいはなし。#4】

愛と色気が織りなす魔法の9皿。代々木上原のレストラン「Gris’(グリ)」【街とお店のおいしいはなし。#4】
※こちらの記事は2018年1月14日に公開したものです。 「はじめに言っておくと、うちの料理メチャクチャうまいですよ?」レストランで、いきなりそんなことを宣言されたら「本当に?」と疑ってしまいます。 しかし今回取材したお店、料理の見た目も味もシェフの人柄も、全てが予想を上回るスペシャルなお店でした。

まるでイギリスの港町の倉庫。さまざまな人が憩う空間をつくる「PORTMANS CAFE」【街とお店のおいしいはなし。#3】

まるでイギリスの港町の倉庫。さまざまな人が憩う空間をつくる「PORTMANS CAFE」【街とお店のおいしいはなし。#3】
※こちらの記事は2017年11月11日に公開したものです。 今でこそ「アートの街」「コーヒーの街」と呼ばれ観光でにぎわう清澄白河。この街にまだ色のついてない6年前から、地元の人たちに愛されてきたカフェがあります。

背伸びしない日常に、すとんとなじむ野方のコーヒー店「Daily Coffee Stand」【街とお店のおいしいはなし。#2】

背伸びしない日常に、すとんとなじむ野方のコーヒー店「Daily Coffee Stand」【街とお店のおいしいはなし。#2】
※こちらの記事は2017年6月2日に公開したものです。 夕方のにぎやかな商店街、その真ん中にぽつんとある「野方駅」。駅前にある交番脇の細い道を進むと、小さなお店の並びに黒板の看板が見えてきます。

カフェでも居酒屋でもない、完全に家庭料理のお店。清澄白河「山食堂」【街とお店のおいしいはなし。#1】

カフェでも居酒屋でもない、完全に家庭料理のお店。清澄白河「山食堂」【街とお店のおいしいはなし。#1】
※こちらの記事は2017年3月31日に公開したものです。 清澄白河駅から歩いて3分。資料館通りに面した大きなガラス戸の向こうに、打ちっぱなしのコンクリートの壁、古家具の戸棚と橙色に照らされた酒瓶がずらりと並ぶカウンターが見えます。「いらっしゃいませお待ちしていました」と、サービス担当の矢沢路恵さんがいつものように迎えいれてくれます。
白方はるか

白方はるか

1988年生まれ、清澄白河在住。ビールと日本酒が大好きな編集者・ライター。ふだんはGMOペパボ株式会社のWebメディア『よむよむカラメル』(http://pickup.calamel.jp/ )をはじめEC事業部のPRディレクターとして活動中。『街とお店のおいしいはなし。』ではイラストも担当。

http://pickup.calamel.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD