ログイン / 会員登録するアカウントを選択

採って、作って、食べるを旅人と一緒に楽しみたい。下呂のゲストハウス「ソラノイエ」の今【ゲストハウスのタネvol.2】

7
採って、作って、食べるを旅人と一緒に楽しみたい。下呂のゲストハウス「ソラノイエ」の今【ゲストハウスのタネvol.2】
【編集部コラム|きょうのタネ】

ことりっぷwebスタッフが日々の中で出会った人・モノ・場所、個人的なおすすめなどを紹介する編集部コラム「きょうのタネ」。今回の担当はプロデューサーの平山です。

1ヶ月前に編集部コラム「タネ」の中でご紹介した、岐阜県下呂市でゲストハウス作りを始めた中桐さん。
下呂に移住した中桐さんが、なぜゲストハウスを作ることを決めたのか、リノベーション真っただ中のゲストハウス「ソラノイエ」の中で聞きました。
あれから1ヶ月が経ち、ゲストハウス「ソラノイエ」の今を知りたくてお便りを出しました。

中桐さん

こんにちは。ことりっぷの平山です。
その後お変わりありませんでしょうか。

前回お話を伺ったとき、これから壁塗りを仲間とする予定でいるということ、ゲストハウスがオープンしたらやりたいこと、いろいろとお話しいただきました。

あれから1ヶ月が経ち、その後ゲストハウスの状況はいかがでしょうか。
気になりお便りを出しました。

また、今度遊びに行くときに下呂温泉以外も楽しみたいと思っています。
おすすめの「下呂の遊び方」も教えていただけると嬉しいです。

それでは季節の変わり目、体調崩されないようお過ごしくださいませ。

平山

返事が届いたのは1週間後。
金色に輝く稲穂の写真とともに、ゲストハウスと下呂の今が届きました。

ゲストハウス「ソラノイエ」の今

ゲストハウス「ソラノイエ」の今 リノベーション中のゲストハウス「ソラノイエ」

平山さん

こんにちは。中桐です。
ご連絡ありがとうございました。

ゲストハウスは今、壁の下地作りをしています。

昔の家なので、梁(はり)や柱がまっすぐではないところも多く、壁がしっかりはまらず隙間ができてしまってはやり直し...とたった壁1枚でもてんやわんや。

でもそれも古民家ならではの良さだなぁと楽しみながらやっています。

声掛けで集まった地元の人との下地塗り

壁の仕上げには、吸湿性の良い珪藻土(けいそうど)を塗る予定で、今はその下地塗りの段階。友達や地元の人たちが手伝いにきてくれて、一緒に塗っています。

地元の左官やさんから教わりながら、みんな見よう見真似ではじめは作業してましたが、コツがつかめると楽しくなって「おもしろい~」という声がアチコチから聞こえるように。

終わるころにはみんなで「めっちゃキレイ〜」と自画自賛したりして。いろんな人の力で出来上がっていくのがとってもうれいしいです。

少しずつカタチが出来上がってきて、ゲストハウスの具体的なイメージが見えてきたように思います。

「ソラノイエ」がオープンしたらやりたいこと

「ソラノイエ」がオープンしたらやりたいこと 収穫期を迎えた下呂の田圃

私、ゲストハウスのお客さんたちに下呂で採れる豊富な野菜や山菜を味わってほしくて。

でも、ただ振る舞うだけではなくて、一緒に朝から畑で野菜を収穫して朝ごはんを作りたい。

採り、料理して、食べることを「一緒に」しながら、下呂に住む人たちが長い時間をかけて育んできた「季節に合わせた生活」を体験してもらえたらな、と。

ハザ(稲掛けのこと)に稲穂をかける作業を行う中桐さん
稲刈り体験の様子

先週(10月23日週)は稲刈りの最盛期で家族みんなで収穫してハザ(稲掛けのこと)にかける光景をたくさん見ました。

私も近くの田んぼを手伝ったり、毎年やっている稲刈り体験を開催しましたが、こうした作業の後のごはんは格別おいしいんです。そういうことも都会の人にも伝えたいですね。

食の体験以外にも、やりたいことはいくつかあります。移住を考えている人を集めて地元の人と語る会や、地域の古本を集めて小さな図書館、映画観賞など…。

「この地域にあったらいいな」と思うことを、小規模でも面白く運営していけたらなと考えてます。旅行者だけではなく、地域の人にとっても楽しい場所になるように。

おすすめの下呂の過ごし方

マイナスイオンたっぷりの小坂町の沢と滝

下呂でオススメの場所は、やっぱり山!
御嶽山のある小坂町には200の滝があって、それぞれ個性豊かで見応えがあります。夏は沢登り、冬は凍った滝を見るツアーに参加して、下呂の自然をたっぷり楽しむのもいいですよ。

中桐さんおすすめのえごまの五平餅

山を眺めながら入浴できる日帰り温泉「ひめしゃがの湯」も、お気に入りの場所。炭酸泉でポカポカして最高の気分を味わえます。
温泉の後は、道の駅でえごまの五平餅を食べる、というのが私の定番コースです。

御嶽山の飛騨頂上。小坂町から車で45分ほど走ったところにある濁河温泉の登山道入り口から3、4時間ほど登るとに着く

あと、御嶽山の飛騨頂上も私にとって特別な場所。
自然の素晴らしさはもちろん、そこにある「五の池小屋」という山小屋が素敵!スタッフがみなさん気さくで、薪ストーブを囲んでほっとできる場所です。
四季折々の楽しみ方ができる下呂、ぜひ遊びにきてくださいね。
中桐

------
お返事を読みながら感じたのは、中桐さん自身は仲間を引っ張るような雰囲気は出していなくて、楽しいことを楽しいと声を上げることで、自然と引き寄せられるように仲間が増えてきているということです。

旅人と一緒に食事を楽しみたいという想いには、今まさにゲストハウスを仲間と一緒に作り上げていく楽しさを感じているからなのではないでしょうか。

また、下呂といえば温泉の印象でしたが、少し足を伸ばせば自然と触れ合えるアクティビティもあって、改めて行ってみたい気持ちが高まりました。

これから冬を迎えます。
寒さにも負けず、かじかむ手を仲間の熱量で温めながらゲストハウス「ソラノイエ」はまた一歩完成に近づいていきます。
中桐さんと地域のみなさん
ことりっぷwebプロデューサー 平山高敏

ことりっぷwebプロデューサー 平山高敏

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD