ログイン / 会員登録するアカウントを選択

懐かしくも進化し続ける『えびすぱん』のコッペパンサンド|by PARISmag

247
懐かしくも進化し続ける『えびすぱん』のコッペパンサンド|by PARISmag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARISmag(パリマグ)から、今年、恵比寿にオープンしたコッペパンのお店「えびすぱん」をご紹介します。
「コッペパン」と聞くと何を思い出すでしょうか?給食に登場したパン、昔ながらのパン屋さんでお店のおばちゃんが作ってくれたコッペパンサンド…など、なんだか懐かしい気持ちになるパンですよね。そのコッペパンが今、進化してブームになっています。
今回やってきたのは恵比寿にあるコッペパンのお店、その名も『えびすぱん』。オーナーの島田さんにお話を伺いました。

コッペパンを通じて人とつながる場所に

2017年の3月3日に恵比寿にオープンした『えびすぱん』。これまでさまざまな飲食のお店で経験を積み、現在はクラフトビールのお店も営む島田さん。なぜコッペパンのお店を始めたのでしょう?
店内でいただくことも、テイクアウトすることもできる
「地域で気軽にあいさつができる場所を作りたいなと思っていたんです。コッペパンだとおかず系や甘いものまでメニューを選べますし、子どもから大人まで、おじいちゃんおばあちゃんまで食べられて親しみがあるので、いいんじゃないかなと考えました」と島田さん。
現在は約10種類のコッペパンサンドをラインナップ。誰もが好き嫌いなく、どれか好きなものがあるようにとおかず系や甘いデザート系などさまざまなコッペパンサンドを提供しています。

「中にサンドする具材はすべて自家製で手作りしています。だからこそ、日常的なものをちょっとおいしくというように考えていて、味が濃すぎたりせず、素材の味を生かす調理法にしています」と教えてくれました。

いちばん人気「えびすコッペ」

いちばん人気「えびすコッペ」
お店のいちばん人気は「えびすコッペ」。使用する卵は、普通の卵の40倍ものビタミンAが含まれています。美容にもいいのだとか。無農薬飼育といって、育てるところからこだわっている卵です。
卵をあえてつぶしきらず大きく入っているので食感も楽しく、卵そのものの味を堪能できます。パンは、お店の近くのパン屋さんにレシピを伝えて特別に焼いてもらっているそう。しっとりとした食感のシンプルなパンは、食材の味を引き立ててくれます。

「あん&マスカルポーネクリーム」に「燻製サバ」!?

ユニークなメニューもたくさんあります。
こちらは「あん&マスカルポーネクリーム」。北海道産の厳選された小豆とイタリア産のマスカルポーネを使った生クリームをサンド。

口に入れた途端、マスカルポーネのクリームとこしあんが一緒にしゅわっと溶けていくような不思議な食感。甘すぎないので、おやつやデザートにもぴったりです。
こちらは「燻製サバ」。マリネしたサバをお店で燻製して自家製のマヨネーズと合わせています。スモーク香るジューシーなサバとセミドライトマトが絶妙で、お酒にも合いそうなコッペパンです。

メニューは、定番のたまごやピーナッツ、トンカツに加え、これまでのコッペパンになかったようなユニークなものが多いのも特徴。バルやお酒を出すお店もやっていたことから、こうしたお酒に合うような「燻製サバ」や「チリコンカン」のメニューも考えたそうです。パンと合わせるので、その味付けは濃すぎることのないようにさっぱりとさせています。また、1日1種類ほど「?」マークがついた限定メニューも登場するのでお楽しみに!

日替わりスープに自家製ビネガーのドリンクも

日替わりスープに自家製ビネガーのドリンクも
こちらはスープセット。スープは日替わりで、この日は「ひき肉とお豆のミネストローネ」。トマトベースにきのこや玉ねぎ、香味野菜にお豆などたっぷり野菜が入っています。
ドリンクはコーヒーにカフェラテ、ソフトドリンク類も充実していますが、そのなかでも気になるのが自家製ビネガーを使ったドリンク。写真は「ミックスベリー」のソーダ割り。そのほかに、「レモン&ローズマリー」「ピーチ」「パイナップル&クローヴ」など気になるメニューが並んでいました。ソーダのほか、水やお湯、ミルクで割ることもできるのだそう。

これからも幅広い人に、シーンに

これからも幅広い人に、シーンに
『えびすぱん』のコッペパンサンドは200円以下のメニューもありリーズナブル。それは、子どもたちが自分のお小遣いで気軽に買えるようにと考えて決めたのだそうです。
今後は、ケータリングも力を入れていくそう。お店に設備を取り入れて、ケータリングに合わせたサイズのパンや、全粒粉やグルテンフリーのパンなどを焼いていきたいと話す島田さん。

これからも進化が止まらない『えびすぱん』のコッペパンサンド。手作りのぬくもりと新たな発想で、懐かしくも新しいコッペパンを楽しませてくれます。
PARISmag編集部

PARISmag編集部

Paris magは、日本とパリにおけるシンプルで上質なライフスタイルを提案するwebマガジンです。

http://parismag.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD