ログイン / 会員登録するアカウントを選択

銅板で焼き上げる『カフェアリヤ』の究極のフレンチトースト by PARIS mag

298
銅板で焼き上げる『カフェアリヤ』の究極のフレンチトースト by PARIS mag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は新宿三丁目にある『カフェアリヤ』をご紹介します。
こんがり焼けたパンにバターの香り、メープルシロップをたっぷりかけて…。想像するだけで幸せな気持ちにさせてくれる食べ物、フレンチトースト。

今回、究極においしいフレンチトーストが食べたい!と訪れたのは新宿3丁目。なんと30年以上も前からフレンチトースト作り続けている老舗のお店。
ひっそりと、でも確かにその存在感を持ってたたずむ『Cafe AALIYA(カフェ アリヤ)』。入口はシンプルで、ちょっぴり隠れ家のような雰囲気も感じられます。
階段を降りて、地下1階へ。
オーナーの山本さんにお店のこと、フレンチトーストのこだわりについてお話を伺いました。

バランスが大事。時代を超えて人気のフレンチトースト

山本さんが『Cafe AALIYA』を始めたのは今から約40年前。当時は喫茶店ブームで、この周辺はいわゆる喫茶店がものすごくたくさんあったのだそうです。もともと山本さんの先先代がこの場所で暮らし、飲食店を営み、先代のときに賃貸業へ変わり、さまざまな契機が重なり山本さんの代で再び飲食店としてスタート。山本さんにとっても、長い歴史のある地なのです。
オープン当時から中心メニューに据えていたのが「フレンチトースト」。

「その当時は、今のように特徴がある喫茶店というのがなくて、どこも同じようなメニューのお店ばかりでした。そこで、他ではやっていないことをやりたいと思ったんです。『ホットケーキを出しているお店はたくさんあるし、そうじゃないもので、ケーキとも違う甘いもの…』と考えたときに、フレンチトーストにすることに決めたんです」と山本さん。

当時は『Cafe AALIYA』の他に、フレンチトーストをやっているお店はほとんどなかったのだそう。それが話題を呼び、人気店に。今も30年前のレシピをベースに一番おいしい味を追求、究極のフレンチトーストを作り続けています。
昔も今も変わらぬレシピだと話す山本さんですが、一番大事なのは“バランス”だと言います。

「パンケーキにしてもフレンチトーストにしても、今ではいろいろなお店がやっていて、それぞれ微妙に味が違っています。でも、パンと砂糖と牛乳という基本的な作り方は変わらないんですよね。ちょっとした分量の差だったり、配分の違いだったりで変わってきます。だからこそ、そのバランスが一番大事になってくるんですよ。時間を費やして何度も試行錯誤ながら『ここが一番おいしいバランスだ!』と思うものを作っています。今のフレンチトーストは、自信をもってベストと言えるフレンチトーストです」。
フレンチトーストで使用する食パンは、選ぶ食パンによって食感が全く変わるのだそうです。「一番合うものを」と、考えてさまざまな種類を試してきたと言います。『パンの特徴は、コシがしっかりしていて、アパレイユに漬けても柔らかくなりすぎず、しっかりしているパンだそうです。

「中の白いパンが少し残るくらいで、柔らかいのにくずれず、食感もあるので飽きずに食べていただけると思います」と山本さん。
約20食を1度に焼けるという大きな銅板を使い、絶妙な焼き加減でこんがり焼き上げるフレンチトースト。銅板と鉄板では焼いたときの違いが歴然なのだとか!鉄板で焼くと、熱の伝導率が悪く、表面だけがすごく焦げてパサパサで中は火が通ってない、なんてこともあるそうですが、銅板は早く中までしっかり火が通るので、水分を飛ばさずにふっくらしっとりと仕上がるのだそうです。

名物・フレンチトーストを堪能!

さっそくオーダーしたのは、お店の顔とも言える「シナモンフルーツ」のフレンチトースト。
かなりの厚みがあるフレンチトースト。食パンを1本(3斤)で仕入れ、自社で10枚にスライスしているので、4枚切り(3斤で12枚)よりも厚みがあるんです!

まずはなにもつけずにひと口。フレンチトースト自体にも甘みがあり、そしてなんと表現したらよいかわからないほどふわふわで、とろっとしていて、でも中にはしっかりとパンの食感も残っていて…。山本さんの「ベスト」という言葉に思わず納得です。
「この『シナモンフルーツ』はうちのオリジナルです。ホイップに紅茶で煮込んだドライフルーツをのせています。定番のメープルソースのフレンチトーストも人気です。ソースは、メープルフレーバーではなく、カナダ産のピュアメープルを使用しています」と山本さんが教えてくれました。

はじめて味わう「シナモンフルーツ」。ちょっぴりドキドキしながら、フレンチトーストといただくともう絶品…!ほっぺたが落ちるとは、このことではないでしょうか。
もう1つ、期間限定の「マンダリンオレンジのソルベ〜キャラメルオレンジソース〜」もオーダー。
実はこのオレンジソルベも自家製!フレッシュなオレンジの香りが口いっぱいに広がります。ひんやり冷たいソルベが暑い季節にもぴったりなメニュー。今後も季節によって期間限定メニューが登場するそう。気になる方はお店のTwitter(@cafeaaliya)をチェックです!

オーナーこだわりのコーヒーに紅茶

オーナーこだわりのコーヒーに紅茶
おいしいフレンチトーストの追求はもちろん、『Cafe AALIYA』では、山本さんがセレクトするこだわりのコーヒー、紅茶をいただくことができます。

こちらは、特選ストレートコーヒー。
サイフォンで1杯1杯抽出することで、キメが細かいコーヒーに仕上がるそう。カウンターに座られたお客さんは、じーっとその様子に夢中になってしまうのだとか。

紅茶は、月替りのストレートティー特選のほか、12星座をイメージしたフレーバーティー、ロシアのアイスルシアンティー、シベリアンアイスティーなど、めずらしいメニューも!
豊富なドリンクメニュー
今回オーダーしたのは、特選ストレートティー。茶葉にもかなりのこだわりがあるそう。

「グレードの高い茶葉を仕入れています。味が全然違いますよ!苦味やえぐみが一切なくてさらっと飲めておいしいんですよ」と山本さん。
10時から22時のラストオーダーまで、どの時間帯でもフレンチトーストを注文することができます。週末は、海外から観光でやってくるお客さんで開店と同時に席がいっぱいになることもあるほど!予約はできないそうですが、ご安心を。『Cafe AALIYA』は、フレンチトーストをこれまで1度も切らしたことがありません。せっかく来てくれるお客さんをがっかりさせたくないと、フレンチトーストは絶対に切らさぬよう多めに仕込むのだそう。
「家庭ではなかなか味わえないものを楽しんでもらいたい」と山本さん。絶品フレンチトーストも一緒にいただくコーヒーや紅茶も。まさに『Cafe AALIYA』に訪れないと味わうことのできない味!ちょっと小腹が空いたときに、ランチに、お酒と一緒になど、きっとさまざまなシーンで、幸せを与えてくれるはずです。

Cafe AALIYA(カフェ アリヤ)

東京都 東京都新宿区新宿3-1-17 山本ビルB1F MAP

03−3354−1034

10:00〜22:30(L.O 22:00)、[金]10:00〜23:00(L.O 22:30)※予約不可

なし


PARIS mag編集部

PARIS mag編集部

Paris magは、日本とパリにおけるシンプルで上質なライフスタイルを提案するwebマガジンです。

http://parismag.jp/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD