ログイン / 会員登録するアカウントを選択

抹茶やあんこたっぷりの和スイーツでひと休み。京都・祇園のカフェ&甘味処7選

999+
抹茶やあんこたっぷりの和スイーツでひと休み。京都・祇園のカフェ&甘味処7選
京都のメイン観光地のひとつ、祇園エリア。寺社めぐりや路地散策など、見どころが多いので何度訪れても楽しめます。今回は、そんな祇園エリアでのひと休みに訪れたいカフェ&甘味処をご紹介します。京都らしく上質なあんこや抹茶をアレンジした和スイーツをお目当てに、祇園の街歩きが楽を楽しんで。

老舗料亭がつくる濃厚抹茶パフェ。「無碍山房」

老舗料亭がつくる濃厚抹茶パフェ。「無碍山房」 「無碍山房 濃い抹茶パフェ」(単品1300円)生姜風味のカステラ、抹茶ゼリーなどがトッピング
老舗料亭として有名な「菊乃井」のお隣に、昨年の春にオープンした「無碍山房 Salon de Muge(むげさんぼう サロン ド ムゲ)」。入口付近のカウンター席の大きな窓からは、絵画のように美しい庭の景色を見ることができます。こちらの人気のデザートは、「無碍山房 濃い抹茶パフェ」。宇治抹茶をたっぷり使い、本店の板前さんがひとつひとつ丁寧に仕上げています。

無碍山房 Salon de Muge(ムゲンサボウ サロン ド ムゲ)

京都市東山区下河原通高台寺北門前鷲尾町524MAP

075-561-0015

ランチ11:00〜12:30、13:00〜14:30、喫茶14:45~17:00(L.O.)

不定休


「ティーベニール」の抹茶フレンチトースト

「ティーベニール」の抹茶フレンチトースト 「抹茶のフレンチトーストバニラアイス添え」(648円)抹茶パウダーと粉糖がふりかけられている
「TEA VENIR(ティーベニール)」は、レトロな布小物や雑貨を取り扱う「SOUVENIR(スーベニール)京都」に併設されたカフェ。こちらで味わえるのは米粉や抹茶を使った自家製スイーツです。なかでもおすすめは、厚切りのパンに抹茶をたっぷりと染み込ませて焼き上げた「抹茶のフレンチトーストバニラアイス添え」。添えられたバニラアイスとともに口に運べば、濃厚な抹茶との絶妙なバランスが楽しめます。

TEA VENIR(ティーベニール)

京都市東山区祇園町南側577-3MAP

075-531-4710

12:00~18:00

火曜(祝日の場合翌日)


「十文堂」の香ばしい炙り団子セット

「十文堂」の香ばしい炙り団子セット 鈴なり団子「団楽」(650円。)団子1つはビー玉ほどの大きさ
東大路通沿いにある「十文堂(じゅうもんどう)」は自家製和スイーツを味わえるお店。看板メニューは、5種類の炙り団子がセットになった「団楽(だんらく)」です。
柚子がアクセントの「京風白みそ」、黒七味がピリッと効いた「黒ごま醤油」、きな粉が香ばしい「みたらし」に、「いそべ焼」と「粒あん」の味が楽しめます。5種類というと多く感じるかもしれませんが、小ぶりなサイズなので1人で食べるのにちょうどいいボリュームです。

十文堂(ジュウモンドウ)

京都市東山区玉水町76(東大路通八坂通下ル)MAP

075-525-3733

11:00~18:00(L.O.17:30)

水・木曜


抹茶チョコソースのフォンデュ。「ジュヴァンセル」

抹茶チョコソースのフォンデュ。「ジュヴァンセル」 年間を通して楽しめる「祇園フォンデュ」(1458円)
「京洋菓子司 ジュヴァンセル 祇園店」は、八坂神社の南楼門からほど近い洋菓子店。和の素材を取り入れた、見た目も美しい京風の洋菓子が楽しめます。こちらの人気は「祇園フォンデュ。季節のフルーツやお団子、パウンドケーキなどを、宇治抹茶をたっぷり使ったチョコレートソースにつけて楽しみます。四季の旬に合わせてフルーツやソースの内容が変わる、季節限定のフォンデュもあるので、お好みでチョイスして。

京洋菓子司 ジュヴァンセル祇園店(キョウヨウガシツカサジュヴァンセルギオンテン)

京都府京都市東山区八坂鳥居前南入ル清井町482 京ばんビル2F MAP

075-551-1511

10:00~18:00(L.O.17:30)

不定休


「吉祥菓寮 祇園本店」の香り豊かな抹茶スイーツ

「吉祥菓寮 祇園本店」の香り豊かな抹茶スイーツ 「茶の雫ロール」、「古都の葉かさね」などが味わえる「抹茶デザートプレート」(864円)
浄土宗総本山・知恩院の古門そばにあるお菓子屋さん「吉祥菓寮 祇園本店」の2階のティールームでは、自家焙煎した風味豊かなきな粉や、上質な抹茶を使ったスイーツが評判。
宇治の老舗茶舗・丸久小山園の抹茶を使った「抹茶デザートプレート」は、3種の抹茶スイーツが味わえるひと皿です。ふんわりと焼き上げた米粉生地のロールケーキ、3つの層になっている宇治抹茶チョコレートケーキ、白あんベースの抹茶生クリーム大福がセット。添えられたアーモンドチュイールときな粉ミルクジャムがアクセントです。

吉祥菓寮 祗園本店(キッショウカリョウ ギオンホンテン)

京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306MAP

075-708-5608

カフェ11:00~~19:00、1Fショップ10:00~

無休


新感覚のあんこスイーツ専門店。「京都祇園あのん」

新感覚のあんこスイーツ専門店。「京都祇園あのん」 「あんぽーね」(648円・ドリンクセットは1296円)。クリームを少し多めにサンドするのがおすすめ
あんこを専門とする和カフェ「京都祇園あのん」のコンセプトは、“あんこで作る物語”。メニューには和洋の枠を超えた創作菓子がそろいます。たとえば「あんぽーね」は、じっくり炊き上げたつぶあんと、マスカルポーネチーズを使った自家製クリームを最中にサンドしていただくスイーツ。サクッと歯切れのよい香ばしい最中、甘さ控えめのあんこ、コクがあってなめらかなチーズクリームが相性ばつぐんです。

京都祇園 あのん 本店(キョウトギオンアノンホンテン)

京都府京都市東山区清本町368-2MAP

075-551-8205

12:00~20:00(L.O.19:30)、土曜10:00~、日曜10:00~18:00(L.O.17:30)

不定休


老舗和菓子店プロデュース!「ゼンカフェ」

老舗和菓子店プロデュース!「ゼンカフェ」 旬の食材や風物詩を取り入れた「季節のお菓子」。このカフェのみの商品
江戸時代創業の老舗和菓子店「鍵善良房」がプロデュースする「ZEN CAFE」があるのは、祇園の路地奥。ギャラリーのような静謐な空間で、和菓子をゆっくりと楽しむことができます。
「上生菓子」や「特製くずもち」、「フルーツサンド」など、ほとんどのメニューが「ZEN CAFE」だけのオリジナル。「鍵善良房」の本店でも購入できないので、毎月通うファンもいるのだそう。オリジナルブレンドのコーヒーと合わせてゆるりと過ごしたくなるカフェです。

ZEN CAFE(ゼンカフェ)

京都市東山区祇園町南側570-210MAP

075-533-8686

11:00〜18:00(L.O.17:30)

月曜(祝祭日の場合は翌日)


*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事から、覚えておきたい、京都・祇園周辺の和スイーツがいただけるカフェや甘味処をまとめてご紹介しました。
商品や営業時間、定休日などの情報は、各店舗に確認してからおでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD