ログイン / 会員登録するアカウントを選択

新しいベーグルの楽しみを見つけに。多摩「アフィダメント ベーグル」へ|by PARIS mag

188
新しいベーグルの楽しみを見つけに。多摩「アフィダメント ベーグル」へ|by PARIS mag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、ベーグル専門店「AFFIDAMENTO BAGEL(アフィダメントベーグル)」をご紹介します。
今回やってきたのは、多摩センター駅から少し歩いたところにある「AFFIDAMENTO BAGEL(アフィダメントベーグル)」。イートインスペースも併設した、空間にもこだわるベーグルの専門店です。ユニークなラインナップが並ぶお店ということで、気になるメニューはもちろんお店のはじまりについて伺ってきました。

パン作りの経験ゼロから始まった

パン作りの経験ゼロから始まった 広々とした空間に並ぶベーグル。その種類の多さにも驚かされる
もともと隣駅で、オーガニックのカフェを営んでいたときに、料理と一緒に提供していた人気メニュー・ベーグル。しかし、当時お願いしていたベーグル屋さんが閉店することに。いろいろなベーグルを試してみたものの、なかなか納得のいくベーグルがなく、「それなら自分たちで作ろう!」と、パン作りの経験が全くなかったカフェのスタッフたちで、小麦を取り寄せるところからはじまったお店なのです。
季節のメニューや限定メニューを含めると、約30種類のラインナップ。「岩塩ピスタチオ」などユニークな組み合わせのベーグルも並びます。パンを専門に学んでいないからこそ、常識にとらわれず柔軟なアイデアが生まれ、さまざまなベーグルを作り出しています。

無添加のやさしいベーグル

「専門店を作るならば、地域の人に喜んでもらえるものを作りたい」と素材にもとことんこだわっています。

「アフィダメントベーグル」のベーグルの特徴の1つは、100%国産の小麦を使っていること。国産小麦は「ゆめちから」、天然酵母は秋田の「白神こだま酵母」を使用しています。

卵とバターを使っていないというのがベーグルの特徴ですが、「アフィダメントベーグル」のメニューはなんと半分以上が乳製品も使っていないそう!アレルギーやヴィーガンにも対応したメニューがあるのはうれしいですね。
リサとガスパールの作者ゲオルグさんのキャラクター・ペネロペとのコラボレーションベーグルも。ペネロペが大好きなチョコレートクレープと、双子の弟と妹をイメージしたマーブルベーグルを特別に作ったのだそうです。たくさんの種類があるので迷ってしまいますね。

お野菜系ベーグル!

お野菜系の定番は、ほうれん草や、パンプキンを使ったメニュー。また、特にこだわりが強いのが「フレッシュ」シリーズ。そのベーグルは、減農薬・無農薬のお野菜にこだわったコールドプレスジュース専門店「why juie?」に原材料を提供いただいているベーグルです。コールドプレスジュースを作るときに出る、野菜を絞ったあとのパルプと呼ばれる繊維を練りこんでいます。野菜の繊維や皮などには栄養が多く含まれているので、家族の健康を考えるお母様方に人気なのだとか。

季節によって内容が変わるため、毎日並ぶメニューではないですが、「フレッシュ」シリーズを見つけたときはぜひ試してみてはいかがでしょうか?
こちらは、定番の「スピナッチカシューナッツ」です。ほうれん草の自然の緑色がきれいですね。カシューナッツもたっぷり!

ナッツを贅沢に使った「オールナッツ」というメニューも。プレーンの生地に、パンプキンシード、カシューナッツ、ピスタチオ、マガダミアナッツ、ヘーゼルナッツとお店で使うナッツを全て盛り込んでいるそう。その量も「やっぱりこのくらい入っているとおいしいよね!」とスタッフみんなで試行錯誤を重ね作ったナッツ感満点のベーグルなんです。

おやつベーグルもこだわりがいっぱい

おやつベーグルもこだわりがいっぱい
華やかな見た目で女性人気だという「ココナッツホワイトチョコレート-オレンジピール-」。これでもかというほど、ふんだんにトッピングされたオレンジピールの輝き。生地にはココナッツとホワイトチョコレートも練りこまれています。洗練されたやさしい甘さのベーグルです。
「ミルクティーホワイトチョコレート」も珍しいメニューの1つ。「アフィダメントベーグル」では、茶葉を練り込むだけではなく、なんと水の代わりに紅茶を使っているんです!「キャラメルコーヒー」というメニューも、水の代わりにコーヒーを使用。水分の代わりに、紅茶やコーヒーを使うので生地自体の味がすごくしっかりしています。存分に紅茶の香りを味わうことができるベーグルです。

お酒のおつまみにもぴったり

お酒のおつまみにもぴったり
男性人気の「岩塩ピスタチオ」。生地にはカルシウムを多く含む岩塩、トッピングには大粒の岩塩と、2種類のドイツの岩塩を使っているそう。
切ってみると、中にもピスタチオが。ぎゅっとつまった生地なのに、歯切れがよくもちっとしっとりした食感。ほどよく塩が効いていて、ワインやビールのお供にもぴったり。

スライスしてお肉と一緒に食べたり、お酒のおつまみとして食べたり、お気に入りの食べ方を探してみるのも楽しいですよ!
ベーグルを使ったラスクもあります。ラスクは厚みがあるものや、コロコロとキューブ型のものが多いですが、「アフィダメント ベーグル」のラスクはうすくスライスしているのが特徴です。「きび砂糖×ココナッツオイル」のラスクに加え、新メニューとして「トリュフ塩×オリーブオイル」も登場。オイルは、表面に薄く塗って焼き上げるのでとってもヘルシーなのだとか。
ベーグルの特徴的な丸い形のまま、ラスクになっています。おつまみにもぴったりという「トリュフ塩」のラスクをチョイス。

うすくサクサクとした食感で、ひとくち食べるとトリュフの香りが広がります。さらにアレンジして、クリームチーズなどトッピングしてもおいしそう。1枚食べ終わると、またつい手を伸ばしてしまう、癖になる味わいです。

ベーグルの新しい提案を

ベーグルの新しい提案を
お店では、広い空間を活かしてワークショップも開催しています。
クリスマスには3色のリースベーグル作りなど、ベーグルのワークショップをはじめ、地域で活動する先生を呼んでカリグラフィーやアロマの講座を開いているそう。ベーグルの販売だけではなく、もっと地域に開けた場所にしていきたいのだそうです。
「アフィダメント ベーグル」のベーグルは無添加のため、消費期限は常温で3日ですが、冷凍で1ヶ月保存することができます。お家での美味しい食べ方は、意外にも「蒸す」のがおすすめだそう。プリッとした食感が強くなって、ふわモチの食感になるそうですよ。

ホームページでは、ベーグルの新しい食べ方の提案としてレシピも紹介しています。ベーグルというとサンドするイメージが強いですが、ベーグルを使ってグラタンにしてみたり、チョコレート系のベーグルをプディングみたいにしてみたりとその楽しみ方はさまざま!

食事として、おやつやおつまみとしても活躍するベーグル。ぜひお気に入りの食べ方を見つけてみてはいがかでしょうか?

AFFIDAMENTO BAGEL(アフィダメントベーグル)

東京都 多摩市山王下1-12-12 福満ビル2F MAP

042-400-5287

9:00-18:00 ※売り切れ次第終了

なし


PARIS mag編集部

PARIS mag編集部

Paris magは、日本とパリにおけるシンプルで上質なライフスタイルを提案するwebマガジンです。

https://parismag.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真