ログイン / 会員登録するアカウントを選択

もうすぐ満開!  バラに囲まれて、ふわふわパンケーキでひと休み。山形「ミツバチガーデンカフェ」

230
もうすぐ満開!  バラに囲まれて、ふわふわパンケーキでひと休み。山形「ミツバチガーデンカフェ」
山形県の蔵王エリアにある「ミツバチガーデンカフェ」。心地よいテラス席に座り、花であふれる庭を眺めながら、しっとりふわふわのパンケーキが味わえます。さまざまな色のバラが咲き誇る5月下旬に訪れるのがおすすめですよ。

ミツバチの巣をイメージした六角形の建物

ミツバチの巣をイメージした六角形の建物 六角形のモチーフがつながったデザインのウッドデッキ
JR山形駅から奥羽本線に乗り、かみのやま温泉駅で下車。そこからバスで約10分、のどかな山形蔵王のふもとに「ミツバチガーデンカフェ」はあります。オーナーの山川まどかさんは「ミツバチが花と巣を往復するように、何度もカフェに足を運んでほしい」という思いをこめて、名付けました。

ウッドデッキに囲われた敷地に足を踏み入れると、六角形のかたちをしたユニークな建物が見えてきます。庭に咲く花が映えるようにあえて外観を土の色にしたり、バラのツルを建物にからませるため屋根の一部を網にしたりなど、ディテールにオーナーの思い入れが感じられます。

花の甘い香りに包まれる自慢のフラワーガーデン

花の甘い香りに包まれる自慢のフラワーガーデン カフェの周りにはテラス席を用意
「ミツバチガーデンカフェ」の魅力のひとつは、バラが可憐に咲き誇るフラワーガーデン。白やピンク、黄色など、さまざまなカラーのバラやハーブ、木々の緑が、季節ごとに庭を覆い尽くします。ぐるりと周遊できる広い庭には、ベンチがあるので、ゆっくり座りながら草花を眺めることもできますよ。
庭に置かれたドーム型のパーゴラからカフェまでの小径は人気のフォトスポット。庭だけの見学は不可

はちみつとバターが香るほかほかのパンケーキ

はちみつとバターが香るほかほかのパンケーキ 「スノーハニーパンケーキ」(750円)
フラワーガーデンをお散歩したあとは、スイーツをいただきましょう。こちらのメインメニューは、小麦が香る素朴な味わいのパンケーキ。この日は一番人気の「スノーハニーパンケーキ」をセレクトしました。

ダッチオーブンでサーブされるほかほかのパンケーキは香ばしく、たまごとアーモンドプードルをたっぷり使っているので、ふんわりしながらもしっとり食感。トッピングのバターには、はちみつが結晶化した“スノーハニー”を混ぜ合わせ、バターの濃厚な味わいととシャリシャリとした歯ざわりを楽しめます。しっかりと食べ応えがあるので、ランチにもおすすめですよ。

どこか懐かしい味わいのホームメイドパイ

どこか懐かしい味わいのホームメイドパイ 「ホームメイドチェリーパイ」(600円)
スイーツはスコーンやパイもラインナップ。なかでも「ホームメイドチェリーパイ」は、ファンが多い定番メニューです。バターがシンプルに香り、食感はクッキーのようにサクサク。パイのなかには、サワーチェリージャムがたっぷり! しっかりとした甘さのあとにさわやかな酸味も感じられ、バターがたっぷり入ったパイのまろやかな味わいも引き立てています。
ハーブコーディアル「ラズベリー&ローズ」(600円)。ほかに3種類のコーディアルを用意
天気が良くあたたかな日には、清涼感たっぷりの「ラズベリー&ローズ」はいかが? コーディアルと呼ばれる季節の花やハーブ、フルーツを漬け込んだオーガニックのシロップをソーダで割り、アクセントにレモンとミントをトッピング。ラズベリーとローズの華やかで甘い香りが、体のなかに満たされるようです。

5月下旬から6月初旬のバラの最盛期には、県内外から多くの人が庭を楽しみに訪れる「ミツバチガーデンカフェ」。季節ごとに咲く草花と焼きたてほかほかのパンケーキで、心も体も癒されてみませんか?

ミツバチガーデンカフェ(ミツバチガーデンカフェ)

山形県 山形県山形市蔵王半郷578-19 MAP

023-666-7025

11:00~18:00(L.O.17:00)

木曜、第2・4土曜

ミツバチガーデンカフェ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD