ログイン / 会員登録するアカウントを選択

全方位マスカットづくしの秋限定パフェを♪ 京都駅直結の人気店「fukunaga901」

533
全方位マスカットづくしの秋限定パフェを♪ 京都駅直結の人気店「fukunaga901」
いちご1パックを使ったパフェ「いちごやま」のデビューを機に行列必至の人気店になった河原町の洋食店「fukunaga294」。その姉妹店「fukunaga901」が今年6月末に京都駅ビルにオープンし、話題になっています。9月からはシャインマスカットを贅沢に使った「ますかっとやま」がお目見えしました!

京都駅直結で便利なアクセス

京都駅直結で便利なアクセス 落ち着いた雰囲気の店内
京都駅ビルのエレベーターで8階に上がり、通路を進むとお店が現れます。店内は、ホワイトとブラウンが基調の落ち着いた雰囲気です。

話題の「やま」シリーズの最新作がお目見え

話題の「やま」シリーズの最新作がお目見え 「ますかっとやま」(2000円)は10月中旬頃までの予定
旬のフルーツを使った「〇〇やま」シリーズは、9月から「ますかっとやま」が登場。1房近い国産シャインマスカットを贅沢に使っていて、中には口当たりのよいバニラのエスプーマやカスタードクリーム、柚子のジュレなどが潜んでいます。

「いちごやま」、「だいだいやま」、「ぼんぼりやま」など、毎回スタッフ総出で考えるというパフェの名に「やま」が付いているのは、祇園祭の山鉾をイメージしたからなのだとか。可愛らしさはもちろん、思わずつぶやきたくなるかわいらしいネーミングも魅力です。
冬に再登場予定の「いちごやま」と夏の「トロピカルやま」、※盛り付け内容は変更になる場合あり

京都の定番、抹茶を使った個性派パフェも

京都の定番、抹茶を使った個性派パフェも 「京の盆栽」(1400円)は数量限定なのでお早めに
京都では欠かせない、抹茶のパフェもスタンバイ。抹茶のチュイル、まんまるの抹茶アイスの下には、粒あんやバニラのエスプーマ、抹茶ゼリー、お麩のチョコレート、白玉、抹茶カステラが散りばめられています。京都南の茶どころ和束町の香り高い抹茶を使用、器は趣のある清水焼で、京都らしさも満載。ユニークな苔のプレートは、生きている本物苔なのだとか。日々お水をあげて瑞々しさを保っているそうですよ。

隠れメニューのスコーンにも注目!

隠れメニューのスコーンにも注目! 「英国スコーンセット」(1200円)、「和紅茶」(単品600円)
スコーンはオーナーが惚れ込んだ本場ロンドンのトーマス・オケン・ティールーム直伝。現地スタッフを招いてレシピを受け継いだものだそう。レーズンとオレンジピールが練りこまれたスコーンは、しっとりとしていて、食べ応えじゅうぶんのビッグサイズ!スコーンには、生クリームとマスカルポーネを合わせたオリジナルクリームといちごジャムが添えられています。
季節感をたっぷり味わえるパフェをはじめ、モーニングからディナーまで、洋食メニューが充実しているので、京都駅界隈のグルメスポットとして重宝します。「ますかっとやま」以降も秋の味覚を使ったパフェが登場予定。ぜひ足を運んでみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD