ログイン / 会員登録するアカウントを選択

金沢で楽しめる♪ 石川県民に愛されるソウルフード5選

109
金沢で楽しめる♪ 石川県民に愛されるソウルフード5選
能登半島の海の幸や加賀野菜など、豊かな食文化を楽しめる石川県。武家屋敷が残る金沢は、和食や和菓子など粋なメニューをいただけますが、「ハントンライス」や「金沢カレー」といった洋食も充実しています。

今回は“和”から“洋”まで、地元で愛されるご当地グルメをご紹介します。金沢旅行での滞在中に、地元の方に混ざって味わってみてはいかがですか?

北陸のソウルフード「8番らーめん」

北陸のソウルフード「8番らーめん」 「野菜らーめん」(626円)
石川県民のソウルフード「8番らーめん」は、名前の由来となった加賀市の国道8号沿いに1号店をオープンして以来、半世紀にわたって愛され続けるラーメン店。金沢駅構内の「あんと」にある店舗は旅行中に立ち寄りやすく、この店限定で金沢漆器を使ったどんぶりでいただくことができます。

お店の名物は、キャベツやモヤシ、タマネギ、ニンジンの4種類の新鮮野菜がたっぷり入った「野菜らーめん」。豚骨や鶏ガラ、魚介を煮込んだコクのあるスープが特徴で、麺は日本百名山・白山の伏流水を使ったコシのあるちぢれ太麺でよくスープと絡みます。

8番らーめん 金沢駅店(ハチバンラーメンカナザワエキテン)

金沢市木ノ新保町1-1金沢百番街あんと1FMAP

076-260-3731

10:00~22:00(L.O.21:30)

無休


パリっとしているのにモチモチ!「㐧7ギョーザの店」

パリっとしているのにモチモチ!「㐧7ギョーザの店」 ホワイト餃子・中(10個480円)。「㐧7ギョーザ」は「ホワイト餃子本部」の認定店の1つ
金沢市中心部から車で10分、もりの里にある「㐧7ギョーザの店」は、初代オーナーが修行していた中華料理店から7番目に暖簾分けしてもらったお店ということで“㐧7”と店名がつけられました。開店から52年、金沢では「餃子といえばダイナナ」というほど、その名前がすっかり定着しています。

お店の代名詞である「ホワイト餃子」は、千葉県野田市の「ホワイト餃子本部」の技術を受け継いでいます。表面はカリッと、中はもっちりの独特の食感で、どこからでも中身がすぐ食べられます。

㐧7ギョーザの店(ダイナナギョーザノミセ)

金沢市もりの里1-259MAP

076-261-0825

11:00〜翌2:00(L.O.翌1:45)

水曜、年末年始


スパイスの効いた独特のカレー「カレーのチャンピオン」

スパイスの効いた独特のカレー「カレーのチャンピオン」 「Lカツカレー」(小盛・690円、 普通盛・790円)
北陸を中心に約30店舗を展開する「カレーのチャンピオン」は、金沢カレーの元祖と言われているお店。受け継がれているコクのある程よい辛さのカレーソースがファンをとりこにしています。

多くのお客さんが注文する「Lカツカレー」がいちばんの人気メニュー。注文を受けてから揚げるアツアツサクサクで厚めのカツは、スパイシーなカレーソースとよく合います。近江町市場の、いちば館地下1階にある店舗はカフェのような落ち着いた雰囲気なので、女性ひとりでもふらりと立ち寄りやすいですよ。

カレーのチャンピオン近江町店(カレーノチャンピオンオウミチョウテン)

石川県金沢市青草町88近江町いちば館地下1FMAP

076-255-2353 (カレーのチャンピオン近江町店)

11:00~20:00(L.O.19:30)

無休


老舗洋食店「グリル オーツカ」発祥の“ハントンライス”

老舗洋食店「グリル オーツカ」発祥の“ハントンライス” 「ハントンライス」(900円)
サックサクのシーフードフライがのったとろ〜り卵のオムライス「ハントンライス」は、金沢ではおなじみのローカルグルメ。その「ハントンライス」発祥のお店といわれるのが、老舗洋食店「グリルオーツカ」です。

「ハントンライス」というネーミングは、ハンガリーの「ハン」にフランス語でまぐろを意味する「トン」を合わせて名付けられたのだそう。トッピングされた小エビとカジキのサックサクのフライと、とろ〜り卵のオムライスのが相性ばつぐんのおいしさです。

グリルオーツカ(グリルオーツカ)

金沢市片町2-9-15MAP

076-221-2646

11:00〜16:00、17:00〜20:00(L.O.19:50) 土・日曜、祝日11:00〜20:00(L.O.19:50)

水曜、祝日の場合は翌日


地元で親しまれる調味味噌。「とり野菜みそ鍋」

地元で親しまれる調味味噌。「とり野菜みそ鍋」 「とり野菜」(540円)。豚肉と白菜の「豚野菜」(594円)、牛肉と白菜の「牛野菜」(702円)もある
石川県では知らない人はいないといわれる「まつや」の調味味噌。この味噌を使ってつくる、鍋をいただけるのが、金沢市中心部から車で10分ほど金沢港方面へ向ったところにある「まつや 桂店」です。

「まつやのとり野菜みそ鍋」は、たっぷりの白菜と新鮮な鶏肉を「とり野菜みそ」味の鍋でシンプルにいただきます。シンプルだからこそ、味噌や白菜のおいしさを心ゆくまで味わえるのが魅力。シメには、素材の旨味を吸ったスープにご飯を入れて、雑炊を楽しみましょう。

まつや 桂店(マツヤカツラテン)

金沢市桂町イ32−4MAP

076-268-8174

11:00~14:00、17:00~22:00

無休


*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事から、金沢でいただける、石川県民のソウルフードをまとめてご紹介しました。
営業時間、定休日などの最新情報は、各施設に確認してからおでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD