ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【東京】1/13-3/21|「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」

131
【東京】1/13-3/21|「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所、ヘレンド。1826年に創設され、ハプスブルク家の 保護を受けて発展し、各国の王侯貴族に愛好されました。ハンガリーを代表する高級磁器窯として、今日に至るまで高い評価を得ています。

そんなヘレンドの名品が一堂に集まった展覧会が、2018年1月13日より、汐留のパナソニック汐留ミュージアムで始まります。

メイン画像:《色絵金彩「皇帝」文コーヒーセット》1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵

ヨーロッパの名窯、ヘレンドのあゆみをたどる

ヨーロッパの名窯、ヘレンドのあゆみをたどる 《青地色絵ネオロココ様式人物図植木鉢》 1890年代 ブダペスト国立工芸美術館蔵
ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所です。

1826年に 創設され、ハプスブルク皇帝の保護を受けて発展し、各国の王侯貴族が愛好した名窯として今日に至るまで高い評価を 得るハンガリーを代表する高級磁器窯となりました。
《色絵金彩花束文鳥飾り果物皿》 1880年頃 ヘレンド磁器美術館蔵
かつて「オーストリア帝室・ハンガリー王室御用達」であったヘレンドは、19世紀後半、当時盛んに開催された万国博覧会へ積極的に出品し、高い評価を受けます。

万博での好評は、大英帝国のヴィクトリア女王からのディナーセットの発注やフランスのナポレオン 三世妃ウージェニーの買上げなどにつながり、名声を高めていきます。

その後も、時代の変化に柔軟に対応しながら、世代を 超えて継承された最高の技術と品質で現在も製造が続いています。
《色絵金彩「ゲデレー」文ティーセット》 1875年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵
本展では、開窯初期の希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の 陶磁器に学んだ東洋風の作品群、そして現代の製品までおよそ150件、約230点※が一堂に集まります。ヘレンド190年余の 歴史と、優雅で華やかな磁器の魅力をたっぷり楽しめます。

※会期中に一部作品の入替えを行います。

5組10名様に♪観覧券プレゼント

本展の観覧券をことりっぷWEB読者の皆様の中から抽選で5組10様にプレゼントします。たくさんのご応募お待ちしております♪

5組10名様に♪観覧券プレゼント《色絵金彩「伊万里」様式人物飾り蓋容器》 1860年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵

ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

東京都 港区東新橋1丁目5-1 パナソニック東京汐留ビル4階 パナソニック汐留ミュージアム MAP

03-5777-8600 (ハローダイヤル)

2018年01月13日 (土) ~ 2018年03月21日 (水)

10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで

月曜(ただし3月21日は開館)

ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD