ログイン / 会員登録するアカウントを選択

五条エリアに現れた真っ白い森。カフェ「ウォールデン ウッズ キョウト」

511
五条エリアに現れた真っ白い森。カフェ「ウォールデン ウッズ キョウト」
京都駅から徒歩圏内の五条エリアに位置する「ウォールデン ウッズ キョウト」は、緑豊かな公園の目の前にあるカフェ。大正11年の建物を改装した真っ白のインテリアが話題を呼んでいます。バリスタが丁寧に淹れるコーヒーや、スパイスから煮込む本格的なチャイをいただきながら、穏やかな森の中にいるように、思い思いの時間をすごしてみませんか?

東本願寺からもすぐ。〝白い森〞をイメージしたカフェ

東本願寺からもすぐ。〝白い森〞をイメージしたカフェ 1922(大正11)年に建てられたという、趣を残す建物
京都駅へ降りたら、のんびり歩いて五条エリアへと向かってみます。15分ほどすると、公園に面した空気が通り抜ける清々しい街角に、真っ白の建物が現れます。こちらが大正時代の建物を改装した「walden woods kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)」。本格的なチャイとコーヒーがいただけるお店です。
コーヒー豆は、1960年代のヴィンテージのプロバット(写真右)を使って自家焙煎
「新しいことに出会える」「刺激的な何かと遭遇する」をコンセプトに、2017年12月にオープン。アメリカの作家・ソローが暮らしたウォールデンの白い森をイメージした店内は、白一色で統一されています。
公園に面した、オープンなカウンターのある1階には、森の暮らしをイメージしたマグカップや毛布などのグッズも並びます。
カフェ2階の空間
2階へ上がると、テーブルや椅子のない空間が広がっています。ランタンの置かれた窓へと続く階段がベンチシートスタイルの席になり、自由に過ごせる空間は、まるで森の中へと誘う小径のようです。

こだわりの自家焙煎コーヒーとスパイス香るチャイ

こだわりの自家焙煎コーヒーとスパイス香るチャイ 「カフェラテ」(450円)
自家焙煎のコーヒー豆は、オリジナルブレンドが2種、季節限定のシングルオリジンが2種、常時4種がそろいます。メニューにはハンドドリップコーヒーや、マシンで抽出するエスプレッソやラテなどがあり、オーダーを受けてから、一杯づつ丁寧に淹れていただけます。
「抹茶ティーラテ」(600円)
人気の「カフェラテ」や「抹茶ティーラテ」をはじめ、ドリンクメニューは「ゆっくり味わってほしいから」とたっぷりサイズなのも嬉しい心遣いです。
チャイ(600円)、パウンドケーキ(250円)
スパイスを贅沢に使ったチャイは、鍋でスパイスをしっかり煮込んでいるので、香りが際立ちます。夏はアイスでいただくのもいいですよ。

そのほか、ハーブや自家製シロップを使ったドリンク、 コーヒーに合うオリジナルの焼き菓子もそろうので、その日の気分でカフェタイムを楽しんで。

ふらりと立ち寄って五条エリアを散策して

ふらりと立ち寄って五条エリアを散策して 丁寧にコーヒーを入れてくれる店長の梅田さん
コーヒー豆は、自家用に100g から購入可能。ドリンクや焼き菓子はテイクアウトもできるので、目の前の公園や近くの高瀬川沿いを散策しながらいただくこともできますよ。

今度の京都旅は、観光の定番スポットから少し離れてのんびりと五条エリアを散策してみてはいかがですか?

walden woods kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)

京都市下京区栄町 508-1MAP

075-344-9009

9:00~19:00

不定休

walden woods kyoto

ことりっぷマガジンVol.16

【ことりっぷマガジン Vol.17】 好評発売中

特集「三度目の京都」
今号は「三度目の京都」と題し、何度も訪れている方に向けて夏の京都の魅力をお届けします。この夏、自分だけの京都を見つけに、出かけてみませんか。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD