ログイン / 会員登録するアカウントを選択

桜と紅葉の競演を楽しみ、体験&カフェでほっこり。愛知・東部で秋のワンデイトリップ

310
桜と紅葉の競演を楽しみ、体験&カフェでほっこり。愛知・東部で秋のワンデイトリップ
どこまでも高い青空と、赤や黄色に色づく木々とのコントラスト。そんな秋の絶景を求めて、自然豊かな愛知県東部へお出かけしてみませんか。桜と紅葉の競演が見られる「小原の四季桜」や、山全体が紅葉に染まる「香嵐渓」など見どころが満載。レトロなカフェや和紙漉き体験など、立ち寄りスポットもご紹介します。

可憐な桜と鮮やかな紅葉がコラボ、小原の四季桜

可憐な桜と鮮やかな紅葉がコラボ、小原の四季桜
秋から冬にかけて咲き誇る、珍しい小原の四季桜。江戸時代に、小原北町の藤本玄碩(ふじもとげんせき)という医師が苗木を植えたのがその始まりだといわれています。淡紅色の小さな桜と、真っ赤に染まる紅葉が織りなす絶景は11月中旬〜下旬が見頃。小原地区のあちこちで見られますが、特に川見四季桜の里が見どころポイントです。11月1日〜30日には「豊田市小原四季桜まつり」が行なわれ、多くの人で賑わいます。

小原の四季桜(オバラノシキザクラ)

愛知県豊田市小原地区

0565-65-3808 (小原観光協会)

散策自由(小原四季桜まつりは9:00〜16:00)

無休


本物の木の葉を使って、オリジナル和紙作りにチャレンジ

本物の木の葉を使って、オリジナル和紙作りにチャレンジ 和紙づくり体験(1000円〜)のほか、御朱印帳作り(1800円〜)も人気
約500年前に始まったと伝えられる、小原の和紙作り。当時は主に傘紙として使われました。その後、昭和初期には美術伝統工芸和紙として発展。「豊田市和紙のふるさと」ではこうした小原和紙の歴史や作品に触れられ、また気軽に和紙作りの体験も楽しめます。
桁と呼ばれる木枠で和紙漉きを行ない、カラフルな色をつけたり、本物の木の葉を漉き込んだり。世界でひとつだけのオリジナル和紙作りにチャレンジしてみませんか。

かわいい和紙小物を、旅の思い出に

かわいい和紙小物を、旅の思い出に インテリアに人気の和紙リウム(1500円)、カラフルな御朱印帳(1800円)
和紙作り体験を楽しんだ後はおみやげ選び。館内のおみやげコーナーには染め紙(150円〜)をはじめ、かわいい和紙小物が並びます。特に女性に人気なのは和紙を使った「和紙リウム」や、柄も豊富な御朱印帳。優しい風合いの和紙小物は、贈り物にしても喜ばれます。

豊田市和紙のふるさと(トヨタシワシノフルサト)

愛知県豊田市永太郎町洞216-1

0565-65-2953

9:00〜16:30

月曜日(11月、祝日の場合は営業)、12月28日〜1月4日


まさに錦絵の世界!県内有数の紅葉スポット、香嵐渓へ

まさに錦絵の世界!県内有数の紅葉スポット、香嵐渓へ 紅葉の見頃は11月中旬から下旬
小原地区から南へ車で約30分、同じ豊田市内には愛知県きっての紅葉名所「香嵐渓」があります。巴川や飯盛山を中心に、イロハモミジやオオモミジなど、約4000本もの紅葉が一面覆うように彩るさまは圧巻。特におすすめは待月橋からの眺めで、清らかな川面に映る真紅や黄金色の紅葉は思わずため息が出るほどの美しさです。
ライトアップは11月1日〜30日、日没〜21:00まで
夜のライトアップも幻想的で、昼間とはまた違った表情を楽しませてくれます。また、11月1日から30日までは「香嵐渓もみじまつり」を開催、茶会やジャズナイトなど週末を中心に多彩なイベントが行なわれます。

香嵐渓(コウランケイ)

愛知県豊田市足助町飯盛

0565-62-1272 (足助観光協会)

24時間

無休


路地裏に佇むレトロカフェでのんびりティータイム

路地裏に佇むレトロカフェでのんびりティータイム 店内のインテリアはすべて、アンティーク好きのオーナー夫妻が選んだものばかり
香嵐渓から徒歩で行ける足助の古い町並みには、古民家を利用したショップやカフェが点在し、のんびりと散策が楽しめます。その中の一軒、「ろじうらのカフェバンバン堂」は古い民家を改装したおしゃれなカフェ。店内にはアンティークをはじめ復刻もののソファやスピーカーが置かれ、壁際にはレトロな雑貨がセンスよく飾られています。どこかノスタルジックな空間は居心地抜群で、ついつい長居をしてしまいたくなります。

「自分も食べておいしいものを」と素材にこだわるメニューを提供

「自分も食べておいしいものを」と素材にこだわるメニューを提供 「種子島安納芋のタルト+紅はるか焼き芋アイス」(550円)、「ホットチョコレート」(600円)
ここのメニューはすべて奥さんの手作り。「私自身添加物が苦手で、体に優しい素材を使っています」という言葉通り、自然栽培のフルーツや、農家から直接取り寄せる野菜や米など、安心安全な食材にこだわっています。この時期のおすすめは、種子島の安納芋を使ったタルト。食べるとまさに安納芋そのもので、濃厚な甘味が口いっぱいに広がります。このタルトとぜひ一緒に味わいたいのが、ヴァローナのチョコをたっぷりと使ったホットチョコレート。ちょっとビターでほろ苦いホットチョコレートが、タルトの優しい味をさらに引き立ててくれます。

ろじうらのカフェ バンバン堂(ロジウラノカフェ バンバンドウ)

愛知県豊田市足助町石橋34-6

090-4257-7240

10:00〜17:00

水曜日、イベントの時は無休


ここも行きたい、人気の紅葉スポット「鳳来寺山」&「岡崎東公園」

ここも行きたい、人気の紅葉スポット「鳳来寺山」&「岡崎東公園」 雲海と岩肌、紅葉の幻想的な景色が楽しめる
小原の四季桜や香嵐渓以外にも、まだまだ愛知県東部には紅葉の名所が点在しています。そのひとつ「鳳来寺山」は、山腹一体を染める紅葉と緑の針葉樹、荘厳な岩肌が織りなす絶景が楽しめるスポットです。ここでぜひ挑戦したいのが、本堂まで続く1425段の石段を登りながらの紅葉ハイキング。赤やオレンジに色づくモミジやカエデ、キラキラとこぼれる秋の日差しを浴びながらの散策に、心も体もすっきりとリフレッシュされます。
11月7日から30日は「鳳来寺山もみじまつり」が行なわれ、23日にはイベントも開催されます。

鳳来寺山(ホウライジサン)

愛知県新城市字鳳来寺

0536-29-0829 (新城市観光協会)

24時間

無休


もうひとつの人気スポットは「岡崎東公園」です。広大な園内には約1500本ものモミジが色づき、岡崎市最大の紅葉名所として知られています。特に夜のライトアップは見事。闇夜に浮かび上がる美しい紅葉と、あしのべ池に映し出される幻想的な光は感動的で、この景色を楽しみに県外からも多くの人々が訪れます。12月1日、2日にはステージイベントや抹茶体験も行なわれるので、ぜひ家族や友達と訪れてみませんか。
ライトアップはあしのべ池周辺で行なわれる

岡崎東公園(オカザキヒガシコウエン)

愛知県岡崎市欠町大山田1

0564-24-0050

24時間

無休


【JR東海からのお知らせ】

愛知デスティネーションキャンペーン期間中に愛知県内すべての鉄道路線と主な観光地へのバス路線が2日間乗り放題のきっぷ。県内約40箇所の観光施設などで割引特典が受けられます。
期間中、東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「エクスプレス予約」・「スマートEX」で愛知県外の駅(静岡駅以東もしくは京都駅以西)から愛知県内の駅まで早特商品をご利用いただいた会員のお客様を対象に愛知県内の全ての鉄道路線と主な観光地へのバス路線が2日間乗り放題の「愛知DCフリーきっぷ」を発売します。
愛知・東部の紅葉スポットはいかがでしたでしょうか。四季桜や紅葉を眺めながら、秋の散策を楽しんでくださいね。
愛知デスティネーションキャンペーン

愛知デスティネーションキャンペーン

2018年10月1日(月)~12月31日(月)まで、大型観光キャンペーン 「愛知デスティネーションキャンペーン」を開催。期間限定の特別企画 やお得な旅行商品の情報も公開中。

https://japan-highlightstravel.com/jp/aichi_special/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD