ログイン / 会員登録するアカウントを選択

カラフルなレインボーラテが大人気♪ こだわりの自家焙煎コーヒー店「ROAR COFFEEHOUSE&ROASTERY」

221
カラフルなレインボーラテが大人気♪ こだわりの自家焙煎コーヒー店「ROAR COFFEEHOUSE&ROASTERY」
東京・八丁堀に、カラフルなレインボーラテが人気のコーヒー専門店があります。見た目だけではなく豆と抽出にこだわったドリップコーヒーは、本格的な香味。ドリンクの種類も豊富で、サンフランシスコで人気のフレーバーティーやフラッペ、ホットチョコレートなど、なんと50種類以上。手ごろな価格でいただけるのも魅力です。

香り高く力強い、自家焙煎のコーヒー

香り高く力強い、自家焙煎のコーヒー ウッディな雰囲気の店内。ソファ席のほか、お店の外にもカウンターテーブルがあります

東京メトロ・八丁堀駅から歩くこと数分。オフィスと飲食店が立ち並ぶエリアに、こじんまりとしたコーヒーショップがあります。「ROAR Coffee House & Roastery」(ロアー コーヒーハウス&ロースタリー)は、「がんばって働いている人に、一杯のコーヒーで元気を与えたい」というコンセプトのもと、2016年1月にオープンしました。店名のROARは、ライオンなどの猛獣がほえるの意味。
店主さん自ら厳選した生の豆を自家焙煎したコーヒーは、常時6〜7種類。香り高くインパクトがあり、力強さも感じます。

入り口にある焙煎機が目印で、珈琲豆の焙煎と販売もしています

一杯ずつ丁寧に描く、フォトジェニックなラテアート

一杯ずつ丁寧に描く、フォトジェニックなラテアート 色づけには、お菓子作りにも使用される天然色素の食紅を使用
こちらに来たらぜひいただきたいのが、このレインボーカラーのラテアートコーヒー(カフェラテ・カプチーノ各380円、抹茶ラテ390円)。ホワイトベースのラテにはエスプレッソが付きます。
エスプレッソマシンで抽出したこだわりのコーヒーに、スチームしたミルクを注ぎながら描く繊細でカラフルなラテアートは、まさに芸術。飲んでしまうのがもったいないほどの美しさです。
コク深いコーヒーにミルクのまろやかな甘さが広がるラテは、ほっとする味わい。
「エクストリームミルクシェイク」(各880円)。

メイソンジャーからこぼれ落ちそうなほどトッピングされた「エクストリームミルクシェイク」はチョコカオス・ベリーブラスト・キャラメルカタストロフィーの3種類。写真はチョコレート・ワッフルがたっぷり注がれ、チュロスとともにいただくチョコレートシェイク「チョコカオス」です。
まるでおもちゃ箱のようで見た目にも楽しく、甘いもの好きにはたまらないビジュアルです。

店長の松島正史さん

テイクアウトもできるフードメニュー

テイクアウトもできるフードメニュー 「ドライカレー」(690円)と「ドリップコーヒー」(280円)。クチポールのカトラリーもアクセント

「プロテインシェイク」(480円)や、マティーニグラスでエスプレッソを楽しむ「エスプレッソマティーニ」(800円)などのユニークなドリンクのほか、「パニーニ」(690円)をはじめとしたフードメニューも充実。オリジナルで配合したスパイスとココナッツミルクのカレーに、隠し味でエスプレッソを入れたドライカレーは、コーヒーとの相性も抜群です。

スイスで人気のフレーバーティに生クリームを混ぜていただく「BARK」は全6種類。さわやかさとまろやかさが同時に味わえるクリームチーズのような不思議な食感は、くせになりそうなおいしさです。

画像は「BARK」(480円)のピナモリンガという紅茶

2杯目以降半額のドリンクサービスも

2杯目以降半額のドリンクサービスも クールな動物の絵が描かれたテイクアウト用カップ

ハンドドリップコーヒーは280円〜、カフェラテは380円と、リーズナブルな価格も魅力です。
さらに2杯目以降は、同じ種類のドリンクであれば当日に限り、なんと半額!「多くの人においしく、たくさん飲んでリフレッシュしてもらいたい」という店長さんの思いを感じます。
AM8:00~AM9:00までと、PM12:00~PM13:00までの時間限定で、1杯200円の「本日のブレンドコーヒー」もありますよ。

なお土日祝日は定休日。八丁堀は、銀座や隅田川を散策するのにも、もってこいのエリアです。平日のお休みには、おいしいコーヒー片手にぶらり東京散歩はいかがですか。

ROAR COFFEEHOUSE&ROASTERY(ロアー コーヒーハウス&ロースタリー)

東京都 中央区八丁堀2-19-11 MAP

03-5543-6051

8:00〜20:30

土、日曜・祝日

ROAR COFFEEHOUSE&ROASTERY

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD