ログイン / 会員登録するアカウントを選択

北海道・美瑛のパッチワークの丘にオープン!地元の恵みが詰まったスープが人気の「フェルムラ・テール美瑛」

266
北海道・美瑛のパッチワークの丘にオープン!地元の恵みが詰まったスープが人気の「フェルムラ・テール美瑛」
美瑛の穏やかなパッチワークの丘にある、洋菓子とパン、レストラン・カフェを併設した「フェルムラ・テール美瑛」。フォトジェニックな丘に広がる美しい農村景観の中で、体にもやさしい自然の素材にこだわったランチをどうぞ。

絶景の中でいただくランチ

絶景の中でいただくランチ 美瑛の美しい四季があり、15haの敷地内には映画「愛を積む人」のロケ地が隣接
店名の「フェルムラ・テール」はフランス語で「大地の農場」のこと。“添加物などは使わずに、あるがままのお菓子やパンをつくりたてのフレッシュなおいしさでお届けしたい”という思いから、首都圏で洋菓子やパンのお店を展開する「ラ・テール」が、2017年6月に北海道の美瑛の地にオープンしました。近くには「セブンスターの木」や「マイルドセブンの丘」など、美瑛のパッチワークの丘に広がる絶景の中にあり、フォトジェニックな景観や自然の営みに触れながら、気軽にランチを楽しむことができます。

大地の釜をイメージした建物には工房を併設

大地の釜をイメージした建物には工房を併設 夏のテラス席や個室もあるレストラン・カフェ
併設する工房でつくったできたてのお菓子やパンをテイクアウトできるショップと、ランチが楽しめるレストラン・カフェがあります。美瑛産のカラマツを使うなど、天然素材にこだわった店内は、旭川の家具屋さんに敷地内にあった白樺の木でつくってもらった照明を天井から吊るし、壁の石は職人さんが手ばりしているというこだわり。

ランチのはじまりは体にもやさしい「大地のスープ」

ランチのはじまりは体にもやさしい「大地のスープ」 季節ごとの野菜素材を楽しむ「大地のスープ」
レストラン・カフェのおすすめはランチセット。メニューは「牛ほほ肉 赤ワイン風味のビーフシチュー」(2160円)と、「美瑛産ポークと白いんげん豆のトマト煮込み」(1944円)があり、今回は美瑛産ポークのセットを注文。ランチのはじまりは、季節ごとの素材が味わえる「大地のスープ」。この時期は大根とネギと玉ねぎの野菜スープです。春先はアスパラ、夏になったらゴールドラッシュ、秋はかぶや人参など、季節を楽しむことができます。
美瑛は小麦や乳製品のイメージが強いですが、野菜のおいしさもしっかり伝えたいと、あえて生クリームは使わずに北海道産真昆布で出汁をとっています。化学調味料も入っておらず、自然の素材を大切にした優しい味わいは、できるだけ体に負荷がかからないようにとの心づかいもうれしいところ。

農家さんから直送された美瑛野菜や素材がたっぷり

農家さんから直送された美瑛野菜や素材がたっぷり 「美瑛産ポークと白いんげん豆のトマト煮込み」
メインの美瑛産ポークと白いんげん豆のトマト煮込みは、香味野菜やトマトソースなどでじっくり煮込んだ柔らかな豚肩ロースがごろり。味付けはオレガノと白ワインの風味のみ、素材の旨味が楽しめます。
盛り合わせのパンは美瑛産「きたほなみ」と「春よ来い」の2種類の小麦粉をブレンドしたもの。ドリンクには、和紅茶「鹿児島産有機栽培べにひかり」アッサムを。
ジャージーミルクのバターが付いたパン盛り合わせ
「フェルムラ・テール美瑛」のパンやバター、お菓子には、美瑛のファームズ千代田から産地直送のジャージー牛乳を使っています。ランチの後は、しっかりと風味があって、ミルクが持つ力強さをダイレクトに感じることができるプリンの「美瑛ウ・オ・レ」(300円)や苺ショートをおみやげにどうぞ。
このお店を訪れたら楽しんでもらいたのが、何といっても目の前にある美瑛の生産者が手間暇かけてつくった素晴らしい農業景観です。この場所に、生産者が大変な時間と労力をかけてつくり上げた美瑛にしかないフォトジェニックなロケーションを体感してみてはいかがでしょうか。

フェルムラ・テール美瑛(フェルムラテールビエイ)

北海道 美瑛町字大村村山 MAP

0166-74-4417

ランチ11:00〜15:00、カフェ10:00〜17:00、ディナー17:00〜21:00(LO20:00)10月〜4月はランチ 11:00〜15:00、カフェ10:00〜17:00

月曜(10月〜4月は月・火曜)

フェルムラ・テール美瑛

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真