ログイン / 会員登録するアカウントを選択

和菓子がおいしい街・金沢で見つけた甘味処 7選

489
和菓子がおいしい街・金沢で見つけた甘味処 7選
人気の観光地はもちろん、古くからの趣ある街並みをそぞろ歩くのが楽しい金沢。今回は、和菓子の文化が栄えた金沢で行きたい甘味処をご紹介します。自分でお餅を焼いて楽しむぜんざいから、フルーツたっぷりのあんみつ、季節を感じる上生菓子などおいしい和スイーツを楽しめるお店がそろいました。

香ばしいお餅を手焼きするぜんざい。「味和以」

香ばしいお餅を手焼きするぜんざい。「味和以」 10~5月の冬季限定「能登大納言ぜんざい」(800円)は、七輪でお餅を焼きながらどうぞ
にし茶屋街にある「味和以(あじわい)」は、創業160余年の和菓子店「諸江屋」が営む甘味処。夏季はかき氷、冬季はぜんざいやお汁粉が楽しめます。冬季の人気メニューは自分で焼いた香ばしいお餅を、ふっくら炊き上げられた能登大納言と一緒にいただく「能登大納言ぜんざい」。炭火で餅に焦げ目をつけて、食べごろになったらお椀の中へ。網の上でぷくっと膨らむ様子を眺める時間も、楽しいひとときです。

落雁諸江屋 西茶屋菓寮 味和以(ラクガンモロエヤニシチャヤカリョウアジワイ)

石川県金沢市野町2-26-1MAP

076-244-2424

10:00~18:00(冬季は17:30閉店) 

火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/24~翌1/3)


美しい庭園を眺めながら季節の生菓子を。「森八 本店」

美しい庭園を眺めながら季節の生菓子を。「森八 本店」 「お抹茶・上生菓子セット」(700円)。上生菓子はおよそ2週間ごとに種類が変わる
紅白の落雁「長生殿(ちょうせいでん)」で知られる「森八 本店」は、390年の歴史を誇る金沢を代表する老舗和菓子店。兼六園から徒歩10分の「森八 本店」には、茶寮が併設され、隣接する金沢市指定文化財・寺島蔵人邸の庭園の四季の景色を眺めながら甘味を楽しめます。抹茶と上生菓子セットをいただけば、お菓子からも季節を感じられますよ。

加賀藩御用菓子司 森八(カガハンゴヨウカシツカサモリハチ)

石川県金沢市大手町10-15MAP

076-262-6251

9:00〜18:30(1・2月は〜18:00)

無休 年始(1/1~2)


フルーツ丸ごとのもっちり大福。「カズ・ナカシマ」

フルーツ丸ごとのもっちり大福。「カズ・ナカシマ」 「キウイ大福」と「いちご大福」。値段は季節のフルーツによって変わる
ひがし茶屋街にある「菓舗Kazu Nakashima(カズ・ナカシマ)」では、老舗和菓子店「中島」の4代目・中島一さんが手がける和菓子が話題。みかんやイチジクなど、季節によって変わる「フルーツ大福」は、ひと口食べると甘酸っぱい果汁があふれ出します。
この季節はキウイやイチゴが登場。白あんは北海道産の良質な大手亡(おおてぼう)豆を使い、季節や包むフルーツによって炊き上げるあんの硬さや甘さまでを変えたこだわりのひと品です。

町家カフェ「波結」の上品な抹茶スイーツ

町家カフェ「波結」の上品な抹茶スイーツ 「抹茶白玉ぜんざいと加賀棒茶のセット」(950円)
ひがし茶屋街のメインストリートに面した町家カフェ「波結(はゆわ)」。金沢の老舗茶店の抹茶を使ったスイーツが人気です。「抹茶白玉ぜんざいと加賀棒茶のセット」は、創業130年の老舗・米沢茶店の加賀棒茶といっしょに温かいぜんざいをいただけます。抹茶が練り込まれたなめらかな白玉や栗金時の食感もアクセントになり、ひと皿でいろいろなおいしさに出会えますよ。

波結(ハユワ)

石川県金沢市東山1-7-6 1FMAP

076-216-5577

10:30~18:00

不定休


あつふわのどらやきパンケーキ。「菓ふぇ ムラカミ」

あつふわのどらやきパンケーキ。「菓ふぇ ムラカミ」 和風パンケーキ「あずき茶会」(1026円)
金沢市の中心部から車で約5分。泉本町にある「菓ふぇ MURAKAMI」は、明治44年創業の老舗「和菓子村上」のカフェ。“和菓子が一番おいしい出来たての瞬間をあじわってほしい”とのことから、注文を受けてからお菓子が作られます。「あずき茶会」は、米粉を使ったどらやき生地にメレンゲを加え、ふんわりと焼き上げた和風のパンケーキ。添えられた抹茶のソースや特製餡クリーム、季節のフルーツなどのトッピングも彩り豊かです。

菓ふぇ MURAKAMI(カフェ ムラカミ)

石川県金沢市泉本町1-4 和菓子村上 本社店内MAP

076-242-1411

10:00〜17:00 (L.O.16:30)

※年末年始のみ


名物クリームぜんざいを上質な漆器で味わう。「漆の実」

名物クリームぜんざいを上質な漆器で味わう。「漆の実」 山中塗の漆器に盛られた姿も美しい「抹茶クリームぜんざい」(780円)
金沢21世紀美術館がある広坂エリア。観光の休憩には、創業200余年の歴史を誇る漆器の老舗「能作」が営む甘味処「漆の実」に立ち寄りましょう。窓の外には、近隣にある公園の緑がいっぱいに広がります。大粒の能登大納言を贅沢に使用した「抹茶クリームぜんざい」は、つるりとしたのど越しのゆでたて白玉や上品な甘さの餡の上に、ふんわり軽い口当たりの抹茶アイスがたっぷり。抹茶パウダーのほろ苦さがアクセントです。

漆の実(ウルシノミ)

石川県金沢市広坂1-1-60 能作本店 4FMAP

076-263-8121

11:00~18:30(L.O.18:15)、土・日曜、祝日10:00~

水曜 (8月は無休)


フルーツがたっぷりのったクリームあんみつ。「金花糖」

フルーツがたっぷりのったクリームあんみつ。「金花糖」 「クリームあんみつ」(800円)。コーヒーとのセットは +200円
人気観光地、長町武家屋敷跡の近くにある「金花糖(きんかとう)」は、素材にこだわった自家製の和風スイーツが味わえる甘味処。なかでも丹波大納言の餡とフルーツをたっぷり使った「クリームあんみつ」が人気です。果物は、近江町市場の青果店「フルーツ坂野」から仕入れたものをたっぷりと使用。味の濃い大粒の丹波大納言をふっくら炊いたつぶ餡と、ひんやりクリーミーな自家製アイスとの組み合わせがたまりません。

金花糖(キンカトウ)

石川県金沢市長町 3-8-12MAP

076-221-2087

12:00~17:30(L.O.17:00)

火・水曜


*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事から、覚えておくと便利な石川県・金沢の和スイーツ店をまとめてご紹介しました。
メニューや営業時間、定休日などの情報は、各店舗に確認してからおでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD